埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
腰部脊柱管狭窄症-半年続く腰下肢痛(鍼灸症例)

腰部脊柱管狭窄症-半年続く腰下肢痛(鍼灸症例)

自転車

 

腰部脊柱管狭窄症-半年続く腰下肢痛(鍼灸症例)

 

腰部脊柱管狭窄症は高齢者に多く、腰と足に
痛みとしびれをきたします。

いわゆる坐骨神経痛」という症状を引き起こすのですが、
特徴的なのは「間欠性跛行」という、歩くと足の痛みや
しびれが強くなり、距離を歩くことができなくなる症状がありま
す。

しばらく休んだり、前かがみになると症状は和らぎ、
再び歩くことができます。

腰部脊柱管狭窄症については
「鍼灸院でよくみる5つの腰痛」の腰部脊柱管狭窄症を
ご覧ください。

今回は「腰部脊柱管狭窄症」に対する鍼灸の一症例を紹介いたします。

(この症例は患者さんが特定されないよう、一部変更を加えてあります。)

 

腰部脊柱管狭窄症の鍼灸症例

 

患者:70代、男性

主訴:左腰下肢の痛みとしびれ

現病歴

半年前から左腰と足が痛みはじめ、眠れないほどだった。

左大腿後側、下腿後側、外側に痛み、しびれがある。
足の指では母趾、示趾、中趾にしびれがある。

少しあるくと、足全体が痛くなり、歩けなくなる。
自転車では痛くならない。

ひとつめの整形外科では「腰椎分離すべり症」と診断される。
二番目の整形外科では「腰部脊柱管狭窄症」の診断をうける。

 

三か月間リハビリ、マッサージを行い、痛みどめを服用してていたが、
だんだん痛みなしに歩ける距離が短くなってきた。

具体的には近所の公園を以前は1週できたのが、
現在は4分の1ほどしか歩けない。

半年前より腰痛は良くなったが、足や歩行時の症状は
悪くなっている気がする。

夜間痛、安静時痛、原因不明の体重減少などはない。

今まで大きな病気もない。このままリハビリでよくなるかどうか不安。

飲酒、喫煙習慣無し。排便、排尿に問題なし。

 

診断:「腰部脊柱管狭窄症」(神経根型)

根拠:「間欠性跛行」の存在・自転車では痛くならないこと・
    坐骨神経痛の存在

 

鍼灸施術とその指標 

①腰下肢症状の緩和 ②歩行距離の改善 を目的としました。

第1回

左上側臥位にて、L3,4,5椎間関節、大腸兪、関元兪、梨状、上胞膏、
足三里、陽陵泉にステンレス鍼40㎜-18号で置鍼15分。
軽めのストレッチを加える。

 

第2回(7日目)

初診後にだるさなどが出なかったため、使用する鍼を変更し、
椎間関節以外はステンレス鍼50㎜-20号で置鍼15分

 

第3回(14日目)

痛みとしびれは3割ほど残る程度、2回目の施術後に変化があったと
伝えられる。関元兪と梨状のみステンレス鍼60㎜-22号に変更

 

第4回(21日目)

公園を休まず1周することができた。あまりに長く歩くと
足が疲れることもあるが、翌日には回復するとのこと。
痛みとしびれは1.2割程度。

 

追記
初診時から2年経過した現在でも、経過は順調。
日課である3㎞の散歩もほぼ毎日できていますし、
痛みやしびれもありません。(2015.8)

 

まとめ

腰部脊柱管狭窄症の施術は容易ではないと感じています。

今回は早い段階で変化があり、効果も出たと感じています。

同じ腰部脊柱管狭窄症でも、同様に施術したからうまくいくとは
限らないこともあります。

症状の改善度合いは、その病態の程度(発症してからの期間や、
痛みの強さ、歩行距離の短さなど)と施術内容によるところが
大きいと思われます。

難しいながらも、今回のようにお医者さんでもなかなかうまく
行かないケースでは、鍼灸でお役にたてることもあると思います。

 

*自転車では痛くならないのが腰部脊柱管狭窄症の特徴です

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です