埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
ブログ

8月の休診日のご案内

8月の休診日のご案内

8月の休診日は、


2日(日)、12日(水)、15日(土)、19日(水)、29日(土)の
5日間となります。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

感染状況と当院の対策について

感染状況と当院の対策について

感染が拡がっています。(7月23日時点)


4月の緊急事態宣言直前からの当院の休診、
5月末の宣言解除、6月前半の当院の再開を経て、
7月中旬からは感染が再拡大しています。

感染拡大の事実に対して、リスクに対する考え方、
行動は4月よりもより多様になっている気がします。

置かれている状況や立場が異なるのも背景にあるのでしょうか。


当院は「感染リスク」を可能な限り下げることが第一にあり、
その上で「患者さんの鍼灸受診需要」に応えるという立場です。

当院の感染対策と体制は
「再開のご案内」に記しております。
ぜひご一読くださいますようお願いいたします。

現在の対策とお願い

その後の対策として、

・遠方からの新規のご依頼を一時的にお断りしております。
・また1日の患者数を4名までに限定しています。


ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。


コロナなどのストレスや梅雨の長雨などにより
体調不良の方が増えておりますが、
遠方の新規の方は当面お控えくださいますようお願いいたします。

感染リスクを下げるには、施術者・患者双方の
協力が不可欠となります。

マスクの着用をはじめ、
ご本人・またご家族が以下の症状に当てはまる方は受診をお控えください。

・発熱
・のどの痛み
・咳
・息苦しさ
・普段とは違う倦怠感
・味を感じない
・においを感じない


以上の事情による当日の予約キャンセルも遠慮なく、お申し付けください。

先日も、当日にのどの痛みを訴えた患者さんからキャンセルの
電話をいただきました。その対応は本当にありがたいことです。

今後について

4月に比べ、手指消毒やマスクなどの感染予防行動は広がりました。
一方で、以前より「慣れ」も感じられます。

スーパーなどのお店に入るときに、消毒をされる方が
減っている様子や、人との距離が密になっている場面をみることが
増えました。

現在は地域流行が6月よりも拡大しているので、
注意がより必要と感じます。

今後も感染状況によっては、再度「休診」する可能性があります。

一方、前回の休診により患者さんにご迷惑をおかけしました。

「休診されると困る」「再開はまだですか」
といった声もいただき、影響の大きさも理解しております。


患者さんにおきましても、地域の感染状況を参考にし、
ご自身の状態を見ながら、受診の判断をお願いしたいと思います。



今回の4連休から日々、1週間-10日後の感染状況をより注視していきます。

考え得る実行可能な感染対策は行っていますが、
最大の感染予防は「休診」することで人との接触を避けることと考えています。

「休診」という極端な判断をなるべくとりたくありません。

様々な葛藤はありますが、感染収束を願うとともに、
状況によってより適切に判断できるようにしたいと思っております。

感染状況により対応の変化がございます、何卒ご理解くださいますよう
お願い申し上げます。

「のどのつまり」と「咽喉頭異常感症」

「のどのつまり」と「咽喉頭異常感症」

「のどがつまる」「飲み込みにくい」という訴えで
時折、お問い合わせをいただきます。

特に今年は例年より多く感じます。

お電話で患者さんから
「咽喉頭異常感症」「ヒステリー球」「梅核気」
といった専門用語が出ることにも驚きます。

「咽喉頭異常感症」については漢方薬の「ツムラ」の
ホームページでは以下のように説明されています。

咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)とは、
「のどがつかえる」「しめつけられる」「何かできている」など、
さまざまな言葉で表わされるのどの違和感、異常感覚のこと。

のどの過敏性や貧血、自律神経失調症などが原因で起こる場合のほか、
がんに対する不安、不安神経症、うつ病など心因的なもの(病気)が
関係している場合などがあります。

治療は、原因と考えられる問題が存在するときは、
そちらを優先させて治療していきます。漢方薬もよく用いられます。
心因的な要因が強いときには、不安を取り除く心理療法、
薬物治療をしていくこともあります。

