埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
[文献]手根管症候群の鍼治療-ランダム化比較試験

[文献]手根管症候群の鍼治療-ランダム化比較試験

手根管症候群の鍼治療 ランダム化比較試験

手根管症候群の鍼治療ランダム化比較試験

2012年1月 イランの研究

Acupuncture in treatment of carpal tunnel syndrome: A randomized controlled trial study.

この研究では末梢神経障害で多くみられる
「手根管症候群」に対する鍼治療の効果を評価しています。

特に軽度から中等度の手管症候群を対象にしています。

鍼治療のほかにナイトスプリント(装具)、ビタミンB1、B6、
偽鍼などと比較し、4週間の試験期間を設けて、
GSS(グローバル症状スコア)を使い
どの程度症状の改善が図られたかを統計的に評価しています。

症状は「痛み」「しびれ」「動かしにくさ」
「夜間覚醒」などを判断基準としています。

鍼治療は「大陵」「内関」という手首に近いツボを使っています。
鍼治療の頻度は週に2回です。

結果は72人の患者のうち64人が4週間の試験を終えました。

糖尿病、妊娠によるもの、重篤な手根管症候群の患者は
この試験から除外されています。

研究結果では鍼治療群が他の治療群より
統計学的に優位な差がでています。

今回の研究では「軽度から中等度」「4週間という短期間」という
限定された条件ですが、
装具、ビタミン剤以外の包括的な
治療方法として選択できると思われます。

 

« »

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です