埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323

鍼灸院を舞台にしたミステリーのご紹介

 

鍼灸院を舞台にしたミステリーのご紹介

 
 いつもは症例の紹介や、治療院のご案内をしていますが、
今回は本の紹介です。

読書好きな方はご存知かと思いますが、
「このミステリーがすごい!」大賞、
通称「このミス」というすぐれたミステリーに
毎年贈られる賞があります。

今回紹介する「鷹野鍼灸院の事件簿」の著者、
乾緑郎さんは第9回の「このミス」受賞者です。

小説家であり、そして鍼灸学校を卒業された
鍼灸師の経歴をお持ちです。

 

2014年に「鷹野鍼灸院の事件簿」、
2016年に2冊目「鷹野鍼灸院の事件簿 謎に刺す鍼、心に点す灸」が
でていたのですが、わたしは全く知りませんでした。

 

今回、ふとしたきっかけで手に取ったところ、
2日程であっという間に読み終えてしまいました。

同じ鍼灸師だからわかるという点でも面白いのですが、
ミステリーとしても十分楽しむことができました。

 

1冊目の「鷹野鍼灸院の事件簿」は、助手として鷹野鍼灸院で働く
新米鍼灸師の主人公が様々な問題に向かっていく様子や、
鷹野院長の洞察力が光ります。

鍼灸や鍼灸業界に関わる現実感あふれる話も満載です。

 

2冊目の「謎に刺す鍼、心に点す灸」は1冊目よりも
ミステリー色が強くなっている気がします。

中でも鷹野院長の「鍼をするよりも大事なこと」に
ついてのくだりは、とても印象的でした。

 

2冊とも「ミステリー」という形をとりながら、
二人の主人公の発言、立ち振る舞いが
「忘れてはいけない鍼灸師のあり方」を教えてくれています。

鍼灸治療は決して「奇跡の治療」ではないこと。

鍼灸師は患者さんを中心に考えた時に東洋医学的な
知識だけでなく、西洋医学的な適切な知識をしっかりと
身につけておかないと、患者さんのその後を大きく
左右することがあるエピソードが心に残りました。


主人公たちの患者さんとの向き合い方に
共感できる点が多々ありました。

書きたいことはたくさんありますが、これから読まれるかも
しれない方のためにとっておきます。

鍼灸治療の方法は、鍼灸師によって様々です。鍼灸の世界に
触れたことのない方にとっては、この小説でその一端を
垣間見れるかもしれません。

「要介護3・4・5の人のための在宅リハビリ やる気がでる簡単リハビリのすすめ」-本の紹介

「要介護3・4・5の人のための在宅リハビリ やる気がでる簡単リハビリのすすめ」-本の紹介

 

私が卒後すぐに勤務した鍼灸治療院では往診治療を行っており、この本のタイトルどおり要介護3.4の患者さん宅に伺っていました。

当時、往診での鍼灸治療だけでなく、リハビリ、また介護の事、患者さんの環境などについてわからないことばかりでした。治療についての指示をあらかじめ受けていても、いざ訪れると患者さんからはいつもの訴えとは違うことを希望されたり、予想外のことがおこったりと右往左往の毎日でした。

それでも何とかしなければいけないと思い、出会ったのがこの本でした。

 タイトルにもありますが、この本はリハビリの方法について、部位や疾患別にイラストを交えながら的確にまとめらています。

またリハビリだけでなく、現場でよく聞かれる疑問についても数多く紹介されており、わたしが同じ類の質問を受けた時に何度も助けられました。

今でもことあるごとに繰り返し確認しています。

この本の中身では、在宅に携わっている多くの方が直面する問題、「患者さんがやる気をだすにはどうしたらよいか?」についての解決法を追求しています。

全体を通して、ひとつひとつが具体的かつ現場に即した内容であると同時に、かなり多くのことを知ることができました。

医療福祉関係者だけでなく一般の方々にも理解できるように簡潔に書かれていますので、広くお勧めできる内容だと思います。

 

 

要介護3.4.5の人のための在宅リハビリ

 

講演会「認知症治療の最前線とユマニチュード」

認知症診療とユマニチュード

 

講演会「認知症治療の最前線とユマニチュード」

 

筑波大学で行われた講演会、
「認知症治療の最前線とユマニチュード」に行ってきました。

今年の初めに、NHK「クローズアップ現代」で取り上げられた
認知症ケア「ユマニチュード」、既に出版されている
「ユマニチュード入門」を読み、ぜひその内容を実際に
聴いてみたいと思っていました。

認知症だけに限らず、ケアが必要な人になら誰でも利用できる、
誰でも学ぶことができるという点で、鍼灸師としても個人としても
強い関心がありました。

 