出典:「咽喉頭異常感症」 漢方のツムラ

本当に「咽喉頭異常感症」かは病院を受診しないとわかりません。

「のどのつまり」:まずは病院を受診しましょう

「のどがつまる」「飲み込みにくい」=「咽喉頭異常感症」とは限りません。
頻度も高くありません。

病院を受診する目的はいくつかあります。

・「のどがつまる」原因を調べる
・「原因」に応じた治療を受ける
・ 重篤な疾患の見逃しを防ぐ

「のどのつまりは何科を受診するのでしょうか」

「のどのつまり」「喉の違和感」「飲み込みにくさ」といった
病歴だけでは「めまい」のように、多種多様な疾患が想定されます。

少なくとも下記のような病気が想定されます。

・逆流性食道炎
・副鼻腔炎
・睡眠時無呼吸症候群
・咽頭炎
・甲状腺疾患
・悪性腫瘍
・心疾患
・うつ病など

そのため、「とりあえず病院に行ってください」だと
患者さんは何科を受診するべきなのか難しいところだと思います。

「総合診療科」が近隣にあるとも限りません。

上記疾患の可能性を高める特異的な病歴を追加で聴き、
可能性が最も高い科を受診するよう促しています。

・逆流性食道炎    →胸やけ、朝方悪くなる、口の中が苦い
・副鼻腔炎      →鼻炎、後鼻漏、頬・前頭部の痛み
・睡眠時無呼吸症候群 →いびき、日中の耐え難い眠気
・咽頭炎       →喫煙歴
・甲状腺疾患     →女性、動悸、頻脈など
・悪性腫瘍      →嚥下時の痛み、喫煙歴、飲酒歴、家族歴、既往歴
・心疾患       →労作による悪化、胸痛、冷や汗、動悸
・うつ病など     →興味の消失、憂鬱な気分が2週間持続

この情報だけでは十分ではありませんが、病院で診察を受け、
必要な検査をしていただきます。

当院で「のどのつまり」を訴えられた事例

①「咽喉頭異常感症」の既往歴を持つ50代男性の「喉の違和感」


喉の違和感があり、仕事によるストレス、疲労などが重なる状況。
「咽喉頭異常感症」の既往歴あり。

今回も「咽喉頭異常感症」を想定されていました。

胸やけ、口の中の苦み、嚥下時の痛みの有無、鼻炎の有無など
いくつかの病歴を確認いたしました。

また胃内視鏡検査を受けてからしばらく時間がたっていたこともあり、
消化器内科の受診と胃内視鏡検査の相談をしてみるよう提案いたしました。

患者さん自身も胃内視鏡検査のことは、頭の隅にあったようなので
スムーズに受診にいたりました。

その結果、食道上部に炎症が見られ、内服薬により1週間で変化があり、
20日ほどで喉の違和感は消失しました。

*以前と同じ症状と感じても、改めて診察・検査を受ける大切さを確認できました。

②「咽喉頭異常感症」と診断された40代男性の「のどのつまり感」


すでに「耳鼻咽喉科」で「咽喉頭異常感症」と診断を受け、
「半夏厚朴湯」「抗不安薬」を服用するも改善せず。
様々な治療を試しておられました。

気分も落ち込み気味で、仕事も手につかず、趣味を楽しむことができていませんでした。

当院開業まもないころ、数回診させていただきましたが、症状緩和に至りませんでした。

1年後、別の症状で来院された際に伺ったところ、
「あれから自然に治りました」とのことでした。

③耳鼻咽喉科・口腔外科受診により「異常なし」と診断された
 40代女性の「喉のつまり」「のみこみにくさ」

【病歴】
2週間前からの「喉のつまり」「のみこみがしづらい」
朝方は楽で、夕方に悪化。特に夕食時につまる。

口腔外科受診  顎関節のレントゲンは正常。
耳鼻咽喉科受診 喉頭ファイバーで異常なし。

漢方薬「半夏厚朴湯」を処方される。
服用により症状は半分に減る。

まだ半分程度症状が残るため、当院を受診。

のどのつまりを生じる他疾患の病歴を追加で確認し、
受診した病院で異常所見がみられないことから、
施術を行い、経過を確認することにした。



【所見】
字を書いたり、パソコン、食事の際にかなり猫背気味で頸部前方が
かなり短縮する姿勢が見受けられる。
右頸部、胸鎖乳突筋などの緊張、舌骨周囲のむくみなどを確認。


