埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
坐骨神経痛

坐骨神経痛を起こす病気と鍼灸施術による経過

坐骨神経痛

坐骨神経痛を起こす病気と鍼灸施術による経過

「坐骨神経」は腰から足の指先までにかけて走る神経です。

その神経が様々な原因によって痛み・
しびれなどをおこすのが「坐骨神経痛」です。

坐骨神経痛」は「症状」であって、「病名」ではありません。

ここでは「坐骨神経痛」の原因となる主な3つの疾患と、
それぞれの鍼灸治療による経過をご案内いたします。

 

坐骨神経痛について

坐骨神経は腰からお尻、太腿の後ろを通って、
ふくらはぎと脛に枝分かれします。
そこから足の指先まで伸びていきます。
非常に長い神経です。

一部の原因を除いて、腰痛を伴います。
痛めている神経の部位によって、足の痛む部位や、
しびれる部位が異なります。

また、麻痺がある場合は、その動作の制限も異なります。

症状

・腰から足にかけての鋭い痛み・しびれ
・足の熱感、冷感、感覚が鈍くなる
・足の麻痺:つま先があがらない、踵が浮かない
 

坐骨神経痛の原因

原因疾患によって異なりますが、腰に負担のかかる職業、
生活、習慣、スポーツ歴、遺伝などが考えられます。

普段からの姿勢などが大切になります。

 

坐骨神経痛をおこす病気の見分け方

坐骨神経痛を起こす疾患はいくつかありますが、
主に下記3つが鍼灸治療院で頻繁に対応する病気となります。

 

1)腰椎椎間板ヘルニア

20-30歳代の男性に多いのが「腰椎椎間板ヘルニア」です。

腰の骨である「腰椎」の「椎間板」にある「髄核」が飛び出し
神経を圧迫したり、炎症をおこし激痛を起こします。

排尿障害などがある場合はすぐに手術の対象となります。

詳しくは「腰椎椎間板ヘルニアについて知っていただきたいこと」
ご案内していますので、ご覧ください。

 

2)梨状筋症候群

腰ではなく、お尻の奥にある筋肉「梨状筋」により「坐骨神経」が
締め付けられて、お尻から足にかけて痛み・しびれをおこすものです。

通常、腰痛はありません。腰の動きによって坐骨神経痛は強くなりません。

梨状筋を押すと坐骨神経痛が再現されたり、「Kボンネットテスト」と
いった梨状筋を緊張させる姿勢をとらせる身体診察でも確認できます。

鍼灸治療では「梨状筋症候群」は「梨状筋」に直接アプローチでき、
効果が見込みやすいものとなります。

 

3)腰部脊柱管狭窄症

高齢者に多くみられます。腰の骨の中にある「脊柱管」が加齢によって
狭まってきます。

「脊柱管」の中を通過する神経を圧迫して、坐骨神経痛をおこします。

また、歩いたり、立ち続けたりすると痛みによって歩行が困難になる
「間欠跛行」が出るのが特徴です。

この「間欠跛行」の有無が他の病気との区別のポイントとなります。

前にかがむと楽になりますが、腰を後ろに反ると悪化します。
手押し車や、スーパーでのカートなどを使っているときが楽になります。

また、自転車に乗っているときはあまり症状がでません。

「間欠跛行」は腰部脊柱管狭窄症だけにおこるのではありません。
「閉塞性動脈硬化症」という
病気でもおこります。

「間欠跛行」が「腰部脊柱管狭窄症」でおきているのか、
「閉塞性動脈硬化症」でおきているのかの判断が必要です。

腰部脊柱管狭窄症は前かがみでの姿勢が楽です

 

 

 

 

 

坐骨神経痛の鍼灸施術

上にあげた原因疾患により鍼灸治療の内容と、その経過は異なってきます。

それぞれの疾患の程度と時期を見定めが大切だと思われます。

 