ユマニチュード

ユマニチュードでは基本技術として
「みる」「ふれる」「はなす」「寝たきりにさせない」というケアを
「同時」にかつ「包括的」に行っています。

その技術の背景には「ケアを受ける人が大切な存在である」という
メッセージがあります。そのメッセージを確実に届けるための技術の
ひとつひとつに意味があり、その実例などがVTRなどで紹介されました。

以前にもTVでみたことがあったのですが、人の対応がここまで患者さんの
状態に良い変化を与えるものかと改めて驚かされました。

 

ケアをする人の明と暗

講演の中では、「ケアをする人とは何か」という「問い」がありました。

ケアでは「回復をめざす」「機能を保つ」「そばに寄り添う」の3つ
考えるだけでなく、「実は害を与えてしまっている」ということを常に
考えることが必要だと強調されていました。

ケアをする立場で良かれて思ってやっていることが、患者さんにとって
かならずしも良いことではなく、害になっているかもしれないと常に考えること。

ケアをする人の対応による影響が大きいということは、
(意図的でないにしろ)害を与えてしまっている対応でも影響が
大きいことは容易に想像できます。

介入の是非について批判的かつ自覚的になるにはやはり継続的な
学習が欠かせないと強く実感しました。

 

ユマニチュードによる双方向の効果

また、ユマニチュードを導入することで、患者さんの体調や気持ちが安定
するだけでなく、医療費の削減や医療従事者の離職率の低下などの効果もある
というデータが紹介されていました。

患者さんだけでなく、社会や医療従事者にも良い影響があるのは
素晴らしいことだと思います。

ユマニチュードは現在、研修を行う病院がすこしずつ増えているそうです。

認知症ケアだけでなく、鍼灸臨床においても
「みる」「ふれる」「はなす」「寝たきりにさせない」というのは
もちろん大事な共通点です。

今回の講演は日々の鍼灸臨床の質を上げ、患者さんへの対応をいまいちど
考える上で非常に有意義かつ貴重な機会でした。

 

 

 

「治さなくてよい認知症」-本の紹介

scotland

 

「治さなくてよい認知症」-本の紹介

 

先日NHKでは番組「私たち抜きに私たちのことを決めないで-初期認知症を生きる」が
放送されていました。

その内容は、スコットランドでは、認知症と診断された人々を支える仕組みがなかった時に、まさに認知症になった当事者である本人の声を聴き、そこからサポート体制を作り上げるといった内容でした。

今回、私が読んだ「治さなくてよい認知症」では、はじめの方にこう書かれています。

「もっと認知症の人本人にこそ注目し、向き合わなければいけないという反省と認識であった」
 
 
今のところ、認知症自体を治すことはできません。

その一方で、認知症に対する周囲の見方、社会の意識を変える、これこそが
認知症の当事者にとっていかに大切であるかを丁寧に説明しています。

 
さらに改めて下記の点(引用含む)は重要であると感じました。
 
  • 治すべきは周囲、社会の意識の変革が大事である

  • 認知症本人がいかに孤立感や不安な心理状態を抱えているかを知る

  • 人との関係性、生活が大事
  • 「慰める、助ける、共にする」を鉄則とし、「指摘しない、議論しない、叱らない」
  •  デイサービスは様々な面で効果的だが、認知症レベルのマッチングが大切である
  • 認知症の行動心理症状 BPSD対して、薬物療法3割、非薬物療法7割と提唱があり、
    非薬物的対処では本人により注目し、関心を持ち、接する時間を増やし、話をして、聴く。

 

鍼灸治療院で、認知症の方と直接関わる機会はあまり多くありません。

少ない経験と照らし合わせながらも、この本の内容からいろいろ思い当たるところ、
これから勉強するべきところを多く気づかされました。

認知症だけでなく、患者さんとの対応のほとんどに共通する部分があるかと思います。

認知症が特別なものでなくなっていく現在と将来において、
医療者としても個人としても適切な知識と対応を身につけるのに、
とても刺激を受けた書籍でした。

多くの方の目に触れられることを願います。

治さなくよい認知症

治さなくてよい認知症

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「統合失調症がやってきた」-本の紹介

「統合失調症がやってきた」-本の紹介

 

最近話題になっているタイトルですので、ご存知の方も多いかと思います。今朝もNHKで特集が組まれていました。

統合失調症そのものに対する理解だけでなく、薬を自己判断で突然やめることの危険性や、統合失調症を患った本人との

接し方など、気づかされる内容の多い1冊でした。

鍼灸治療院ではこの病気を扱うことはありませんが、患者さんとの向き合い方など、学ぶ点が多く、

特に相方である松本キックさんの温かく見守る姿勢が印象に残りました。

 

「統合失調症がやってきた」-本の紹介