【考察】
夕方につらくなってくるのは、仕事で同じ姿勢を保つことができず、
不良姿勢が強くなっている可能性を考えた。
当院で数回診て、改善傾向がない時は再度病院受診を促す予定。


【施術】
頸部・肩部・背部の緊張緩和、舌骨周囲の浮腫の改善を行う。

【セルフケア・環境改善】
・頸部・背部・胸脇部を中心とした自宅でのストレッチ
・ノートパソコンに土台を置き、少し高い位置にする。(頚部前方の短縮を避ける)

【経過】
その後、ストレッチによって症状軽減を実感、
症状はピーク時の1割程度になり、自己管理をお願いした。



病院で異常所見が認められず、医師の「半夏厚朴湯」の処方から
「咽喉頭異常感症」の可能性が高いと考えられます。

服用中に施術を開始したことから、当院の介入が症状改善にどの程度
貢献したかは正確には不明です。

当院では、不良姿勢や、頸部の緊張による物理的な喉への負担に対する
施術を鍼灸・ストレッチで行い、環境改善の提案をいたしました。

発症から比較的早期に症状が改善できた点は良かったと思われます。

のどの異常感覚は、「のど」局所の問題、身体全身の問題、精神的問題などが
原因と言われています。

まずは病院を受診していただくことが最も重要です。

再開のご案内

再開のご案内

 当院は緊急事態宣言の出る前、4月4日から休診をしておりましたが、
宣言解除後から2週間経過した6月8日(月)より再開をいたします。

ご不便をおかけし、申し訳ございませんでした。

また、休診に対するご理解、さらには再開時期などの
お問い合わせをいただきましたことを心よりお礼申し上げます。

以下、当院の感染症対策・患者さんへのお願いなどございます。
恐れ入りますが、最後までお読みくださいますようおねがいいたします。

休診から再開までの経緯




緊急事態宣言前は、新型コロナウイルスや、生活の工夫などの情報が
現在より少ない状況でした。

さらに都内の感染者も増え、春日部市でも感染情報が出始めておりました。

このような事態は初めてのことであり、判断に悩みましたが、
先行する海外の状況、感染症専門医の発言、専門家会議などの情報、
地域流行などの情報収集を行いました。


その結果、当院を早期に休診することが感染予防になり、
患者さんや自分自身を守り、病院などの医療崩壊に
つながらないと考えました。


当院が開院していることで、患者さん自身が受診していいのか、
控えたほうがいいのか、不安を抱いたまま来院するのは「負担」になります。

ウイルスの事があまりわかってない状況で、受診の判断を患者さんに委ねるよりは、
こちらの責任で「休診」と判断したほうがより良いとの考えに至りました。

緊急事態宣言中も鍼灸院は厚生労働省の停止業種には指定されていません。

しかしながら「当院は開けてます、お見えになるかどうかは患者さん自身の判断で」という立場は取りたくありませんでした。



一方で休診することにより、患者さんの受診機会を絶ってしまう問題もありました。
休診中もその判断が適切であったか迷いはありましたが、
その後の感染状況を思い返すと、休診は概ね妥当であったと考えています。

緊急事態宣言から2か月がたち、様々な知見から新型コロナウイルスと
共存する生活が浸透しはじめています。

感染予防と鍼灸院への受診需要の落としどころが問題です。

手洗いなど感染予防習慣が広がったこと、埼玉県・春日部市ともに
地域流行が落ち着いていることが再開の根拠となります。
春日部市は5月4日以来、新規感染者がでておりません。(6月3日時点)

今後第2波により、地域流行が広がり、近隣の東京都・千葉県などの
感染状況次第では再度休診といたします。


埼玉県によると東京都の感染の2週間後が埼玉県の感染状況に影響を
及ぼすとされています。(埼玉県知事 5月30日 twitterより)

新型コロナウイルスに限らず、感染リスクをゼロにすることはできません。
基本的な対策を、複合的に行うことで感染リスクを下げていくことになります。
そのためには環境整備と人の協力が必要となります。

