埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
スポーツ障害

シンスプリントと鍼灸

シンスプリント

「シンスプリント」は「過労性脛部痛」「脛骨過労性骨膜炎」とも呼ばれ、
いわゆる「脛」を中心に痛みがでるスポーツ障害です。

走る人、ジャンプする人に多いと言われています。

シンスプリントかと思ったら

走ったり、ジャンプするなどして脛の周囲が痛くなったら
「シンスプリント」かもしれません。



「まずは病院を受診しましょう」

シンスプリントと似ている疲労骨折の有無を確認することが大切です。

レントゲンだけではわからないこともあり、
MRIが必要なことがあります。

シンスプリントで痛む部位

シンスプリントはタイプによって痛む部位にが分かれます。

脛の後面、後面内側部、まれに前面が痛みます。

痛みの原因となる筋肉

「後脛骨筋」・「ヒラメ筋」・「長趾屈筋」・「長拇指屈筋」

いずれも脛骨後内側縁に付着している筋肉です。(下図は右ふくらはぎ後面)
足首や足の指の動きに関係します。

これらの筋肉の緊張がシンスプリントに影響します。

シンスプリントのタイプと痛みがでる仕組み

シンスプリントは痛む部位によって、痛くなる仕組みが変わります。
走る・ジャンプなどによる「足の筋肉の使い過ぎ」に加えて、
「扁平足」などが背景にあります。


①後面シンスプリント

脛の後側・後内側が痛くなります。


使い過ぎによる、ヒラメ筋・後脛骨筋・長趾屈筋・長母趾屈筋などの緊張

足関節回内(回内足:下図参照

足関節不安定

筋緊張・疲労

足指の筋肉低下(骨間筋など)

内側縦アーチが下がる(下図参照

扁平足

後脛骨筋の緊張

回内足(右足)

内側縦アーチ

前面シンスプリント

脛の前側が痛くなります。

走る・ジャンプする

踵に負荷

踵の負担を和らげるために前脛骨筋が緊張

脛の前側に痛み

シンスプリントの程度

痛む部位が脛の前側・後内側両方の場合、
走ったりジャンプの際に、踏切と着地の両方で痛い場合は
重症度が高い傾向があります。

MRIの画像診断などを通じて、医師に重症度の確認も
しましょう。

重症型の場合、競技復帰や安静期間も長くなります。

セルフケアと注意点

安静・アイシング・ストレッチ・トレーニング・インソール・テーピングなどが
推奨されますが、重症度や時期(急性期など)によって中身は異なります。

また新しい靴や、シーズン初めに無理をしないよう
注意することも必要です。

シンスプリントと鍼灸

シンスプリントの原因となる筋肉は「深部」にあり、
それらの筋肉に直接アプローチできるところが鍼灸の強みと言えます。
下図参照:右下腿の輪切り図

原因となる筋肉を圧痛、動きから確認し、そこに刺鍼します。
一定の時間(あまり短すぎてもいけない)刺したままにしておくことで
緊張した筋肉がゆるみやすくなります。

原因となる筋肉の緊張を取り、前後左右のバランスを整えること。
扁平足の改善のため、足指の筋肉を鍛えること。
足関節の可動性を上げること、下腿のストレッチなどが
シンスプリントに対して必要と思われます。