埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
ブログ

5月の休診日のご案内

5月の休診日のご案内


5月の休診日は下記6日間となります。

3日(月・)・6日(木)・13日(木)・19日(水)
28日(金)・29日(土)


ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

「フレンドリー鍼灸院マップ」の登録について

当院は「鍼灸にかかわるヒトをつなぐフレンドリー鍼灸院マップ」に、
4月9日より登録いたしました。

対象は「鍼灸師」「鍼灸学生」「鍼灸に関わる方(業者さんなど)」に
なりますが、登録に至った経緯を少し説明いたします。

「ハリトヒト。」について

「ハリトヒト。」というサイトがあります。


様々な場所で活躍される鍼灸師へのインタビューや、
鍼灸師による選書などに取り組まれています。


数年前にtwitterで見つけ、拝読し、刺激を受けています。
最近ではお灸の研究者の記事が興味深かったですね。


多様な鍼灸師へのインタビューは鍼灸師だけでなく、
一般の方にとっても読み応えがあり、鍼灸師に対するイメージも
変わるかもしれません。

「フレンドリー鍼灸院マップ」について

今回、その「ハリトヒト。」による
「鍼灸にかかわるヒトをつなぐフレンドリー鍼灸院マップ」という
企画がはじまりました。


詳しくはこちらを読んでいただいた方がいいでしょう。

当院にお越しの際も、よくお読みくださいますようお願いいたします。

登録した経緯と鍼灸学生の方へ


私は18年前に社会人として他の業種から鍼灸学校に入学し、
卒業、就職活動をし、開業11年目になります。


思い返すと、現在に比べて「鍼灸師」に関わる情報量やアクセスが乏しかった気がします。(まだスマホが一般的ではない時代です)

鍼灸学校以外で、どこにどんな鍼灸師がいるかわからず、
当時の就職活動や業界団体の集まりなどではあまりいい思い出がありません。
(個人の経験です)


特に求人情報は「条件・待遇」などの「データ」に留まることもあり、
院長の人柄・考えなど、まさに「ヒト」がわからないことでのミスマッチも
あったかとおもいます。


現在はSNSや、今回の「ハリトヒト。」で紹介される多様な鍼灸師の背景、
想い、苦労、志、哲学などに触れることができることは
本当に素晴らしいと思います


鍼灸院が「当院は鍼灸学生に対してフレンドリーな鍼灸院ですよ」とスタンスを明確にすることで、鍼灸師と実際に出会うハードルがひとつ下がる、
これは想像以上に大きいことと感じます。

当院は特定の流派や業界団体などの所属もなく、埼玉県の一鍼灸院です。
学生の方に何を還元できるかもわかりませんが、
相互に良い出会いとなればと思い、登録をすることにいたしました。

鍼灸師の方へ-同業者が来院した経験から

当院が開業してまもないころ、新規患者さんとしてお見えになった方が、
施術を終え、お会計の際に「実は鍼灸師なんです」と伝えられたことがあります。

「勉強のため、いろんな鍼灸院に電話をして、電話対応の良かったところに
予約をいれています」とのことでした。

丁寧に病歴を聴き、施術をし、今後の生活上での注意点や、施術計画などを
検討していた私としては、理由はわかりませんが、なんとなくモヤモヤした
感情が残リました。


様々なお考えはあると思いますが、「患者さん」としてではなく、
「鍼灸師」として来院される際はご予約の際に、教えていただけるほうが
当院としてはありがたいです。



最後に、このたびの「フレンドリー鍼灸院マップ」の取り組みで、
より良い出会いと業界の化学反応が起きることを一鍼灸師として切に望みます。

「腕が痛い」-腋窩神経絞扼障害 (四辺形間隙症候群)

「腕が痛い」-腋窩神経障害 
 (四辺形間隙症候群)