当院の感染予防設備と対策


再開にあたり、以前から行っているものも含めて、
当院の感染予防設備と対策は下記となります。

消毒
・タッチレス手指消毒器
・ペーパータオルホルダーの設置
・ベッド・フェイス枕の消毒(アルコール)
・センサー式ソープディスペンサー設置

飛沫防止
・飛沫防止アクリル板
・マスク

換気
・換気扇の新規交換
・空気清浄機
・サーキュレーター(外に向けて)
・玄関・窓の開口

廃棄物処理
・蓋つきゴミ箱の複数個所設置

清掃
・玄関、手すり、ドアノブ、蛇口、トイレレバーなどの清掃
・タオルの交換
・フィルター交換

施術者
・マスク着用
・手指消毒
・体温測定
・パルスオキシオメーターによる計測
・施術中の発話制限
・体調管理

患者さんへのおねがい
・マスク持参をおねがいします。
・体温測定
・パルスオキシオメーターによる計測
・体調チェック
・十分な睡眠
・トイレ使用時は蓋を閉め、お流しください。
・ご来院はご予約時間にお願いいたします。
 (患者さんの施術前後に清掃・消毒をしております)

当院は元々、院内には施術者1名、患者1名で予約制です。駐車場も1台のみのため、
待合室で他の患者さんと会うこともありません。

再開後、少しオペレーションが変わるため、ご予約の数を少し減らし
徐々に以前のように戻していこうと考えております。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご協力をお願いいたします。

恐れ入りますが、発熱・呼吸器症状のある方、体調不良の方は受診を
お控えくださいますようお願いいたします。

参考資料

換気

「換気の悪い密閉空間を改善するための換気の方法」(厚生労働省)

感染情報

埼玉県感染情報センター

埼玉県新型コロナウイルス対策サイト

春日部市 新型コロナウイルスに関連した患者の発生

これだけは!硬くなりやすい筋肉のストレッチ

これだけは!硬くなりやすい筋肉のストレッチ

職業、生活習慣、スポーツなどで硬くなる筋肉は異なります。

個別の差はありながらも、「硬くなりやすい筋肉」の共通した傾向があります。

筋肉は「緊張」と「弱化」のアンバランスで「姿勢」を決める要素になります。

今回は「緊張」に対する一手段としての「ストレッチ」を紹介します。

「硬くなりやすい筋肉」

特に硬くなりやすい下記筋肉のストレッチを紹介します。
これらの筋肉を選んだ理由は後半に。

1ポーズ30秒、3~5セットが目安です。
呼吸は止めず、ゆっくりのばしていきましょう。

・後頭下筋
・僧帽筋
・肩甲挙筋
・三角筋
・広背筋
・大胸筋
・腰方形筋
・大腿四頭筋
・殿筋群
・梨状筋
・大腿筋膜張筋
・ハムストリングス
・下腿三頭筋

①後頭下筋

②僧帽筋+肩甲挙筋

③肩甲挙筋

④三角筋(前部・中部・後部)+広背筋

別法①

別法②

別法③

⑥大胸筋(スタート時から)

別法①

⑦腰方形筋+胸郭側面

⑦大腿四頭筋

別法①:少し強度があがります

⑧殿部

⑨梨状筋+ハムストリングス+下腿三頭筋

⑪梨状筋

⑪大腿筋膜張筋

⑫大腿筋膜張筋+腰方形筋

これらの筋肉を伸ばしておく理由

これらの筋肉は様々な理由で硬くなることがわかっています。

・加齢やその時代に多い職業(例:デスクワークなど)などにより、
 「姿勢」に一定の傾向がある。長期にわたる固定した不良姿勢が
 一部の筋肉の緊張を強める。

・「単関節筋」→弱くなる傾向
 「多関節筋」→緊張しやすい
  

・弱くなる筋肉の「拮抗筋」は緊張しやすい。

・弱い筋肉を補助する「代償」という現象で、より緊張が強くなる筋肉がある

以上の筋肉の特徴からリストアップした筋肉のストレッチを紹介しました。

しかしながら、あくまで「傾向」であり、本来は個別に「動き」「可動域」
「触診」などで硬くなっている筋肉を確認すべきです。

まずはご自身で一通りトライしていただくと、いろいろ発見があると思います。

今回は、前後左右といったいわゆる二次元的な動きのものが中心です。
これに「回旋」といった「ひねり」の動き、また複数の筋肉を同時に伸ばすようなものを
加えるとまた感じが違います。

