埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
ストレス

【文献】うつ病と鍼灸

【文献】うつ病と鍼灸

先日、NHK「東洋医学ホントのチカラ」という番組内で、
「うつ病と鍼灸」について取り上げられていました。

番組内ではイギリスの ヒュー・マクファーソン 教授による報告が紹介されていました。

「うつ病と鍼灸」について、同教授による文献を少し探してみました。



*誤訳の可能性もありますので、原文での確認をお願いいたします。

Acupuncture for Depression: A Systematic Review and Meta-Analysis.


(うつ病の鍼治療-システマティックレビューとメタ分析)

PMID: 31370200

背景

うつ病は、一般的に抗うつ薬、心理的介入で治療されます。

うつ病の患者は、補完代替療法としての鍼治療の対象となっています。

システマティックレビューとメタ分析によって、
大うつ病性障害における鍼治療の有効性が検討されました。


方法

1980年から2018年11月にかけてイギリス、中国、韓国のデータベースから
マニュアル鍼、電気鍼またはレーザー鍼を使用した臨床試験を選んでいます。

結果

2268人の参加者を含む29の研究が適格であり、メタ分析に組み込まれていました。
中国で22件、中国以外で7件の試験が実施されました。

鍼治療は、通常のケアと比較してうつ病の重症度の臨床的に有意な低下を示しました。
(g= 0.41、95%CI 0.18~0.63)

偽鍼との比較(g = 0.55、95%CI 0.31~0.79)

抗うつ薬の補助として(g = 0.84、95%CI 0.61〜1.07)

鍼治療の回数の増加とうつ病の重症度の減少(p = 0.015)の間に
有意な相関関係が見つかりました。


制限事項

試験の大部分は、盲検化に対してバイアスのリスクが高かった。

中国では高頻度の治療回数のため、中国の集団の所見を他の集団に
適用できるかどうかは不明です。

大多数の試験では、試験後の追跡調査は報告されておらず、
安全性の報告は不十分でした。


結論

鍼治療は、通常のケアと標準的な抗うつ薬の適切な補助療法となります。

読んでみて

指摘されているバイアスの問題や、治療頻度が多すぎると患者さんの
負担が増すことも考えられます。

Acupuncture, counselling or usual care for depression and comorbid pain: secondary analysis of a randomised controlled trial.

(痛みを伴ううつ病に対する鍼治療、カウンセリング、通常のケア:ランダム化比較試験の二次分析)

PMID: 24793257

【背景】

痛みを伴ううつ病は、さまざまな治療に対する反応不良と関連しています。

この二次分析の目的は、痛みを訴える患者が、鍼治療、カウンセリング、
または通常のケアに反応して徐々に「うつ」と「痛み」が異なるものかどうかを
判断することでした。

【方法】

ランダム化比較試験によって、 755人の患者を 、通常のケア(151)と比較し、
鍼治療(302)、カウンセリング(302)で、うつ病および痛みの
自己申告を一連の回帰モデルと共分散分析を使用して分析します。

評価尺度はPatient Health Questionnaire (PHQ)-9(うつ病)、SF36(身体痛)、
EQ-5Dを使い、治療開始前、3、6、9、12ヵ月で計測した。

【結果】

治療開始前、755人の患者がEQ-5Dの痛みのカテゴリーを報告しました。
384人(50.9%)は中等度から極度の痛みを報告した。

治療開始前のうつ病を制御する線形回帰モデルは、治療開始前の痛みの存在が、
3か月の平均差= -1.16(95%CI 0.12〜2.2)でのうつ病の予後不良と
関連することを示しました。

治療開始前で中程度から極度の痛みのある参加者は、鍼治療を受けた場合、
3ヶ月でより良くなりました

Patient Health Questionnaire (PHQ)-9の平均減少率= 6.0、95%CI 5.0~7.1

SF-36(身体痛)の平均減少率= 11.2、95%CI 7.1〜15.2


カウンセリング群の平均減少率 =4.3、95%CI 3.3~5.4; 7.6、95%CI 3.6~11.6

通常のケア群の平均減少率=2.7、95%CI 1.50~4.0:7.2、95%CI 2.3~12.1


痛みのない比較群においては、治療手段には顕著な違いは見られませんでした。

【結論】

治療前にうつ病と痛みのある患者は、うつ病で痛みのない患者よりも
3ヶ月以上の治療で回復が少なかった。

うつ病と痛みの両方の減少は鍼治療群で最も顕著であり、
カウンセリング群、そして通常のケアグループ群がそれに続きました。

読んでみて】

うつ症状に痛みが伴いほうが、回復がスムーズである可能性がある。
またうつ症状と痛みの両方に鍼治療の可能性があることが示唆されている。

Patient Health Questionnaire (PHQ)-9:うつ病の評価尺度

SF-36、EQ-5D:健康関連の尺度

Acupuncture and counselling for depression in primary care: a randomised controlled trial.