「腕が上がらない」「腕が痛い」

このような患者さんの訴えの時、腕の外傷でなければ、
鍼灸院では頸椎、いわゆる首が原因か、
五十肩のように肩関節が原因のことがほとんどです。


また、まれではありますが首でも肩でもない「腋窩神経」
問題のこともあります。

腋窩神経

「腋窩神経」は文字通り、「腋」にありますが、あまり耳慣れないですよね。

下の図のように、首の横から複数の神経(腕神経叢)が枝分かれし、
鎖骨の下を通過し、上腕、前腕、手指とつながっていきます。

首から指まで神経はつながっています。




その中で「腋窩神経」は上腕の外側、肩の外側・後方に広がっています。

「腋窩神経」は頸椎の5番、6番の神経から、腕神経叢(上図参考)を経て、
肩関節下方・後方へつながり、上腕部に停止します。


その「腋窩神経」が締め付けられると、
腕の痛みが生じたり、腕の動きを制限することがあります。

また「腋窩神経」を締め付ける筋肉などの組織に囲まれた部位を
「四辺形間隙」とよびます。


四辺形間隙

四辺形間隙は「4つの辺」に囲まれています。


上部  小円筋
・下部  大円筋 
・内側部 上腕三頭筋長頭(力こぶとは反対側の筋肉です)
・外側部 上腕骨・肩関節下包 


この4つの組織の緊張で「腋窩神経」がしめつけられます。

四辺形間隙を通過する「腋窩神経」をしめつける(絞扼する)のが
「四辺形間隙症候群」と言われています。



つまり
「腋の周囲の筋肉が神経を締め付けて、腕や肩などに痛みと動きの制限をおこします」

四辺形間隙症候群の症状と所見

症状
・肩関節後方・外側に痛み だるさ しびれ


所見
・四辺形間隙に圧痛
・肩関節外転・外旋・水平内転時に悪化
・三角筋の筋委縮

鑑別疾患

痛む部位が下記の疾患と共通することがあります。
また合併もあります


・肩関節周囲炎
・肩甲上神経絞扼障害
・頚椎症性神経根症・頸椎椎間板ヘルニア
・胸郭出口症候群



その他
一般的には「投球動作」で悪化することが多いですが、
上腕の骨折の合併症としておこることもあります。

「四辺形間隙症候群」と鍼灸


当院では「四辺形間隙症候群」単独の訴えより、
「頚椎症性神経根症」の「合併症状」と思われる例がいくつかみられます。

その際、原因部位である頸椎周囲をしっかりと鍼でゆるめ、
その後に首の痛みはない、または軽減しているかを確認します。

そして、腋窩神経領域である腕や肩関節外側の痛みが残っている場合、
または圧痛がある場合に「四辺形間隙症候群」の可能性を考えます。



「四辺形間隙症候群」のように神経をしめつける「絞扼障害」は
鍼灸の直後効果が出やすい印象があります。

「四辺形間隙」周囲に刺鍼すると腕の上げやすさや、痛みの軽減が見られます。
逆に、変化に乏しい場合は、「四辺形間隙症候群」の可能性を下げ、
他の原因を検討します。

腕や肩関節外側の痛みは頸椎疾患でも肩関節疾患でも生じ、
病歴や身体診察だけでは不明確なことも多い場合があり、
刺鍼による判断をすることがあります。



また、「四辺形間隙」の構成要素ではない、「広背筋」も筋の起始停止の観点から
見逃せないと思います。(※1)

さらなる改善のために



鍼の施術のみで十分な効果が出ることもありますが、
それだけでは不十分な時があります。

肩甲骨のアライメントが大幅に崩れているときや、
生活習慣で過緊張がある場合は、普段から少しトレーニングをしたり、
伸ばしたりすることが症状改善や再発予防も含めて必要になってきます。


具体的には「腱板」とよばれる筋肉を鍛えること。
肩甲骨周囲の筋肉にストレッチなどで十分な柔軟性をもたせること。
その結果、肩甲骨が本来あるべき位置に収まり、
可動性が維持できるようにすることなどがあげられます。