「回旋」を伴ったストレッチについてはまた別の記事でご案内します。

また「硬くなりやすい筋肉」の背景には、「弱くなりやすい筋肉」の存在があります。この「弱くなりやすい筋肉」を少しでもトレーニングすることで
「硬くなりやすい筋肉」の負担が減ります。

よろしければ下記も参考にしてください

「リモートワーク時代の首のセルフケアとトレーニング」

「胸郭」のセルフケアとトレーニング



当院の再開見込みのご案内

当院の再開見込みのご案内

当院は埼玉県、東京都、千葉県の緊急事態宣言解除後から引き続き
2週間休診し、その時点で再開を判断する予定でおります。(5月15日時点)

宣言解除後の状況、第2波の事などを熟慮し、ご案内いたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

「胸郭」のセルフケアとトレーニング

「胸郭」のセルフケアとトレーニング

「リモートワーク時代の首のセルフケアとトレーニング」では
「首」だけのセルフケア・トレーニングでは
不十分なことがあるとお伝えしました。

不良姿勢は身体全体の問題です。
そこで、今回は「首」に続く、「胸郭」についてです。

「胸郭」は肋骨、12個の胸椎、そして胸骨からなる部分です。


この3種類の骨から首につながる筋肉があります。

背中がまるいと首や腰への筋緊張の負担が多くなり、
筋肉そのものも疲れやすく、姿勢がかわってしまいます。

背中が反れなかったり(胸椎伸展制限)や 胸郭が広がらないと、
肩が下がってしまい、 首への緊張が増してしまいます。

2つの「胸郭」

胸郭は大きく上部と下部の2つに分けられます。


上部の胸郭に問題があると、上の写真のようになります。

このような姿勢でなどの胸の筋肉(大胸筋、小胸筋)が短くなり、
いわゆる「猫背」で胸の方がつまった感じが見てとれると思います。


この姿勢は前回もお伝えした通り、首に負担がかかります。
頚部・頭部伸展筋力が弱くなります。

→胸のストレッチと前回の頚部のトレーニングが必要となります。

下部胸郭に問題があると、
腹部、脇腹、背筋が短くなります。

→腹部、脇腹、背部のストレッチが必要となります。

「胸郭」のセルフケア(ストレッチとエクササイズ)


最初にチェックしてみましょう

①仰向けに寝る
→背中が床面に接している感触を覚えておきましょう

②万歳をする
→腕の上げやすさ、背中の伸び感などをみておきます。

③深呼吸をする
→呼吸のしやすさ、胸郭の広がり具合、筋肉の緊張をみておきます。

あまり難しく考えず、セルフケア後に動きの改善や
緊張感が軽減されているかを確認してください。

以下の順序で行います。
広く、大きな筋肉から伸ばしていきます。
15-30秒×3セットできれば理想です。「呼吸」はとめないでくださいね。

広背筋
(この後、胸椎を動かすために、制限となる広背筋を先に伸ばしておきます)

一度のばしたら、一旦四つん這いにもどしましょう

②大胸筋
(背中を反らすには肩甲骨を胸椎に寄せることが必要になります、
胸の筋肉が硬いと それができないため、先に伸ばしておきます)

鎖骨の下をほぐします。軽めでおねがいします。

肋間筋:横側をほぐし、伸ばします。
肋骨と肋骨の間(肋間筋)に指をいれて、腕の上げ下げを繰り返します。
ひとつずつ緩めていくのが大事
一つの肋骨の動きが悪いと、他の肋骨にまで制限がかかります。

下記のような感じで4指をあてるといいでしょう

横向きでも同じようにやってみます

全体を伸ばします。

肩甲下筋をほぐします

胸椎の伸展を様々な方法で行います

これは少し負荷が強いので首が痛い方は慎重にしてください。
首、腰ではなく背中を伸ばします。

⑦最後に腹筋を伸ばします

全て終わられたら、最初のチェック項目で変化の確認をお勧めします。

ストレッチポールをお持ちの方はうまく活用してください。
本当におすすめです!

