埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
往診について

糸上灸3 

往診により日常生活のお手伝いをいたします

 

往診の施術形態と対象

 当院では鍼灸マッサージによる
往診を行っています。

往診は、筋肉の麻痺や痛みによる
歩行困難など様々なご事情により、
「自力での通院を困難とされている方」
対象としています。

 

具体的には以下のような方にご利用いただいています。

  • 脳血管障害の後遺症
  • 骨折後のねたきりによる筋力低下
  • リウマチによる痛み
  • パーキンソン病による関節の拘縮

 

病名や症状にとらわれずご相談ください。

また、ぎっくり腰などの急性腰痛で
来院できない方への往診もしています。

急性腰痛と往診について


往診で目指すこと

患者さんによって目指すことは様々ですが、
痛みの軽減、動作の改善、関節のこわばりの緩和などを
ご依頼いただいています。

また、退院後にリハビリをする機会がなく、
お困りの方からのご相談も多く受けています。

日常生活を少しでも快適に過ごしていただけること、
患者さんが望んでおられることを
少しでも実現することを目指しています。

往診 リハビリ

 

鍼灸マッサージの特徴

 鍼灸マッサージはは痛みを和らげ、血行を改善し、
硬くなった筋肉を少しずつやわらかくするのが特徴です。

また寝つきがわるい、よく足がつるといった症状も対象です。

痛みが軽減されると、動く意欲も自然とわいてきます。

痛みの程度や関節の動きなどが改善された頃に、
筋力をつけるための運動療法も行っていきます。

 

患者さんとご家族の方へ

  ご自宅への往診には少なからず抵抗がおありかと思います。
そのようなお気持ちも含め、ご不明な点などを相談ください。

はり・きゅう・マッサージにはそれぞれ特徴があり、
併用することや使い分けをすることが必要です。 

施術前に説明はいたしますが、どうしても痛そうだ、
怖いなどといったお気持ちもあると思います。

そのようなご希望、不安も含めて何でもおっしゃってください。

十分にうかがった上で、無理にはり・きゅうを勧めることは
いたしませんので、ご安心ください。
 



往診では医師の発行する同意書があれば、
施術費、往診費ともに健康保険が適用されます。

介護保険ではなく、健康保険を利用しての施術となりますので
介護保険の限度額とは直接関係がありません。

往診


往診でご用意していただくもの

  • 服装は楽な恰好で痛む場所や
    手足、背中、お腹などが
    出しやすい服装であれば大変助かります。

  • ベッド、お布団のどちらでも施術が可能です。

  • ご予約時間の前に、お手洗いなどを済ませてご準備をお願いいたします。

 

往診についてよくあるご質問

 往診についてよくあるご質問について、
下記にまとめました。
ご参考になさってください。

Q:「往診」の対象となるのは?

A:「往診」の対象は、「保険治療」と
 「実費治療」において異なります。

  

「保険治療」では、以下の方が対象となります。

  • 自力で来院することができないお身体の状態の方

  • 当院(埼玉県春日部市)から直線距離で16㎞以内の方
     
  • リハビリが必要だけど、介護保険だけでは対応できない方

  • 鍼灸の保険適応疾患に当てはまる方
    (神経痛、五十肩、腰痛、頚腕症候群、頸椎捻挫後遺症、関節リウマチ)

  • パーキンソン病、脳梗塞の後遺症、身体に麻痺がある方、寝たきり状態の方など

  
そのほか、「医師の同意書」が必要であること。
「併療」に当てはまらないことが
「保険治療」適応の条件となります。


これらについては、他の項目でご案内いたします。

「実費治療」では、特に制限がありません

  • 鍼灸適応疾患であれば、どのような状態でも往診いたします。

  • 当院からの距離については、個別に相談させていただいております。

  • ケースとしては、「ぎっくり腰」などで動けない方などにご利用いただいています。

 

Q:医師の「同意書」とは何ですか?

