埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
【文献】鍼灸での肩峰下インピンジメント症候群に対する研究

【文献】鍼灸での肩峰下インピンジメント症候群に対する研究

スゥエーデン

 

鍼灸での肩峰下インピンジメント症候群に対する研究

 

鍼灸での肩峰下インピンジメント症候群に対する
スウェーデンの研究を紹介いたします。

 

肩峰下インピンジメント症候群は、腕をあげるときに、
肩の高さより上にくると痛みや、ひっかかり感、こわばり、
夜間痛みなどがおこるものです。

 

若い方で、スポーツなどで使いすぎる方に多いですね。

棘上筋という、腕を上げる筋肉が最も損傷されることが多く、
鍼施術の対象となります。

 

この肩峰下インピンジメント症候群についての原著論文は
こちらにのせておきます。

肩峰下インピンジメントに対するコルチコステロイド注射と
鍼治療の比較:ランダム化比較試験

 

肩峰下インピンジメント症候群に対して、コルチコステロイド注射群と
理学療法に鍼治療を加えた群とで、肩の痛み、機能、生活の質など
において 比較検討しています。

6週間後、3ヶ月後、半年後、1年後と長期にわたって
117人の患者さんを対象にしています。

結論は、どちらも効果はありますが、どちらがより優れた治療法とは
この研究ではいえないということです。

医療費や薬の副作用、鍼を受けたときの感覚の好き嫌いや運動の負担など
総合的に判断できるといいのかもしれません。

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です