「呼吸」と「胸郭」の関係


胸郭は「呼吸」との関連が深いです
ストレッチ中も、脇腹、背中など前後左右に膨らませるように
意識してみてください。

胸郭の動きがでてくると呼吸もしやすくなります。

「胸郭」がなぜそんなに大切か


「猫背」によって頭の位置が変わると頚部の問題に直結します。
その頚部は肩甲骨とつながっています。

肩甲骨を動かすには胸椎が十分に動くことが前提です。

胸椎が後弯している「猫背」だとそれが難しくなります。

なぜなら背中が丸くなると、肩甲骨が外側に位置します。
所定の位置にないため、肩甲骨がうまく動かず、
結果として腕を使いすぎてしまいます。(代償動作)

そこから肩こりや首凝りにつながります。(僧帽筋や肩甲挙筋)


「胸郭」を形成する「胸椎」「胸骨」は身体の中心です。
身体の中心がうまく動かないと、手足への負担が大きいのです。

また肩甲骨の位置が変わることで腕の関節の不安定さにつながり、
肩関節痛リスクがあがります。

さらに背中が丸くなると骨盤が後ろに傾き、腰痛につながることも。

つまり「胸郭」がうまく働かないことで、首や腰への負担が増し、
疲労感や疾患につながること、また、自分の動かしたい動きが
制限されることになります。

他には自律神経症状・肋間神経痛との関連もあります。

これについてはまた別の項目でご案内します。

「胸郭」の大切さをお伝えしつつ、肩甲骨や肩関節、
腰、骨盤との関連性がでてきました。

「にわとりと卵」ではないですが、
やはり身体は相互につながり、連動しています。



次回は腰のセルフケア・トレーニングについて予定しております。

リモートワーク時代の首のセルフケアとトレーニング

リモートワーク時代の首のセルフケアとトレーニング

スマートフォンの普及に伴い、首のトラブルは増えましたが、
リモートワークの広がりによって、さらに首の負担は増えることが予想されます。

今回は「首(頚部)」に注目して、セルフケアを中心にご案内いたします。

「リモートワーク」に限らず、デスクワークに従事している方、スマートフォンを
長時間使用している方に共通の内容となります。

首のセルフケア・トレーニングをする前に

下記の症状がある方は、医師の診察が必要になりますので、
これから紹介するセルフケアは避けてください。

・めまい
・物が二重に見える
・吐き気
・外傷
・交通事故による後遺症がある
・突然意識を失う
・嚥下(飲み込みに問題がある、むせる)
・発熱
・関節リウマチの既往がある
・ステロイドの使用歴がある
・骨密度が低い、骨粗しょう症がある

セルフケアとトレーニングについて

・硬いところは柔らかく
・弱いところは鍛えて強く
・短くなっているところは長く
・使いすぎは休ませる
・左右差・前後差・浅部と深部の差を減らす

患者さん個々に差異はありますが、デスクワークなどの仕事、
スマートフォンなどの生活習慣により、身体にかかる負担には
一定の共通点があります。

負担のかかりやすい部位と、それに対するセルフケアについて
後述していきます。

首に負担のかかる姿勢

耳と肩の位置が垂直線上にありません、頭が前方に位置しています

仰向けで寝たときに顎が写真のように上がっている方は、首にトラブルを
抱えている方が多いです。枕が高めの傾向があります。

不良姿勢による首への影響

デスクワークや長時間のスマートフォンの使用により、
画像のような身体的傾向がみられます。


このような不良姿勢によって首の筋肉には下記の問題が生じます。

・浅部の筋肉を使いすぎる
・深部の筋肉をうまくつかえていない
・後頭部・側頸部・胸部の筋肉の緊張が強い
・首を上に向ける筋肉が弱い(伸展の筋力不足)

首のセルフケアとエクササイズ

まず温めておきましょう。のぼせないよう程度に。
首の後ろ、肩甲骨の間、鎖骨の下あたりがお勧めです。
「ZAMSTホットパック」はアマゾンで1000円前後で販売していますが、