腰椎椎間板ヘルニアに対する鍼灸施術とその経過

1)急性期の痛みの強い時期

痛いほうを上にして、横向きに休んでいただきます。
ヘルニアの炎症が起きている
腰部、臀部、下肢に
浅く、弱い鍼を行います。

この時期は、深追いせず、慎重に、少しずつでも良くなるよう
刺激量に配慮して行います。

炎症の程度にもよりますが、1回目の治療よりも、2回目、3回目から
効果を実感される経過をたどります。

日常生活はできる限り安静にしていただきます。

2)回復期:痛みが半分くらいの時期

痛みが半分くらいになったころから、鍼も太さも、深さも
通常の治療のものにしていきます。

下肢よりも、腰、臀部の方から回復してきます。状態によってはお灸も
使用します。少し歩くことをすすめていきます。


3)安定期:痛みがほぼ2割以下、足先にしびれが少し残る時期

痛みはほぼ気にならず、腰、臀部、太ももなども少しだるさが
あるかないかといった時期です。


患者さんによっては、ここで治療を終了される方もおられます。

一方で、ヘルニアの再発の不安などから治療をしばらく継続する方も
おられます。この時期になると、積極的に歩いていただきます。

ただ腰に負担をかけるような作業には十分気を付けていただきます。
 
この時期、足先のしびれなどがほんの少し残る方もおられます。

患者さんの経過をみていますと、あまりこだわりすぎず、
地道に歩かれたり、
日常生活を普段通りに過ごしていただくのが良いようです。

半年後、一年後にはほとんど気づかない、いつの間にか消えていたと
報告をいただきます。

梨状筋症候群に対する鍼灸施術とその経過

梨状筋症候群は過緊張状態にある「梨状筋」を緩める必要があります。
「梨状筋」が坐骨神経をしめつけており、シンプルに「梨状筋」に
鍼を直接行い、
同時に梨状筋周囲の筋肉や腰部にも鍼を行います。

患者さんの病歴から「梨状筋」に緊張を作る原因を明確にし、
その原因となる生活習慣を一時休止していただくようにします。

なるべく、臀部の圧迫を避け、横向きで痛いほうを上にしてお休み
いただくようにします。


余程の状態でない限り数回の鍼灸で改善がみられる場合がほとんどです。

 

腰部脊柱管狭窄症に対する鍼灸施術とその経過

腰部脊柱管狭窄症に対する鍼灸施術は「ヘルニア」や「梨状筋症候群」に
比べて容易なものではありません。

別記事「腰痛のタイプ⑤-腰部脊柱管狭窄症」でも書きましたが、
「神経根型」とよばれるタイプがあります。

「神経根型」の初期から中期のものでは鍼灸治療による改善例はあるのですが、
タイプの違う「馬尾型」または「混合型」については鍼灸では
難しいと言わざるを得ません。

患者さんにはあらかじめ説明をし、期間を決めて施術を開始します。
経過を見ながら改善傾向であれば継続して施術を行います。

「神経根型」についてはこちらの症例
「腰部脊柱管狭窄症-半年続く腰下肢痛」を参考にしてください。

 

ひとことに「坐骨神経痛」といっても、原因となる疾患が異なると、
病態も経過もそして鍼灸の内容も変わってきます。

鍼灸をお受けになる患者さんの理解の一助となれば幸いです。

坐骨神経痛ではない足の痛み-大腿神経痛

kitchen

 

下肢の痛み-大腿神経痛

下肢の痛みは鍼灸院では珍しくありません。
腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症の症状としての
坐骨神経痛が有名です。

しかしながら下肢の痛みを起こす疾患はいくつもあります。
今回はその一例を紹介いたします。

*この症例は患者さんが特定されないよう、一部変更を加えてあります。

 

大腿神経痛の鍼灸症例

 

患者

70代、女性、腰と右大腿前面のしびれと痛みを訴えて来院された。
20-30年前に腰痛があったが、その時は大腿の症状はなかった。
今回は休んでも改善しないので、職場の同僚の紹介で受診した。

主訴: 腰痛、右大腿前面部の痛みとしびれ

 

現病歴

1.2か月前から腰の痛みと比例し、徐々に右大腿前面に
痛みとしびれがある。膝から下には症状はない。

週に5.6日一日7時間、、立ち仕事中心で工場内で部品の
組み立て作業をしている。夕方になると症状が増す。
歩行や、階段はつらくない。洋式トイレの立ち上がり時にも
痛みはない。

夜間痛、安静時痛はない。体重の大きな変化もない。
歩行中に痛みやしびれで休まない。
中腰や前かがみでつらくなる。右大腿をさわると左にはない、
皮一枚多くあるよな皮膚の感覚異常がある。

自宅では長く台所仕事をすると腰が痛くなることもある。
これまで電気や赤外線、マッサージなどの治療を受けたが、
直後には少し楽になるが、翌日には症状がもどってしまう。

 

一般健康状態

食欲(正)、飲酒は嗜む程度、服薬は便秘の漢方薬、
コレステロールの薬、発熱なし

既往歴・家族歴: 特になし

 

身体診察

FNS(大腿神経伸展テスト):(+) Patrick test  :(-)
 右第3腰椎椎間関節、気海兪に圧痛・硬結あり。

 

初診時の診断とその根拠:「大腿神経痛」 
①大腿前面に痛みが出ている。 ②FNS(+)

大腿神経痛

 

 

 

鑑別診断

  1. 腰部脊柱管狭窄症:間欠性跛行がない。立位で一日仕事が可能。
  2. 股関節疾患:歩行に問題がない。Patrick test (-) 
          股関節、大腿外側などに症状がない。
  3. 悪性疾患:夜間痛、安静時痛がない。体重減少がない。

