埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
鍼灸による逆子治療の費用対効果-オランダの研究

鍼灸による逆子治療の費用対効果-オランダの研究

オランダ

 

鍼灸による逆子治療の費用対効果-オランダの研究

 

鍼灸による逆子治療の費用対効果について,2010年に
オランダの研究が発表されています。 原著はこちらです。

Cost-effectiveness of breech version by acupuncture-type interventions on BL 67,
including moxibustion, for women with a breech foetus at 33 weeks gestation:
a modelling approach.

 

治療に使用している経穴(ツボ)は、「至陰(しいん)」といって
日本でも一般的に使われています。

この研究でも同じ経穴を使っています。

対象は妊娠33週目で、逆子の胎児を持つ妊婦に対して、
外回転術を含む待機的な管理にくらべ 鍼灸が費用と効果の面で
すぐれているかどうかを研究しています。

 

 結果は

 ・至陰を使ったグループ(鍼灸治療群)では
 32%に逆子がまだみられました。帝王切開に至ったのは37%
 
 
・待機的な管理のグループ(通常群)では
 53%に逆子がまだみられました。帝王切開に至ったのは50%
 
 
 費用の面でも、鍼灸治療群が優れていたようです。
この研究では鍼灸治療群の方が逆子位の数が減り、
帝王切開の数も減ったという結果が出ています。
 
待機的なグループでも約半数で逆子が矯正されています。
 
 
鍼灸治療群は約20%増しで効果があるということでしょうか。
 
 
費用においては、オランダではコスト減となりましたが、
日本との医療費は違いがあると思いますので単純に
当てはめることはできないと思います。
 
鍼灸の世界では至陰穴へのお灸は逆子治療で有名です。

逆子治療に対してのお灸が有効かつコスト削減に貢献できれば、
帝王切開に比べ侵襲性も低いことも含めて
(少しはお灸の熱さはありますが)治療の選択肢として
もっと利用されてもいいと思っています。
 
 
逆子についてはこちらもご参考になさってください。
      ↓
 
 
 
 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です