(プライマリケアでのうつ病に対する鍼治療とカウンセリング ランダム化比較試験)

PMID: 24086114 

【背景】

うつ病は重要な死亡原因です。
多くの患者は、非薬物療法への関心を一般開業医に伝えています。

プライマリケアでのうつ病に対する鍼治療とカウンセリングの
システマティックレビューでは限定的なエビデンスがあります。

この研究の目的は、プライマリケアでのうつ病患者の鍼治療と通常のケア
およびカウンセリングと通常のケアを比較することでした。

【方法と所見】

ランダム化比較試験では、うつ病( Beck Depression Inventory BDI-II score
ベックうつ病評価スコア20以上)の患者755人が、イングランド北部の
27のプライマリケア診療所から募集されました。

患者は、鍼治療(302)、カウンセリング(302)、および通常のケアのみ(151)に
対して2.2.1の比率を使用して、3つの方法のいずれかに無作為に割り付けられました。

主な結果は、3ヵ月後の Patient Health Questionnaire (PHQ-9)スコアの差であり、
12ヵ月後の追跡調査で二次分析が行われました。ITT解析によって行われました。


PHQ-9データは、3か月で614人の患者、12か月で572人の患者で利用可能でした。
患者は、鍼治療平均10回と9回のカウンセリングに参加しました。

通常のケアと比較して、PHQ-9うつ病スコアに統計的に有意な減少がありました。

3か月後
鍼治療(-2.46、95%CI -3.72から-1.21)
カウンセリング(-1.73、95%CI -3.00〜-0.45)

12か月後
鍼治療(-1.55、95%CI -2.41〜-0.70)
カウンセリング(-1.50、95%CI -2.43〜- 0.58)。

鍼治療とカウンセリングの違いは有意ではありませんでした。

この試験は特定の効果と非特定の効果を区別するようには
設計されていません。

重篤な治療関連の有害事象は報告されていません。

【結論】

うつ病患者に対する鍼とカウンセリングの
ランダム化比較試験では、プライマリケアで一般開業医に相談した後、
両方への介入は通常のケア単独と比較して、3ヶ月でうつ病の
有意な減少と関連していた。

Beck Depression Inventory BDI-II score:うつ病評価尺度

【最後に】

NHKの番組や、文献などから鍼治療がうつ病に貢献できる可能性が示唆されています。
一方、現時点で鍼治療は決して万能ではなく、まだ標準治療ではありません。

鍼灸院を受診した「うつ病」の可能性がある患者さんには
第一に専門医を受診していただくこと、その上で「痛み」などの身体症状に対して
鍼治療が補助的にできることを考慮すること。

それらの適切な対応が患者さんの回復の一助になればと当院では考えています。





「ストレスのセルフケア」:NHK「キラーストレス」から

 

「ストレスのセルフケア」:NHK「キラーストレス」から

はりもにあるストレス関連本

 

先日NHKで放送された
「キラーストレス ストレスから脳を守れ 最新科学で迫る対処法」
を拝見しました。

ストレス対策として「コーピング」と
「マインドフルネス」の入門編が紹介されていました。

両方とも、ストレスマネジメントのセルフケアの方法です。

自分でできる点がいいですよね。


「マインドフルネス」というセルフケア

番組では、「コーピング」を実際に取り入れている宇宙飛行士の方
の例や、「マインドフルネス」を出演者全員で実践していました。

「マインドフルネス」については下記3点が印象に残りました。

  • 宗教性を除外している
  • 実際に脳の偏桃体に好影響がある
  • 科学的に効果が認められている


その内容や、方法、注意点は番組のホームページで詳しく紹介されて

いますので、関心のあるかたはぜひご覧ください。

 

身体と心-「心身相関」


鍼灸治療院には、腰痛や、膝痛などいわゆる関節や筋肉に
問題がある「整形外科疾患」の方が主にお見えになります。

そのような疾患でも慢性化すると日常生活に様々な
影響があり、身体だけでなく、心の面にも支障をきたします。

たとえば、腰椎椎間板ヘルニアの患者さんは、初期の痛みがあまりに
強すぎたため、その記憶が残り、再発の不安をしばらくの
期間抱えていることが多いです。

一方で、身体を動かす生活を送っていなくても、精神的な
緊張・不安は筋肉の緊張につながります。

たびかさなるストレスで、無意識に顎に力が入り、顎関節症
になる方。頸、肩に緊張が強くなり緊張性頭痛になる方などがおられます。

「身体から心に」、「心から身体に」とまさに
「心身相関」だと思われます。

当院は鍼灸治療院ですので、「鍼灸」「マッサージ」などの手段で
緊張を緩め、日常生活の注意点やストレッチなどでその緊張が
長く続かないようにアプローチしています。

同時に、精神的な緊張をもっと緩和する具体的な方法は
ないだろうかと考えています。

 

「書き出す」「筋肉の緊張をゆるめる」のは価値ある方法

今回番組で紹介されていた
コーピング」「マインドフルネス」は
一般の方が自分でできる「入門編」を紹介しており、
自分のストレスマネジメントに活用できる有効な
手段のひとつだと思います。