四辺形間隙にかかわる筋肉だけでなく、
他の筋肉、僧帽筋中部・下部繊維・菱形筋・小胸筋なども
大切です。


まとめ

・「腕の痛み」「腕が上がらない」とき、「四辺形間隙症候群」も考えます。

・「四辺形間隙症候群」は頸椎疾患・肩関節疾患の症状と重なるところがあります。


・「投球動作」の繰り返しなどが原因のことがあります。


・症状だけで自己判断せず、頸椎疾患・肩関節疾患の精査を整形外科で
 行うこともお勧めしています。

参考文献

・病気がみえるvol.11 運動器・整形外科  メディックメディア

・肩関節自動挙上不能となった四辺形間隙症候群に対する理学療法経験 #1
―競技復帰を果たしたソフトボール選手の一例― 東海スポーツ傷害研究会会誌:Vol.29(Nov.2011)

・疼痛により肩関節可動域訓練の難渋するケースの新アプローチ方法
 理学療法科学 33(2):273–276,2018

4月の休診日のご案内

4月の休診日のご案内

4月の休診日は下記5日間となります。


8日(木)、10日(土)、14日(水)、22日(木)、29日(木・

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

受付時間変更のご案内(緊急事態宣言解除に伴い)

受付時間変更のご案内
(緊急事態宣言解除に伴い)

一都三県の緊急事態宣言が本日解除となります。

ワクチンが行き渡るまでは、まだまだ落ち着かない状況が続くと思われます。

当院は本来の最終受付時間19時半には戻さず、当面18時を最終受付時間と
いたします。

18時以降をご希望の方は、可能な範囲でご相談に応じます。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願いいたします。

3月の休診日のご案内

3月の休診日のご案内

3月の休診日は下記5日間となります。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

3日(水)、4日(木)、10日(水)、17日(水)、25日(木)、31日(水)

膝内側の痛み-「鵞足炎」の鍼灸症例

膝内側の痛み-鵞足炎

高齢者の膝の痛みといえば「変形性膝関節症」が有名ですが、
膝の内側には靭帯や半月板など様々な組織があります。
今回は「鵞足炎」と思われた症例を紹介いたします。

「鵞足(がそく)」とは3つの筋肉の腱が脛の骨の内側に付着する部位です。
3つの筋肉「縫工筋」「薄筋」「半腱様筋」で、
「鵞足」に炎症がおきることを「鵞足炎」といいます。

*下記症例は患者さん個人が特定されないよう、変更を加えています。

鵞足炎の鍼灸症例

患者:70代、女性
主訴:右膝内側の痛み

これまで膝が痛くなったことがないので、歩けなくならないか不安。

病歴

3日前、車による旅行で長時間座っていたところ、右膝の内側が痛くなった。
足をひねったり、外傷はない。腰痛や下肢のしびれはない。
歩行や膝の曲げ伸ばしが痛い。
自宅の2階に上がるのも痛く、這って上がるくらい。
動かなければ痛みは軽減される。
夜間痛なし。外傷なし、発熱なし。

普段は散歩や、体操教室などに参加している。


既往

腰椎圧迫骨折(4年前)
膝の痛みはこれまで経験がない。

所見

膝周囲の発赤・腫れは認めれない。
内側側副靭帯、関節裂隙に圧痛なし
鵞足部に強圧痛・軽度の熱感あり
縫工筋遠位部に圧痛
薄筋に圧痛多数
半腱様筋遠位部に圧痛
伏在神経絞扼部位の圧痛は不明瞭
腓腹筋内側頭・半膜様筋緊張あり
膝蓋下脂肪体に圧痛なし

患者の体型はやせ型。

身体診察

膝関節伸展+内旋:疼痛・クリック音なし 
伸展+外旋:疼痛・クリック音なし

鑑別診断

・変形性膝関節症:急性であり、
・半月板損傷:外傷歴がなく、身体診察から否定的

初診

車で座っていただけで、なぜ膝の痛みがでたのか疑問に思い、
追加の質問をしたところ、右足だけあぐらをかくような肢位で座っていた。
鵞足部(特に縫工筋)が長時間緊張する肢位と考えられた。

これまでの当院来院歴から、患者は鍼が苦手で、お灸を好む。
今回は病態から、弱刺激である「電気ていしん」の使用をご理解いただいた。

病歴と所見から「鵞足炎」を想定して施術。

腹臥位にて半膜様筋と腓腹筋内側頭の緊張部位に電気ていしんを行う。

仰臥位にて大腿内側から膝内側にかけて、さらに鵞足部の緊張除去に電気ていしんを行う。残存している緊張部位に紫雲膏灸。   

立位時には痛み無し、KTtape(キネシオテーピング)を
大腿内側部から鵞足部にかけて貼る。

1週間後に車で長時間移動する用事がある。

第2回(4日目)