 

施術とその指標:腰と大腿部の症状軽減と、施術効果の持続

 

第1回 
大腿神経痛と判断をした。右上側臥位にて、右気海兪、大腸兪、
関元兪、第3..4.5腰椎椎間関節、上胞膏に50㎜-18号のステンレス鍼で直刺。
20分置鍼。右気海兪、大腸兪は大腿部まで鍼のひびきがあった。

 

第2回(8日目) 
大腿部の痛みは10→3 膝上部に少し残る程度となった。
台所仕事では痛くならなくなった。施術は前回同様。

 

第3回(15日目) 
大腿部の痛みは10→0 腰は仕事が終わるころに少し痛みが出てくるが
以前ほどではない。施術姿位を腹臥位に変更し、
気海兪、大腸兪のみを60㎜-20号に変更した。

 

第4回(21日目) 
大腿部は症状がない。腰は仕事中もあまり気にならなくなった。
月に1回、予防のための来院となる。

 

まとめ

大腿前面の症状には大腿神経という腰から出ている神経が関与しています。

特に施術で使用した、気海兪や、第3腰椎椎間関節は

大腿神経の走行に沿っています。

今回は患者さんの病歴と、症状、所見で
大腿神経痛の可能性が高いと判断をし、

そこから施術部位へのアプローチが
比較的うまくいった症例だと感じています。

台所仕事は腰下肢に負担がかかります。
いつでも休める椅子を近くに用意しておくとよろしいかと
思います。

 

腰部脊柱管狭窄症-半年続く腰下肢痛(鍼灸症例)

自転車

 

腰部脊柱管狭窄症-半年続く腰下肢痛(鍼灸症例)

 

腰部脊柱管狭窄症は高齢者に多く、腰と足に
痛みとしびれをきたします。

いわゆる坐骨神経痛」という症状を引き起こすのですが、
特徴的なのは「間欠性跛行」という、歩くと足の痛みや
しびれが強くなり、距離を歩くことができなくなる症状がありま
す。

しばらく休んだり、前かがみになると症状は和らぎ、
再び歩くことができます。

腰部脊柱管狭窄症については
「鍼灸院でよくみる5つの腰痛」の腰部脊柱管狭窄症を
ご覧ください。

今回は「腰部脊柱管狭窄症」に対する鍼灸の一症例を紹介いたします。

(この症例は患者さんが特定されないよう、一部変更を加えてあります。)

 

腰部脊柱管狭窄症の鍼灸症例

 

患者:70代、男性

主訴:左腰下肢の痛みとしびれ

現病歴

半年前から左腰と足が痛みはじめ、眠れないほどだった。

左大腿後側、下腿後側、外側に痛み、しびれがある。
足の指では母趾、示趾、中趾にしびれがある。

少しあるくと、足全体が痛くなり、歩けなくなる。
自転車では痛くならない。

ひとつめの整形外科では「腰椎分離すべり症」と診断される。
二番目の整形外科では「腰部脊柱管狭窄症」の診断をうける。

 

三か月間リハビリ、マッサージを行い、痛みどめを服用してていたが、
だんだん痛みなしに歩ける距離が短くなってきた。

具体的には近所の公園を以前は1週できたのが、
現在は4分の1ほどしか歩けない。

半年前より腰痛は良くなったが、足や歩行時の症状は
悪くなっている気がする。

夜間痛、安静時痛、原因不明の体重減少などはない。

今まで大きな病気もない。このままリハビリでよくなるかどうか不安。

飲酒、喫煙習慣無し。排便、排尿に問題なし。

 

診断:「腰部脊柱管狭窄症」(神経根型)

根拠:「間欠性跛行」の存在・自転車では痛くならないこと・
    坐骨神経痛の存在

 

鍼灸施術とその指標 

①腰下肢症状の緩和 ②歩行距離の改善 を目的としました。

第1回

左上側臥位にて、L3,4,5椎間関節、大腸兪、関元兪、梨状、上胞膏、
足三里、陽陵泉にステンレス鍼40㎜-18号で置鍼15分。
軽めのストレッチを加える。

 

第2回(7日目)

初診後にだるさなどが出なかったため、使用する鍼を変更し、
椎間関節以外はステンレス鍼50㎜-20号で置鍼15分

 

第3回(14日目)

痛みとしびれは3割ほど残る程度、2回目の施術後に変化があったと
伝えられる。関元兪と梨状のみステンレス鍼60㎜-22号に変更

 

第4回(21日目)

公園を休まず1周することができた。あまりに長く歩くと
足が疲れることもあるが、翌日には回復するとのこと。
痛みとしびれは1.2割程度。

 