私自身「コーピング」を数年前に「認知行動療法入門」
(伊藤絵美 著)で知り、
自身のストレス解消法をノートに書き出し、
見返し、その都度うまく活用しています。

番組でもありましたが、解消法の「数」をたくさん書きだすのは
本当に重要だと実感しました。

数が少ないと、その解消法に慣れてしまったり、あまり同じような種類
の解消法だと効果が最初ほど見込めない感じがしました。

思いついたらなるべく書き足したり、ちょっと種類の違う
解消法を検討したりしています。

あまりに多くのストレスが環境変化などで押し寄せたときに、
2-3行の日記などを就寝前に書くことで、冷静にご自身の
状況を把握できた患者さんがおられます。

さらに、それをかかりつけ医に診てもらうことで、
患者さんも医師もお互いに状態を把握できて
よかったと喜んでおられました。

お薬手帳のメモ欄を活用されたりもしています。

 

番組に出演され「マインドフルネス」を紹介していた
医師・熊野宏昭氏の著書「ストレスに負けない生活」があります。

ストレスから、ストレスがたまりやすい人の生活習慣、
ストレスの管理方法などが細かく書かれています。

筋肉の緊張をゆるめ、脳の状態を変化させることや、
うまく力を抜く方法、また継続的に行う重要性など
具体的に役に立つ内容です。

「ストレスを減らしてくださいね」だけでは、あまり具体的な
アドバイスとはいえませんし、実践不可能なことも多いでしょう。

しかしながら「ストレス」を知り、「ストレス」に対する
具体的な方法が自分でできるものであるのは
検討・トライしてみる
価値は十二分にあると思います。

 

 

うつ病と鍼灸-睡眠の大切さ

勉強会

 


うつ病と鍼灸-睡眠の大切さ

 

うつ病と鍼灸、2か月に1度参加している勉強会での今回のテーマでした。

発表者が実際の症例を提示し、参加者全員で「うつ病」だけでなく
「薬」や「副作用」の問題、また鍼灸師にできることを意見交換いたしました。

 

今回の症例は、単に鍼をして症状が改善した内容ではなく、
患者さんが抱えている疑問や不安、ご家族や医療者との関係、
多剤処方や副作用の問題などを考える貴重な機会となりました。

 

「薬」の問題点が目立って報道されたりする一方で、
「薬」で良くなられた方の報道はあまり目立たなかったり、
少なかったりする印象があります。

 

「薬=怖い・悪」のイメージを持つ患者さんは鍼灸院には
多いと思うのですが、私がわけを聞いてみると
「なんとなく」だったりすることもあります。

 

これまでも私が患者さんに、いろいろお話を聴いたうえで
心療内科の受診を促し、数回の服薬で楽になった方もおられました。

「薬」のメリット・デメリットが報道などで並列に扱われて、
冷静かつより良い選択を患者さんができる環境が整えばと思っています。

 

睡眠


睡眠の重要性(2015.11.18加筆分)

以上の勉強会の内容を書いてから、1年以上経過しますが、
「うつ」傾向の患者さんは時折お見えになります。



当院では、患者さんのお話をよく聴いたり、頭痛や肩こりなど、
「うつ」傾向の患者さんが訴える症状を鍼灸や、手技で対応しています。

 

特に生活習慣については、「睡眠」と「食事」については細かく
確認していますが、「睡眠」がいかに大切かをあらためて
気づかされた経験がありました。

 

初診時から疲れ切った表情の患者さんは、お仕事でのストレスなどのせいか、
平日は夜遅くまで起きており、休日に寝だめをされて、
夕方に起床するといった習慣が長く続いていました。

お一人暮らしでしたので、食事の内容は偏りがありましたが、
食欲はあり、三食召し上がっていました。

 

時折り早朝覚醒や、入眠障害などがあったため
「睡眠」に問題があると考えました。

 

まずは、平日なるべく早く床につき、休日もなるべく平日と同じ時間に
起きていただくようアドバイスいたしました。

職場環境は簡単に変えられないですが、まずはご自身でできることを。
ご自分の力でコントロールしにくい要素にこだわりすぎず、
逆に少しの努力でコントロールでき、効果が期待できそうな
生活習慣には積極的に取り組んでもらうように促しました。

 

ご自分でも気づいておられたのか、2か月もすると、
随分心身共に楽になられました。

 

食事の内容にも自炊をするなどして積極的に取り組む意欲が
わいてこられました。残業などで、たまに睡眠のリズムが
変わることもありましたが、「良質な睡眠」がいかにご自身に
必要かを気づかれたので、その後はご自身で調整できるようになりました。

 

先日、書籍「うつの8割に薬は無意味」 (井原裕 著)を読み、
「良質な睡眠」と「断酒」がいかに大切かを再確認いたしました。

 

「うつ」にもさまざまな程度があるとおもいますが、前述の患者さんの
経験から「睡眠」「食事」「飲酒などの生活習慣の確認、
アドバイスをより適切に行うのが鍼灸師の重要な役割のひとつだと考えました。

 


 「うつの8割に薬は無意味」