A:鍼灸施術を保険適応で受診するには
 医師の「同意書」が必要です。

かかりつけの医師から、以下の5つの疾患に
関して鍼灸施術を受けていいですよと
「医師が同意した」書類のことです。

  1. 神経痛
  2. 五十肩
  3. 腰痛
  4. 頚腕症候群
  5. 頸椎捻挫後遺症
  6. 関節リウマチ


 
書式は当院で用意しています。
当院が作成した医師への「依頼書」とともに、

かかりつけ医に患者さんからお渡しいただき、
医師に記入していただきます。

記入後の「同意書」を当院にお持ちいただいた日から、
保険適応の鍼灸施術の開始となります。

耳慣れない言葉だと思いますので、
当院にお気軽にお問い合わせください。

 

Q:「同意書」は1回書いてもらえればいいのですか?

A:「同意書」記載日からか6月間有効です。

6か月経過して、継続して治療が必要なときは
再度「同意書」を書いていただくことになります。

 

Q:「併療」とは何ですか?

A:「併療」の場合、鍼灸施術において保険適応となりません。


「併療」とは、同じ病名で保険医療機関(病院、接骨院など)の治療と、
   鍼灸の保険治療を同時に受けることをいいます。

 これは健康保険の性質上認められていません(実費での施術は可能です)。

例えば、「腰痛症で、鍼灸で週1回保険治療、
整形外科または接骨院で週1回のリハビリや、

電気治療、注射、湿布などをお受けになっている。」場合などです。

この場合では、健康保険の重複にあたり、
保険施術をすることができません。

 

Q:「施術時間」はどれくらいですか?

A:「保険適応」の場合、30-40分、「実費治療」の場合60分前後となります。

時間はあくまで目安となります。必要だと思った時は
患者さんの許可を得て、数十分延びることもあります。

 
 一方でいわゆる「ぎっくり腰」、急性腰痛は施術時間を
長くすると悪化することがあります。

病態に応じて施術時間が前後しますが、
費用は変わりません。

 

Q:施術日時は指定できますか?

A:はい、施術日時は指定できます。


前もってご予約いただくと、患者さんのご希望に沿えると思います。
ぎっくり腰など、急性の病態の際は、

まずはご連絡いただければ可能な限り早くうかがいます。

 

Q:「施術内容」はどういったものですか?

A:「施術内容」は患者さんの目的に応じて施術をいたします。

施術手段は「はり」「お灸」「手技」の三本柱です。

「はり」「お灸」「手技」の三つを患者さんの状態に
応じて使い分け、併用します。

患者さんが過去にどうしても、「はり」や「お灸」が合わなかった
という場合や、
あまりに抵抗がある場合は、
ほかの手段で治療いたします。

 
「はり」も細い鍼から、長い鍼、中に刺すものもあれば
肌に接触させるものまで様々です。

場合によっては「はり」に電気を流す場合もあります。
また、鍼が怖い方はごくごく弱い電気治療器を使うことがあります。

 

「お灸」も同じです。様々な種類があります。


詳しくは「お灸のススメ」をご覧ください。


電気の温灸器は煙も出ず、やけどの心配もありません。
往診向きのお灸機器です。

 

「手技」とは、文字通り「手に」よる治療です。
ストレッチ、あん摩、指圧、マッサージなどです。

 

内容は患者さんの目的、状態に合わせて行います。
鍼灸施術は「痛み」「しびれ」を軽減するだけでなく、
筋肉に鍼をすることで、
可動域を広げる手助けをします。

 
筋肉や関節付近に鍼をすることで、身体の動きを
スムーズにし、リハビリなどのトレーニングの手助けをいたします。


その結果、患者さんの本来の目的である
「旅行に行くこと」や
「仲間との集まりに参加すること」、
「台所仕事を自分でやること」などをサポートできればと考えています。

患者さんの本来の目的をかなえられるように、
患者さんご自身が日常生活で取り組める自主トレの提案や、歩行訓練
生活上の工夫などもご案内しています。

 

Q:介護保険サービスを受けていますが、
 往診による鍼灸施術は可能ですか?

A:健康保険を使用しての往診となります。
 介護保険サービス枠とは関連がありませんので
 ご安心ください。

 

Q:支払方法は?

A:月末または翌月の月初に、ひと月分の治療費
(自己負担分1割~3割)を一括で頂戴しております。

お支払いの際に、領収書を発行いたします。また保険申請の捺印をお願いしています。

 

Q:往診を希望しますが、自宅に駐車スペースがないのですが

A:車で往診することはありません。自転車・バイク1台分の
 スペースがあれば、そちらに停めさせていただきます。

 

Q:往診対応範囲はどれくらいですか?

