埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
手根管症候群

手術前・手術後の手根管症候群-鍼灸2症例

 

手術前・手術後の手根管症候群の鍼灸2症例

 
今回は手術前の手根管症候群と手術後の手根管症候群の
2つの症例をご紹介いたします。
 
手根管症候群に対して、鍼灸は保存療法の一つです。
 
手術を希望せずお見えになる方が大半ですが、
鍼灸に限らず、一定期間の保存療法で改善が見られない場合、
手術の適切なタイミングを妨げないことも重要です。
 
また、手術後に痛みや、しびれ、違和感、つっぱり感などを
訴えて鍼灸院にお見えになる方もいます。
 
どちらも簡単なものではありませんが、以下の症例が
ご参考になれば幸いです。
 
下記症例は患者さん個人が特定されないよう内容に変更を加えております。
 
 
手術に至らなかった手根管症候群の鍼灸症例
 
 
患者:30代、女性
 
病歴
 
2ヶ月前から違和感、1ヶ月前からしびれが始まる。
右前腕橈側の感覚が低下している。
右母指、示指、中指、に痛み、しびれがある。
 
近隣の整形外科で「手根管症候群」と診断を受ける。
 
ビタミン剤が処方されるが症状は軽減されない。
 
夜間痛あり、起床時が最も痛みが強い。
就寝時に朝が来るのが怖く、あまり眠れない。
 
中指にバネ指がある。
 
朝、蛇口をひねるのが辛い、ペットボトルの蓋を開けれない。
 
仕事は週5日、5時間の調理業務
 
前腕のストレッチをすると、少し楽になる。
湿布はしていない。
 
首、肩こりはあるが頚椎の動きによる
上肢症状の増悪はない
 
既往歴なし
 
 
身体診察
 
ファレンテスト(+)
ハンドダイアグラム
 
ルーステストは施行するも不明
 
手根部、手掌部の押圧でいくつか指に放散痛が
再現される。
 
 
施術方針
 
まずは夜間痛の軽減を第一目的とする。
 
症状が半分位になるまでは週1回の頻度の施術を
提案するが、仕事との兼ね合いをみながらの
頻度となる。
 
 
 
初診
 
前腕前側の緊張が強く、母指が内転位になっている。
右上側臥位にて右肩上部、側頸部に電気ていしん、電気温灸器と指圧。
 
仰臥位にて、右前腕、母指球に電気ていしん、電気温灸器を加える。
 
 
第2回(9日目)
 
朝の痛みは変化なし。夜間痛は頻度が減る。蛇口をひねるのは少し楽になる。
中指のバネ指は変わらず。指のしびれも変化なし。
 
日中、仕事中は症状を忘れられる。
施術日、翌日、翌々日まで調子は良かった。
 
前回の施術に加え肘周囲の緊張部位にも施術を加える。
また、前腕の硬結部位に数本置鍼を加える。
 
 
第3回(22日目)
 
大きな変化がない。バネ指の頻度が少し減った程度。
 
 
第4回(36日目)
 
朝、中指が動かしづらい。夜間痛はほとんどない。
夜、前腕を触ってみると冷えていることが多い。温めると
少し楽になる。
 
ツボでいう「郄門」付近、深指屈筋や母指球外側の押圧で、
指に放散する部位があることが判明。
そこから尾側へ2.3㎝の部位の押圧で、バネ現象が軽減する部位を
確認。
 
手根管
 
 
 
変化が乏しいため、置鍼に加え、旋捻、雀琢を加える。
これまで取りきれなかった前腕の緊張部位が大幅に小さくなる
 
自宅灸を行ってもらうことにする
 
 
第5回(51日目)
 
