埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
逆子に対するお灸

逆子に対するお灸

「逆子に対するお灸」

 

逆子に対するお灸の治療は、昔から有名ですが、
今ではあまり広くは知られていません。

イタリア人が、中国で行ったお灸による
逆子治療の研究があります。

この研究を参考に、「逆子に対するお灸の効果」
ついて確認します。

 

対象

妊娠33週目の初妊産婦を対象にしています。

方法

お灸をするグループ130名とお灸をしないグループ
(一般的なケアを受ける)130名で
比較検討しています。

治療期間は1週間、至陰穴(足の小指にあるツボです)に
お灸をしています。

1週間で胎児の位置が変わらないときは、さらに
1週間治療期間を延長しています。


結果

妊娠35週目で、お灸をしたグループが98名(75.4%)、

一般的なケアを受けたグループが62名(47..7%)が
正常な頭位になっていました。

お灸をしたグループは分娩時まで頭位を維持しています。

また、一般的なケアをしたグループも81名(62.3%)が
正常な頭位で分娩されています。


結論

「妊娠33週目での逆子に対するお灸は胎児の動きを
活発にし、頭位を正常にする」

この文献では、逆子に対するお灸は効果があることがわかります。

その後、2005年に同じ研究者がイタリアでも同じ方法で
研究をしたようですが、

文化的な背景(お灸になじみがないからでしょうか)から
研究を途中で中断しています。

 

原文(英語)はこちらです。

逆子へのお灸;ランダム化比較試験(中国) 1998

逆子へのお灸(イタリア) 2005

 

「費用面での検討」

鍼灸による逆子治療の費用対効果について

2010年にオランダの研究が発表されています。

治療に使用している経穴(ツボ)は、
「至陰(しいん)」といって日本でも
一般的に使われています。
この研究でも同じ経穴を使っています。

 

対象

妊娠33週目で、逆子の胎児を持つ妊婦に対して、
外回転術を含む待機的な管理にくらべ
鍼灸が費用と
効果の面ですぐれているかどうかを研究しています。

 

結果

至陰を使ったグループ(鍼灸治療群)では32%に
逆子がまだみられました。帝王切開に至ったのは37%

待機的な管理のグループ(通常群)では53%に
逆子がまだみられました。

帝王切開に至ったのは50%

費用の面でも、鍼灸治療群が優れていたようです。

この研究では鍼灸治療群の方が逆子位の数が減り、
帝王切開の数も減ったという結果が出ています。

待機的なグループでも約半数で逆子が矯正されています。

鍼灸治療群は約20%増しで効果があるということでしょうか。

費用においては、オランダではコスト減となりましたが、
日本との医療費は違いがあると思いますので単純に
当てはめることはできないと思います。

 

鍼灸の世界では至陰穴へのお灸は逆子治療で有名なのですが、
逆子治療に対してのお灸が有効かつコスト削減に貢献できれば、
帝王切開に比べ身体への負担も少ないことも含め
(少しはお灸の熱さはありますが)
治療の選択肢としてもっと利用されてもいいと考えています。

 

原著はこちらです

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です