埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
慢性腰痛と坐骨神経痛

慢性腰痛と坐骨神経痛

坐骨神経痛

 

慢性腰痛と坐骨神経痛

 

坐骨神経痛の鑑別と鍼灸が適応される状態について、
症例を通じてご案内しています。

この症例は患者さんが特定されないよう、一部変更を加えてあります。

 

鍼灸症例

 

患者
50代、女性

主訴
慢性腰痛と坐骨神経痛

受診動機
痛みとしびれが強くなってきていること、
胃の調子が悪く痛み止めが服用できなくなってきたこと。

病歴

5-6年前から、腰全体に突っ張り感がある。4-5年前には右母趾、
示趾にしびれが出始めたが。それほど気にはしてなかった。

スーパーのレジ業務や、陳列作業のせいだと思う。

8か月前から腰の痛みが強くなり始め、整形外科で湿布、
痛み止め(ロキソニン)を処方してもらっていた。

2か月前から痛みが本格的に悪化し、MRIをとったが
特に異常は見当たらなかった。

そのころから、口の中に酸っぱいものがこみあげてくる
呑酸の症状が出て、胃の調子が悪化してきた。
胃カメラにて胃潰瘍の痕が見つかる。

介護、仕事のストレス。薬の影響の両方だと考えている。

1週間前に、腰だけでなく右臀部、右大腿外側・後側、
右外くるぶしに痛みとしびれがではじめた。

リリカを追加で処方される。前かがみになると痛む。
発熱なし。夜間痛はない。体重も変化がない。

胃の調子は悪いが食事はとれる。睡眠も正常。
痛み、しびれはあるが歩くことはできる。

 

身体診察 

右第4腰椎、第5腰椎椎間関節に圧痛。
放散痛は特に見当たらない。

 

除外鑑別

 ①腰椎椎間板ヘルニア:ヘルニアと考えるには経過が長すぎる。
            MRIなどの画像所見でも確認されない。

 ②腰部脊柱管狭窄症:前かがみでも楽にならない。歩行に問題がない。
 ③椎間関節性腰痛:外くるぶしに症状があること。

 

診断

慢性腰痛と神経根障害

変形性腰椎症による坐骨神経痛の可能性もありそうですが、
「腰椎の変形」の所見は病院では指摘されていない。

施術とその経過

初診

腹臥位は腰の痛みのため、不可。
右上側臥位にて、50㎜-20号にて第3.4.5椎間関節、
上胞膏、足三里、陽陵泉、60㎜-22号にて大腸兪、
関元兪、梨状、に置鍼20分。

 

2回目(4日目)

痛み、しびれは軽減している。
仰向けになると腰の突っ張り感が気になる。
仕事は以前より気にせずできている。

腹臥位は今回は可能。50㎜-20号にて第3.4.5椎間関節、
60㎜-22号にて大腸兪、関元兪にて置鍼15分。
右上側臥位にて、腰臀部にパルス鍼10分

 

3回目(10日目)

高いところのものを取るときのみ腰が痛む。
施術は前回通り。

 

4回目(20日目)

仰向けでも腰が気にならない。症状は1.2割程度となる。
仕事も通常通り可能。胃の調子が良くなり。
飲酒もできるようになる。

 

5回目(30日目)

美容院での90分座っている姿勢、シャンプーのときの
腰を反った姿勢も問題なかった。
日帰りの車での旅行でも症状がでなかった。

 

6回目(37日目)

腰の痛みも不安も落ち着いたので、施術終了。

 

施術を終えて

 

慢性腰痛による痛み止めの薬剤の長期服用、さらに仕事や
介護のストレスで胃症状が現れたと推察される症例でした。

今回のように、痛み止めが服用しずらい状況では
鍼灸がお役にたてることがあります

坐骨神経痛の原因が、腰椎椎間板ヘルニアでもなく、
腰部脊柱管狭窄症でないことは病歴や、病院での画像所見を
併せてみても明らかでした。

慢性腰痛による神経根の圧迫によって
坐骨神経痛が生じたと今回は考えました。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です