前回の施術の直後から、急激に改善されたとのこと。
夜間痛ほぼなし。バネ指も頻度と程度が大幅に減る。
 
施術は前回通り。
 
 
2週間後、仕事が10日ほど休みになり、手を休めることができた。
それから、2ヶ月経過してからも、症状の再発がないとの
連絡をいただき、終了となった。
 
 
施術を終えて
 
夜間痛など、症状が強く、仕事での負担も大きかったが、
当初は鍼をなるべく使わず、
電気ていしんなど弱めの
施術から始めた。
 
前腕全体の強いむくみと緊張は取れた一方で、
前腕前側の硬結部位がより明確になったが取りきれず、
改善のスピードもゆるやかでした。
 
 
夜間痛に改善が乏しいことから、これ以上改善が見られない場合、
医師と手術の相談をしていただくことを考える。
 
4回目の施術で緊張部位が鍼により縮小しました。
さらに自宅灸とまとまったお休みにより、
負担が減ったため、大幅な症状改善につながったと感じています。
 

以前は「手根管部」に直接鍼をしていましたが、改善も限定的でした。
今回の施術では「手根管部」に鍼はしておりません。
 
昨今、「筋膜」という筋肉を包む膜に注目があたり、
理学療法士による報告でも、
「手根管部」ではなく、
関連する「筋膜」をゆるめることで、

手根管症候群の改善をもたらした例を読んだことがあります。
 
今回の症例と同様に前腕の緊張部位を手によって緩めたものでした。
 
「手根管」そのものではないところに、原因があることを
確認できた一例となりました。
 
 
 
 
手根管症候群手術後のつっぱり感
 
 
患者 70代 女性
 
病歴

8か月前、左手の手根管症候群と母指腱鞘炎の手術を行う。
術後は、痛みが10→7となる。
術後は痛みどめの薬の処方だけを受ける。
 
現在左手の痛みは7→1ほど。しびれが残っている。
最近、ようやく左手に時計ができるようになった。
 
左手の手術痕、特に母指球のつっぱり感が最も気になる。
 
 
手根管2
 
 
手術痕に対する突っ張り感、冷感は直接お灸をすることが
多いです。
 
この患者さんは喘息はありませんが、日常的に咳き込むことがあるため、
煙の出るお灸は使用できませんでした。
 
 
手術後もあまり動かしてないこと、動かし方の
リハビリ指導も受けてないため、手にむくみが認められました。
 
患者さん自身が鍼が怖いこともあり、
電気ていしんと電気温灸器で対応した。
 
 
3回目くらいから突っ張り感の軽減がみられ始めました。
 
滑走性を促すトレーニングのプリントを確認し、
自宅で行っていただく。(目薬をさす時についでに行ってもらう)
 
本当に徐々にですが、滑走性のトレーニングを加えてから
お見えになるたびに突っ張り感の程度と頻度が
減りました。3か月もするとほとんど感じないようになりました。

施術やトレーニングで血流改善がなされ、回復につながったと
感じています。

 
 
 
 
 
 

[文献]手根管症候群に対する鍼治療による第一体性感覚野の再編成

手根管症候群に対する鍼治療

 

手根管症候群に対して、症状のある側の手だけでなく、反対側の手、または足への鍼灸治療による症状改善を示唆した文献を紹介します。

Rewiring the primary somatosensory cortex in carpal tunnel syndrome with acupuncture.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28334999

 

*自己学習も兼ねて、鍼灸の海外文献を紹介する記事です。誤訳の可能性もありますので、原文での確認をお願いいたします。

 手根管症候群に対して、手の局所への鍼、手から遠位である足への鍼、
そして偽鍼を比較した文献となります。


脳画像の所見も併せて、局所だけでなく
遠位からのアプローチの可能性を示唆する内容です。

 

背景

 手根管症候群は、最も頻度の高い絞扼性神経障害であり、
手首の正中神経に影響を及ぼす。
 
鍼治療は低侵襲性で伝統的な治療法であり、複雑な実践様式に根ざしているが、
鍼治療は末梢を対象とした神経を調節する多くの治療法と重なる部分があります。
 
しかしながら、主観的/心理的、客観的/生理学的結果をもたらした
鍼治療の効果による神経生理学的メカニズムはよく理解されていない。
 
方法
 
患者(n = 80,65女性、年齢:49.3±8.6歳)を登録し、
3つの介入群に無作為化した

(i)患側の手の「局所的な」筋膜への電気鍼治療;
(ii)患側と反対側の足首付近の「遠位」からの筋膜への電気鍼治療;
(iii)プラセボ針を用いた局所的な擬似電気鍼治療。


鍼治療は8週間にわたって16セッションにわたって提供された。

Boston Carpal Tunnel Syndromeによる評価では、ベースライン(治療前)時、
治療後および3ヶ月のフォローアップ時に、痛みおよび知覚障害を評価した。