A:保険適応の場合、当院から直線距離で16㎞以内となります。

保険適応の場合、当院のある埼玉県春日部市から直線距離で
16㎞以内ですが、それ以上の距離ですと実費となります。


実費の場合は距離、訪問時間、交通費などを個別に相談させていただいております。

 

Q:往診について詳細な説明を聞きたいのですが?

A:電話でもお答えしますが、直接お話しして疑問や不安を
 解消することを重視しています。

はり・きゅうの保険の仕組みは少し複雑で、
また往診においては保険適応の条件や
距離などの様々な要件があります。
 

また患者さんの状態も外来の方と比べ多くの問題を
抱えておられることがほとんどです。


文章で説明するにはなかなか量的にも多すぎることなどから、
往診についてのお問い合わせがあった時には、
時間を十分に取ったうえで、


「できるかぎり直接お会いしてお話をすることにしています」

会話のやりとりによって、患者さんやご家族が知りたかったこと、
不安に思っていたことなどがその場で解消されることも

多いことから当院では直接お会いすることを重視しています。

 

往診症例

往診での症例をご案内いたします。

 ・鍼灸往診症例①:肩の痛み-腱板断裂
 ・往診症例②:転落事故後の腰痛

 


お申し込みからの流れ


1.お申込み

往診をご希望の方は、電話にてお申し込みください。

TEL : 048-763-5323

2. 訪問説明

 

ご自宅に訪問し、往診についてわかりやすく説明をいたします。
また、ご不明な点についてもお答えします。
病状に応じて施術計画、訪問日程について
ご相談させていただきます。

鍼灸の保険適応疾患は下記の5つとなります。
①神経痛
②五十肩
③腰痛症
④頚肩腕症候群
⑤頸椎捻挫後遺症
⑥関節リウマチ

以上の6つの疾患が鍼灸の保険適応となります。それ以外は実費となります。

 

保険が適応の場合、下記をご用意していただきます


・医師の「同意書」(用紙は当院でお渡しいたします)

・保険証印鑑(保険申請の際に必要となります)

 ※健康保険適用の為、かかりつけ医師による「同意書」が必要となります。
  「同意書」の用紙は当院にて準備いたします。

  ※印鑑は保険申請の際に使用いたします。


3. 往診の開始

患者さんのご都合の良い日時と治療計画を相談し、伺います。


4. 往診についての注意 


(1)「再同意」について

鍼灸の保険施術では、最初に「同意書」を医師に書いていただきます。


6か月経ち、鍼灸治療を継続して受ける場合は、
再び医師のところに行って、

「続けて鍼灸施術を受けて良いですか?」と
文書で確認をとる必要があります。


これが「再同意」です。再同意をされる際には、当院で用意した
文書を医師のもとに持参していただくことになります。

※「併療」も「再同意」もあまり馴染みのない言葉だと思います。

  受診される前に、あきらめずにお気軽にお問い合わせください。

 

5. 費用について

  • 保険・実費の両方で受け付けております
  • 初診に限り実費6.000円(初診料・施術費込)となります。
  • 保険については、距離や治療内容により施術費は異なります。
    下記一例をご参考になさってください。

   例 当院から2キロ以内にお住いの患者さんで、鍼と灸両方の施術を30分行った場合
     1割負担の患者さんでは、1回あたりの治療費の自己負担が300円前後となります。

  • 保険での往診は30-40分となります。
  • 実費の場合は50分ほどとなります。
  • 保険での往診は当院から直線距離で16㎞圏内となります。
    それ以上の距離は保険適応外となりますので、実費での往診となります。
    その場合は当院からかかる時間や距離に応じて
    施術費・交通費を相談させていただいております。

  • 実費での往診では同意書、保険証は必要ありません。

 

以下の方は施術費(自己負担)がかかりません


  • 交通事故で自動車保険を利用される 方
  • 労災保険を利用される方
  • 生活保護を受給されている方
  • 障害者手帳をお持ちの方(自己負担割合により異なります)


患者さんの状態や、ご希望、距離などが様々であることや、
保険の仕組みが複雑なため、治療に入る前に
直接お会いして説明をしております。