繰り返し使えてお勧めです。使用上の注意をよく読んでくださいね。

*肩などに力がはいらないようにしましょう
慣れたら10秒キープ、座ってでもできます
やってみると、普段してない動きであることに気づかれます。

*腰痛がある方は、両膝をたてて行うといいでしょう
上がりにくい方は今まで対象の筋肉をうまくつかえていなかった可能性があります。

*ゆっくり背中を丸めて反らす、15回ほど繰り返します

頭が下に落ちないように、背中と直線状になるよう注意します

*呼吸をとめずにゆっくり、じわーと伸ばします

*「皮膚」をつまんでゆすります。つまみやすさで状態がわかります。
後ろ髪の生え際当たりが硬くなることが多いです


この「皮膚をつまんでゆする」というテクニックは他の部位でも使えます。
ゆする前後に動きを確認しておくと、変化がでていることに気づかれると思います。

首のセルフケア・トレーニングだけでは
足りないことも

今回紹介した首のセルフケア・トレーニングは一部、
胸椎(背中)・腰の内容が入っています。

それは、首を動かすだけでは不十分なことが多いからです。

首につながる筋肉が非常に多く(最低でも28種類)、
それらが多くの骨とつながっています。

首に筋肉を介してつながっている骨

・頭蓋骨
・肩甲骨
・鎖骨
・肋骨
・胸椎
・腰椎

今回は頭が前方に位置すると、首の負担が強くなることを画像で紹介しています。

つまり、頭だけでなく他の骨の位置が不良姿勢で変わると、やはり首に負担がかかります。

従って、状態によっては他の部分のセルフケアやトレーニングが必要となります。

「筋肉」という観点だけでも、やはり身体はつながっていると実感します

本当はリモートワークが普及し、通勤の時間が減ることや自宅での自由な働きかたができれば、身体の負担が減るのが本来のありかただと思います。

自宅ですと仕事の合間にストレッチも気兼ねなくできますしね。
社会の在り方と、身体はそういった意味でも関係が深いです。

次回は、背中・胸郭・腰につづきます。

休診継続のご案内

休診継続のご案内

4月4日より休診しております当院ですが、現在の状況を鑑み、
休診を継続いたします。

今後の再開については5月末に情報を更新予定でございます。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

Zoomによるオンライン個別相談について

Zoomによるオンライン個別相談について

新型コロナウィルスの影響が日毎に増しております。
安全対策として、当院は4月4日より休診しております。

改めて皆様にはご迷惑をおかけし申し訳ございません。

休診中もお問い合わせは頂いているのですが、
お断りをしないといけない状況に、本当に心苦しく思います。

そこで何かしらできることはないかと思い、
「Zoom」というオンラインミーティングアプリを活用した
個別相談をはじめます。

「個別相談」というほどの大袈裟なものではありません。
ちょっと聞いてみたいこと、電話よりも対面のほうが
良いご相談内容であれば、ぜひご活用ください。

私にとっても初めての試みですので、
今回のオンライン個別相談については対象を
限らせていただきます。

これまで通り、休診中もお電話・メールでの
ご相談はお受けしております。患者さんご自身が
使いやすい方法をお使いください。

Zoomオンライン個別相談の対象

今回は、当院に来院歴のある患者さん」に限らせていただきます。

Zoomオンライン個別相談の流れ


あらかじめ「Zoom」アプリをご自身のスマートフォン、
タブレット、パソコンにダウンロードしておいてください。
ダウンロードサイトはこちらです。

使い方についても、ご家族の間などでテストされておくと
スムーズです。


メールにてご希望の時間とご相談内容をあらかじめ
ご連絡ください。ご相談内容について準備いたします。
当院ホームページの「お問い合わせ」からお送りください。


ご相談時間の前にオンライン相談のURLをコードを
メールにてお送りしますので、そちらをクリックしていただきますと
オンラインでつながり、Zoomによるご相談がはじまります。

Zoomオンライン個別相談の注意事項

・ご相談時間は10-15分前後となります。
・費用は無料です。
・ご希望の日時によってはお受けできないことがあります。

できることは限られておりますが、何かしらお役に立てればと
思っております。よろしければご活用ください。

慣れない試みで、至らない点もあるかと思いますが、
何卒よろしくお願いいたします。