正中神経感覚潜時および脳画像データを評価する神経伝導研究を、
ベースラインおよび治療後に行った

機能的磁気共鳴画像法は、3桁(2、3および5)にわたる振動触覚刺激を用いて、
第一体性感覚野におけるソマトトピーを評価した

 
結果
 
 3つの鍼治療介入のすべてが症状の重症度を低下させたが、
局所・遠位の鍼は偽鍼よりも神経生理学的アウトカムにおいて、
より優位に改善がみられた。
 
神経生理学的アウトカムとは手首と脳、
つまり知覚神経伝導遅延と脳内の皮質間距離

さらに、筋膜への鍼治療後の第2 /第3桁間皮質間距離の
より大きな改善は、3ヶ月のフォローアップ時の症状の
重症度の持続的改善を予測した。
 
我々はさらに、第一体性感覚野に隣接する白質微小構造の
拡散テンソル画像を用いて、局所鍼と遠位鍼の違いの仕組みを探究した。
 
手根管症候群の患者では、健常成人(n = 34, 28人の女性、49.7±9.9歳)と
比較して、いくつかの領域で異方性比率が増加しており、
これらの領域での異方性比率の減少が正中神経感覚潜時の改善を示唆している

(i)病変部と反対側の手への偽鍼ではない筋膜への鍼 
(ii)局所だが遠位でも偽鍼でもない病変と同側の手への鍼
(iii)遠位にあるが、局所でも偽鍼でもない病変と同側の足への鍼
 
結論
 
これらの第一体性感覚野は、局所的または遠位の鍼治療電気刺激によって
明確に標的化されるので、局所的または遠位部位での鍼治療は、
治療後に第一体性感覚野の明確な神経可塑性によって、
手首の正中神経の機能の改善がみられるかもしれない。
 
我々の研究は、第一体性感覚野のソマトトピーの改善が、
手根管症候群の長期臨床効果を予測できることを示唆している。
 
 
読んでみて
 
手根管症候群は手首にある手根管が絞扼されることで、
痛みや、しびれ、感覚異常が起きる疾患です。
 
手根管や前腕を対象に鍼治療することが一般的です。
 
今回の文献ではその患部である手周辺だけでなく、
反対側の手、そして足へのアプローチにより症状改善の可能性を示唆する
脳画像所見が得られたという内容でした。
 
一見関係がなさそうな足へのアプローチが神経の回復につながるのか、
フルテキストには部位も示されていましたので、臨床に生かしたいと思います。
 
 
#¹  Boston Carpal Tunnel Syndrome Questionnaire:手根管症候群を評価するツール

#² diffusion tensor imaging(拡散テンソル画像):脳の白質の異常をとらえる画像手法

#³ somatotopy(ソマトトピー):身体部位と脳の領域がそれぞれ対応しているという考え

手のしびれ(手根管症候群について)

手のしびれ(手根管症候群)

手のしびれ(手根管症候群について)

 先日、遠方に住む知人が手がしびれるので病院に行ったところ
「手根管症候群」と診断されたと連絡がありました。

一般の方にはあまり聞きなれない言葉です。

 「手がしびれる」訴えは、鍼灸治療院では珍しくありません。

手のしびれの原因は様々ですが、
「手根管症候群」はその原因の約20%を占めている
報告もあり頻度の高い病気です。

 

手根管症候群とは 

「手根管症候群」は手首にある「手根管」という名の
トンネルを通過する正中神経が圧迫され、
しびれや痛みを誘発します。

 

手根管

 

特に女性、なかでも妊娠・出産期と更年期におこることが
多い傾向があります。
これには女性ホルモンが関係しているといわれています。

典型的な症状は最初に、人差し指、中指がしびれ、
その後親指にしびれがでてきますが、小指がしびれることはありません。

夜から朝方にかけて強くあらわれますが、
手を振ると楽になるのが特徴でもあります。

なかには肩や肘、手首の関節に痛みを訴えることもあります。

日常生活では症状が進むと、縫い物がしづらく、
細かいものがつまみにくくなります。

たとえば箸で豆がつかみににくくなります。
しびれ、痛み、動かしづらさが主な症状になります。

まれですが腱鞘炎などと合併することもあります。

病院での治療と検査

病院での治療と検査

医療機関では安静にしながら、装具で固定したり、
注射(ステロイドなど)や飲み薬、
ビタミン剤などを使って治療します。

それでも良くならず手が変形したり、動かしづらいなど
症状が進行した場合は手術をすることもあります。

検査ではMRIやエコー(超音波)、さらに神経の信号の伝わり方なども
機器を使い診断します。

特に超音波による診断は感度89%、特異度98%と優れた診断方法です。

手根管症候群は頸椎症と合併することがあります。
(double crush syndromeといいます)
その時は頸が原因で手がしびれることもあり、
手と頸の両方の検査、治療が必要になります。