右膝内側の鵞足炎については7割改善。
左脛の前側・外側が右足をかばっていたせいか少し痛む。

右膝は前回同様の施術を行う。左に半膜様筋、腓腹筋内側頭にも
緊張が確認でき、脛と同様電気ていしんにて施術。


第3回(8日目)

左右膝とも問題なく、車の長時間移動後でも歩くことができた。

施術を終えて


急性の膝の痛みであり、外傷歴がなく、「あぐら」という病歴、
「鵞足部」の所見から「鵞足炎」と思われる症例でした。

参考文献には、腓腹筋の筋力低下があると、鵞足構成筋の過剰収縮により、
付着する下腿筋膜の緊張を強くし、鵞足炎をおこしやすくする記載がありました。

「鵞足炎」はスポーツをしている方に多いといわれていますが、
高齢による筋力低下も今回の背景にあったかもしれません。

参考文献

・「運動機能障害のなぜ?がわかる評価戦略」 工藤慎太郎 著 医学書院 刊
・「膝関節拘縮の評価と運動療法」      橋本貴幸  著 運動と医学の出版社 刊

兎眼を伴う顔面神経麻痺の鍼灸症例

兎眼を伴う顔面神経麻痺の鍼灸症例

 顔面神経麻痺による「兎眼」(まぶたを閉じれず白目になってしまう状態)により運転ができなくなった症例を紹介いたします。

*下記症例は患者さん個人が特定されないよう変更を加えております

患者:40代 女性


病歴


3週間前、歯を磨いているときに、右舌の感覚がないことに気づき、
口が開きにくく、右目が見えづらくなる。

翌日右顔が下がり、病院(脳神経外科・内科)を受診。
「顔面神経麻痺(ベル麻痺)」と診断され、1週間ステロイドの飲み薬を処方される。

改善が見られず、他院(耳鼻科)を受診。1週間毎日、点滴でステロイドの投与を受ける。

その後、ビタミン剤の処方を受け、1ヶ月後に再受診予定。

現在、目がもっともつらい。右目が見えづらく、運転ができない。右目が閉じれず、
乾燥し、痛む。また左目の負担が大きく、視力の低下がある。

眼科では目を保護し、顔面神経麻痺が治れば視力が回復すると言われる。

表情では「あいうえお」の「いー」が最もやりにくい。涙が自然に流れてくる。
発症時、味覚は半分程度落ちていたが、現在は少し回復。
ドライヤーの音が以前よりうるさく感じる。入浴後は調子が良い。


事務の仕事はパソコンを使い、目に負担が多く、休んでいる。
睡眠時間が短い時もある。

糖尿病などの既往はない。


所見

安静時も表情は非対称性。力を入れても閉眼不可でわずかに動く程度。
口角に力を入れても非対称性が明らかである。
目は兎眼(まぶたが閉じれず、白目が見える)が認められる。

施術方針


発症からステロイドの服用・点滴にもかかわらず、目を中心に症状の改善が見られない。
また表情筋だけでなく、目、耳、味覚など複数部位に症状がみられる。


程度が重いと判断し、最初は週に2回の施術を行う方針。


施術とその経過

初診

右上側臥位にて、後頸部・側頸部・目・頬・口部などの顔面神経走行部位に置鍼。
電気ていしんも同様。
「翳風」に電気温灸器syoukiで温熱刺激を加える。
施術後は顔のはれぼったさ、違和感が軽減し楽になったとのこと。

セルフケアとして入浴時や顔を温めて、顔のマッサージ、顔の筋肉を動かす
リハビリのプリントを渡して自宅で行っていただく。

第2回(4日目)

顔の右側が患側だが、左目を中心に左側全体も疲労感がある。右側をメインに
しながらも、左側も施術を行う方針。

自宅でのセルフケアはかなりしっかり行なっている。
前回の施術に加え、電気ていしんにて眼輪筋・上唇挙筋・口輪筋・頬筋などに
筋収縮を加える。左側は電気ていしんのみ行う。