追記
初診時から2年経過した現在でも、経過は順調。
日課である3㎞の散歩もほぼ毎日できていますし、
痛みやしびれもありません。(2015.8)

 

まとめ

腰部脊柱管狭窄症の施術は容易ではないと感じています。

今回は早い段階で変化があり、効果も出たと感じています。

同じ腰部脊柱管狭窄症でも、同様に施術したからうまくいくとは
限らないこともあります。

症状の改善度合いは、その病態の程度(発症してからの期間や、
痛みの強さ、歩行距離の短さなど)と施術内容によるところが
大きいと思われます。

難しいながらも、今回のようにお医者さんでもなかなかうまく
行かないケースでは、鍼灸でお役にたてることもあると思います。

 

*自転車では痛くならないのが腰部脊柱管狭窄症の特徴です

 

慢性腰痛と坐骨神経痛

坐骨神経痛

 

慢性腰痛と坐骨神経痛

 

坐骨神経痛の鑑別と鍼灸が適応される状態について、
症例を通じてご案内しています。

この症例は患者さんが特定されないよう、一部変更を加えてあります。

 

鍼灸症例

 

患者
50代、女性

主訴
慢性腰痛と坐骨神経痛

受診動機
痛みとしびれが強くなってきていること、
胃の調子が悪く痛み止めが服用できなくなってきたこと。

病歴

5-6年前から、腰全体に突っ張り感がある。4-5年前には右母趾、
示趾にしびれが出始めたが。それほど気にはしてなかった。

スーパーのレジ業務や、陳列作業のせいだと思う。

8か月前から腰の痛みが強くなり始め、整形外科で湿布、
痛み止め(ロキソニン)を処方してもらっていた。

2か月前から痛みが本格的に悪化し、MRIをとったが
特に異常は見当たらなかった。

そのころから、口の中に酸っぱいものがこみあげてくる
呑酸の症状が出て、胃の調子が悪化してきた。
胃カメラにて胃潰瘍の痕が見つかる。

介護、仕事のストレス。薬の影響の両方だと考えている。

1週間前に、腰だけでなく右臀部、右大腿外側・後側、
右外くるぶしに痛みとしびれがではじめた。

リリカを追加で処方される。前かがみになると痛む。
発熱なし。夜間痛はない。体重も変化がない。

胃の調子は悪いが食事はとれる。睡眠も正常。
痛み、しびれはあるが歩くことはできる。

 

身体診察 

右第4腰椎、第5腰椎椎間関節に圧痛。
放散痛は特に見当たらない。

 

除外鑑別

 ①腰椎椎間板ヘルニア:ヘルニアと考えるには経過が長すぎる。
            MRIなどの画像所見でも確認されない。

 ②腰部脊柱管狭窄症:前かがみでも楽にならない。歩行に問題がない。
 ③椎間関節性腰痛:外くるぶしに症状があること。

 

診断

慢性腰痛と神経根障害

変形性腰椎症による坐骨神経痛の可能性もありそうですが、
「腰椎の変形」の所見は病院では指摘されていない。

施術とその経過

初診

腹臥位は腰の痛みのため、不可。
右上側臥位にて、50㎜-20号にて第3.4.5椎間関節、
上胞膏、足三里、陽陵泉、60㎜-22号にて大腸兪、
関元兪、梨状、に置鍼20分。

 

2回目(4日目)

痛み、しびれは軽減している。
仰向けになると腰の突っ張り感が気になる。
仕事は以前より気にせずできている。

腹臥位は今回は可能。50㎜-20号にて第3.4.5椎間関節、
60㎜-22号にて大腸兪、関元兪にて置鍼15分。
右上側臥位にて、腰臀部にパルス鍼10分

 

3回目(10日目)

高いところのものを取るときのみ腰が痛む。
施術は前回通り。

 

4回目(20日目)

仰向けでも腰が気にならない。症状は1.2割程度となる。
仕事も通常通り可能。胃の調子が良くなり。
飲酒もできるようになる。

 

5回目(30日目)

美容院での90分座っている姿勢、シャンプーのときの
腰を反った姿勢も問題なかった。
日帰りの車での旅行でも症状がでなかった。

 

6回目(37日目)

腰の痛みも不安も落ち着いたので、施術終了。

 

施術を終えて

 

慢性腰痛による痛み止めの薬剤の長期服用、さらに仕事や
介護のストレスで胃症状が現れたと推察される症例でした。

今回のように、痛み止めが服用しずらい状況では
鍼灸がお役にたてることがあります

坐骨神経痛の原因が、腰椎椎間板ヘルニアでもなく、
腰部脊柱管狭窄症でないことは病歴や、病院での画像所見を
併せてみても明らかでした。

慢性腰痛による神経根の圧迫によって
坐骨神経痛が生じたと今回は考えました。