治療としてはまず痺れや痛みを取り除くことが第一です。

 

鍼灸と手根管症候群

鍼灸では手根管だけでなく、手首、指を動かす筋肉にアプローチします。
頸椎症との合併がある場合はそちらも対応します。

2012年には軽度~中等度の手根管症候群の患者に週2回、1か月間にわたり
鍼灸治療を行ったところ効果が認められたイランの研究報告もあります。

運動麻痺や、強い夜間痛などがある重度のものを除けば、
手術をなさる前に治療の選択肢のひとつとし貢献できると思われます。

追記分(2018.6.15)

具体的な当院の方法としては、手根管の中を通過する筋・腱を、
特に前腕前面の屈筋群を中心に緩めていきます。

浅指屈筋、深指屈筋、長掌筋、橈側手根屈筋、拮抗筋である伸筋群も同様です。

また手根管の中を通過する正中神経の絞扼部位である
上腕二頭筋腱膜・円回内筋間や上腕内側の
正中神経の走行部位も治療対象です。

手根管症候群は痛み・しびれだけでなく、むくみもあります。
指までむくんでいる方もおられます。

数年前から使い始めた電気ていしんで、むくみを細かく取り除き筋肉を緩めます。
電気ていしんは痛みを感じることなく、時間をかけて行うと変化を実感できるため
活用頻度が本当に増えてきました。

屈筋支帯・腱についてはお灸や電気温灸器を使います。
痛みや、むくみで指を動かせないケースもあり、
こわばらないように他動的に指の関節を動かしたり、
ストレッチを加えることもあります。

手関節の皮線から指先に向かって3㎝が手根管ですので、
圧迫によりしびれや痛みを誘発する部位、
または長掌筋腱と橈側手根屈筋腱の間に鍼をすることもあります。

 

参考資料

手根管症候群の論文(原文)

(短期間、軽度の手根管症候群は鍼灸治療がスプリントやビタミンよりも効果的という内容)

[文献]手根管症候群の鍼治療-ランダム化比較試験

[文献]手根管症候群に対する鍼治療による第一体性感覚野の再編成

手根管症候群の説明(整形外科学会)

手根管症候群 パンフレット

腕、指のしびれ-胸郭出口症候群-手根管症候群(鍼灸治療症例)

腕、指のしびれ-胸郭出口症候群-手根管症候群(鍼灸症例)

 

腕、指のしびれ-胸郭出口症候群-手根管症候群(鍼灸症例)

 

腕・指のしびれの原因はいくつかありますが、
「胸郭出口症候群」もその一つです。

胸郭に持続的な圧迫が加わり、その下の神経を圧迫し、
肩こりやだるさ、腕や指に痛み・しびれなどが生じます。

胸郭出口症候群に特徴的な症状は日常生活の中にあります。
症例を通じて、その症状と経過を紹介いたします。

*下記症例は患者さん個人が特定されないよう、内容に変更を加えております

 

鍼灸症例

患者:60代 女性

主訴:腕・指のしびれ・痛み

現病歴

引っ越し作業を1週間前に終えてから、特に右の小指を除く四指に
強いしびれと痛みを感じる。また前腕尺側(内側)と正中(真ん中)
にもしびれを感じる。傘をさしたり、自転車に乗ると症状が強くなる。

夜、寝ていても痛みを感じる。自分でもんでもあまりよくならない。
もともと頸・肩こりがある。頸の動きでしびれは強くならない。

現在は糖尿病の管理で内科にかかっている。足の指、左の手指には症状はない。

 

身体診察 

しびれのある前腕を押していくと、指のしびれがより強くなる。
手根管部の圧迫では強く指にひびく。 

ルーステスト(+)※1 チネル兆候 (+)※2

 

アセスメント 

頻回な荷物の上げ下ろし、傘をさす、自転車に乗るといった
腕を挙げ続けるころでしびれが強くなる。

ルーステスト(+)などから胸郭出口症候群(圧迫型)※3を疑う。

また手首を圧迫する動作、自転車のハンドルによる手首の圧迫で
悪化していると思われる。夜間痛、糖尿病の既往などを考慮して
手根管症候群※4を疑った。

ダブルクラッシュシンドローム※5 の可能性を考え、
胸郭出口と手根管の二か所の圧迫を軽減する方針で施術
を行った。

 