第3回(8日目)

目が少し閉じれるようになってきた。セルフケアにローラー鍼を使っていただく。



第4回(13日目)

味覚・舌の感覚は発症時から3割回復。ドライヤーの音は日によって気にならない日もある。



第5回(17日目)

味覚・聴覚過敏は5割回復。兎眼が少なくなってきた。
回復傾向にあるため、施術頻度を週に2回から1回とする。
鍼の刺激感が苦手なため、電気ていしんを中心とする。


第6回目(22日目)

一時的に仕事をするが、目の負担が大きく目が見えにくくなる。
目は常につらい。目を閉じてるつもりだがシャンプーの時に目に入ってしまい、しみる。
味覚は7割回復。聴覚過敏は8割回復。
ペットボトルで水をのんでもこぼさなくなった。

仕事でのパソコン使用やテレビなどの画面を見ることが負担になっている。
表情筋は低い出力でも筋収縮が出る。


第7回目(30日目)

仕事を休んでいることもあり、前回の目の突然の悪化はなく、調子が良い。
味覚、聴覚、表情筋の動きはかなり改善している。
目を閉じる力がまだ弱いのでマッサージよりも目の筋肉の運動療法を中心にしていただく。
「あいうえお」の「いー」も問題なく可能。



第8回(50日目)

前回の施術から期間が空いたが、セルフケアの成果もあり目の調子が良く、
運転ができるようになる。

第9回(72日目)

疲労時に違和感が少しあるが、セルフケアで対応できる安心感がある。
見た目にも左右差は感じられないので終了した。

施術を終えて

ステロイド内服、点滴でも回復が乏しく、発症から既に3週間が経過していること。
表情筋も見た目の左右差が強く出ており、兎眼、聴覚過敏、味覚減退、
舌の感覚異常など症状が複数出ていたことから「高度の麻痺」に該当すると思われました。

これまで経験した中でも難度が高い症例でした。

施術経過では味覚、聴覚、表情筋は比較的順調でしたが、
最も辛い「目」は、仕事やストレスで再度悪化するなど一進一退の時期がありました。

一方で、初診時から患者さんのセルフケアへの取り組みは一貫して
根気よく続けていただきました。

院内の施術だけではここまでの回復はなかったかもしれません。
セルフケアの粘り強い継続による結果だと思われます。

受付時間変更のご案内

受付時間変更のご案内

 1月8日の緊急事態宣言発出に伴い、当院の最終受付時間を19時半から
17時に変更いたします。新たな対応については、随時ご案内いたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、引き続き感染予防にご協力をお願いいたします

本年もありがとうございました

本年もありがとうございました

 昨日で本年の営業を終了いたしました。

当院をご利用いただいた方、関係者の皆様におきましては
本年も大変お世話になりました。

また当院の感染予防対策にもご理解、ご協力いただきましたことを
改めてお礼申し上げます。

 当院は感染状況を鑑み、4月4日から6月8日まで約2か月休診いたしました。
再開後は感染対策を強化し、そのひとつとして、ご予約人数を制限させていただきました。

そのため、ご予約をお断りすることがあり、ご不便をおかけいたしましたことを
お詫び申し上げます。

再開後から年末にかけて、多くの患者さんがお見えになりましたが、
例年と比較しても心身への負荷が強いと感じられました。

コロナ禍における環境の変化、感染や社会情勢による不安などで、
睡眠などへの多かったように思えます。

そこで年末年始、お仕事がお休みの方はぜひ睡眠を十分すぎるくらい
取っていただき、心身を休めていただくことを強くお勧めいたします。

眠ることが大切であることは皆さんご存知なのですが、
質も量も足りている方は非常に少なく、
まとまった期間(年末年始、GW、お盆)に睡眠を十分にとっていただき、
ぜひその効果を実感していただきたいと思います。

私自身も年末年始はこの1年を落ち着いて振り返り、心身を休め、
新たな年を迎え、4日の仕事始めとなります。


皆様も健やかに佳いお年をお迎えください。