鍼灸施術と経過

1回目
頚・胸郭出口に鍼をしている間、手指のしびれに変化があり、
程度が少し軽減される。

 

2回目
頚に鍼をしていると、手のしびれがピリピリからボワーとした
感じに変化する。うつぶせでも、しびれなどで手の置き場が
ないようでよく動かされる。

引っ越しの後片付けはまだ完全に終わっておらず、
高いところにおいてあるものをおろさなければならない。

犬の散歩でひっぱられるとしびれが強くなる日もあった。

 

3回目
手作業をし、母指に痛みとしびれを感じたが来院日には
傘を持ち替えずにすんだ。自転車での痛み、夜間の痛みはない。

痛みは母指の内側にのみ少しある。自分の両手をすり合わせた時に
右手のみ違和感がある(知覚障害)頚に鍼をすると、
腕に軽い刺激が伝わる気がする。

 

4回目
右の中指、薬指のみにしびれが残っている。午前中に少ししびれる程度で、
意識しない限り日常生活は以前のように送れる。

ご自宅で胸郭と前腕のストレッチをやっていただく。

 

5回目
ストレッチをしっかりされ、特に入浴中のストレッチが効果的だった
たようで、ほとんどしびれを感じなくなった。

 以前からの肩こりに、引っ越しでの荷物の上げ下ろしが加わり
胸郭に負担をかけ、今回の症状があらわれたと考えました。

自転車に乗っている動作は、腕を上げつづけて胸郭に
負担がかかる面とハンドルに手首をあてることで手根管が圧迫される
2つの要素があります。

手根管症候群の症状は手指の痛み、しびれを主症状とし、
夜間痛のあるケースが多いです。また女性に頻度が高く、
糖尿病も危険因子となります。

施術中にしびれの程度、性状に変化があり、緩解への見込みを
感じました。またストレッチを積極的になさっていただくことで
大きな変化につながった症例でした。

胸郭出口症候群は肩こりの原因のひとつでもあり、特に女性に
多い疾患です。日常生活の注意点などもありますので、
また詳細を次の機会に記す予定です。

補足:通勤時のつり革でも胸郭出口症候群の症状を誘発する姿位となります。

腕、指のしびれ-胸郭出口症候群-手根管症候群

*1 ルーステスト:胸郭出口症候群の有無を確認するための理学検査のひとつ

*2 チネル兆候:神経の圧迫部位を叩打し、痛みやしびれ症状部位に放散するかを
        確認する理学検査のひとつ

*3 胸郭出口症候群:頚から鎖骨周辺を通過する神経の束や血管を圧迫し、
  肩こり、腕のだるさ、しびれなどをおこす疾患の一つです。

*4 手根管症候群:手根管といわれる、手のひら側の手首に骨と靭帯で
  作られた管があります。そこを通過する神経が使いすぎ、ケガ、
  また妊娠・出産時などに圧迫され指にしびれなどを生じる疾患です。

*5 ダブルクラッシュシンドローム:一本の神経で2か所以上の圧迫が生じる。
  今回は胸郭出口と手根管の2か所です。

[文献]手根管症候群の鍼治療-ランダム化比較試験

手根管症候群の鍼治療 ランダム化比較試験

手根管症候群の鍼治療ランダム化比較試験

2012年1月 イランの研究

Acupuncture in treatment of carpal tunnel syndrome: A randomized controlled trial study.

この研究では末梢神経障害で多くみられる
「手根管症候群」に対する鍼治療の効果を評価しています。

特に軽度から中等度の手管症候群を対象にしています。

鍼治療のほかにナイトスプリント(装具)、ビタミンB1、B6、
偽鍼などと比較し、4週間の試験期間を設けて、
GSS(グローバル症状スコア)を使い
どの程度症状の改善が図られたかを統計的に評価しています。

症状は「痛み」「しびれ」「動かしにくさ」
「夜間覚醒」などを判断基準としています。

鍼治療は「大陵」「内関」という手首に近いツボを使っています。
鍼治療の頻度は週に2回です。

結果は72人の患者のうち64人が4週間の試験を終えました。

糖尿病、妊娠によるもの、重篤な手根管症候群の患者は
この試験から除外されています。

研究結果では鍼治療群が他の治療群より
統計学的に優位な差がでています。

今回の研究では「軽度から中等度」「4週間という短期間」という
限定された条件ですが、
装具、ビタミン剤以外の包括的な
治療方法として選択できると思われます。