埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
鍼灸不適応・鑑別

胸の痛み:鍼灸院での危険な兆候を除外する3つの質問

胸部の痛み:鍼灸院での危険な兆候を除外する

 

胸の痛み:鍼灸院での危険な兆候を除外する3つの質問

先日、隔月で参加している勉強会では
「胸痛」の症例が提示されました。
 
この症例での「胸痛」は「危険な胸痛」ではなく、
数回の鍼灸施術で改善したものでした。
 
「胸痛」は第一に心筋梗塞や狭心症、大動脈解離などの
危険な疾患が原因と考えられる症状です。
 
危険な疾患が考えられる場合には、鍼灸をする前に、
病院を早急に受診していただかないといけません。
 

「胸痛」を訴える患者さんが鍼灸院に来院した場合

 
一般的に「胸痛」を訴える方のほとんどは、まずは病院を
受診しますが、まれに「鍼灸院」を最初に受診される方がおられます。

「過去にほかの症状が鍼灸治療で治ったから」、「病院が嫌いだから」、
「それほど症状が激しくないから」など様々な理由がありますが、
患者さんを守るためにも危険な疾患の除外・鍼灸適応の判断が必要となります。
 
当院では数年前に、「腰痛」で診ていた患者さんが
「心不全」になりました。
早急に病院受診を促し、病院での適切な対応により
早期に回復されたケースでした。

その時、患者さんは「風邪かな、たいしたことないよ」と
おっしゃっていました。

しかしながら、普段とは違うぜーぜーとした「喘鳴」、
仰向けで休むより座ってるほうが楽といった「起坐呼吸」、
脚が急にむくむなど、「心不全」の症状がでていました。
 
普段の状態を診ていたため、「いつもと違う」といった
感覚もすぐに病院を勧めた理由だったかもしれません。
 
やはり、危険な兆候には注意をはらわなくてはいけません。
 

病院の受診は必須、さらに3つの問診

 
「胸痛」を訴える代表的な疾患である心筋梗塞や狭心症は
中高年の男性に多いと言われています。

年齢、性別は重要な要素です。
そして、心臓疾患の有無を問診で確認します。
 
1)痛みは胸骨の裏かどうか
2)労作で誘発するか
3)安静で消失するか
 の3つ。
 
ちなみにこの3つの質問が60歳代、男性ですべて「イエス」で
あれば90%の確率で冠動脈疾患が疑われると言われています。
 
「歩くと胸の痛みが強くなりますか」
「食事によって誘発しますか」
「休んでいるときはおさまりますか」
などなるべく具体的に聞くようにしています。

一方で中高年男性以外、高齢者、女性、糖尿病の既往などの方を
見逃しやす傾向もあるようなので、気をつけなくてはいけません。
 
胸痛以外に確認する症状としては両肩に放散、左腕に放散、
右肩に放散、発汗、謳気、嘔吐などが多くあります。

最近は「心臓が悪くて、肩こりがすることがあるらしいね」と
話される患者さんもおり、一般に広まりつつある情報です。

「左の肩こり」といった情報もありますが、左右どちらか、
また両方にでることも多いので、右側だから安心と
いうものでもないようです。
 
また「痛みのない心筋梗塞」が22-35%といった報告もあり、
「胸痛」がないからといって「心筋梗塞」を完全には除外できません。

さらに心筋梗塞の患者さんで初診時の心電図において正常な人が
30%いる報告もあり、病院では問診、聴診、心電図、
血液検査、胸部レントゲンなどで総合的に判断されるようです。
 
このように非典型的(胸痛がないなど)な心臓疾患が
一定の割合で存在します。

「胸痛」を自覚された患者さんは、まずは病院を
受診されることを強くお勧めします。

また、当院では「胸痛」の他に、下記のような
レッドフラッグ(危険な兆候)がないかを確認しています。

 

胸痛のレッドフラッグ(危険な兆候)

・呼吸苦
・発熱
・労作
・動悸・息切れ
・放散痛(へそより上)
・背部痛
・発汗・冷汗
・下腿浮腫
・既往:循環器疾患の有無、糖尿病など
・進行性
・嘔気・嘔吐
・便が黒い
・貧血
・安静時・夜間の胸痛
・血圧の左右差の計測
・不整脈の有無
 
病院で危険な胸痛を除外されている場合や、
また肋間神経痛や帯状疱疹後神経痛などによる「胸痛」は
鍼灸院で日常的に対応しています。
 
また、病院でいろいろ調べても原因がわからない、
でも心臓や消化器、呼吸器などには問題がない場合は
危険な兆候は限りなく低いと考えられます。
 
そういった「胸痛」は、今回の勉強会の症例もそうでしたが、
鍼灸でお役にたてることがあるかもしれません。
 
 

進行する腰の痛みは要注意-腰痛と尿管結石

腰痛と尿管結石

 

動かさなくても痛い、進行する腰の痛みは要注意です!

 

鍼灸治療院では最も頻度が高い症状といわれる「腰痛」。
腰痛の原因は様々ですが、筋肉や関節由来のものがほとんどです。
 
前にかがんだり、後ろに反ったり、歩行時に痛みがあったりと、
なんらかの「動作」によって痛みをおこすのが特徴です。
 
一方で、動作に由来しない、つまり安静時に痛む場合はたちどまって
その原因を考える必要があります。
 
*この症例は患者さん個人が特定されないよう内容に変更を加えております。
 

鍼灸施術症例

 
患者 60代、男性
 
主訴腰痛(左)
月に1回程度、運動や仕事で痛みや疲労が出た時に当院で鍼灸治療を受けている。
当初は左腰痛と坐骨神経痛の治療を行っていたが現在は症状が落ち着いている。
 
 
施術から経過
腹臥位で治療を開始、頸、肩、背、腰、下腿と訴えのある部位を中心に置鍼。 
10分程経過したところで、右わき腹とお腹の痛みを訴えられる。
 
普段痛む場所とは異なり、痛みは奥の方に感じる、「鈍痛」と表現された。
うつ伏せの姿勢がつらいかと思い、すぐに抜鍼後、仰臥位にする。少し楽になる。
 
吐き気(-)、嘔吐(-)、盲腸は手術済み、排便はここ数日、水様下痢。
数日前に宴会で塩辛いものを食べすぎて腹痛が続いていた。発熱なし。
 
数分後、右腎臓付近の痛みを訴え、程度も強くなってきたため、
側臥位と座位でCVA叩打痛を行う。どちらも右側のみ陽性。
前屈・後屈動作で腰痛、腹痛は誘発されない。
 
安静時痛、自発痛と判断し、腎臓関連の痛みの可能性が高いと説明し、
施術を中止した。

来院時にはなかった倦怠感が、帰られるときにはあった。
運転はできるようでしたので、すぐに病院に行っていただいた。
 
数時間後、患者さん自身から電話があり、
「尿管結石」と診断される。
点滴、痛みどめの処方で症状は落ち着いていました。
 
病院に着く直前まで痛みはどんどん増していき、患者さんは
「胆石」を患った時のことを思い出したそうです。

以前の尿管結石は10年前。ここ数日は尿が濃かった(血尿の可能性)
と教えていただきました。
 
ここ数日の下痢は石のせいもあるのではと病院で説明された。
胆石の既往は初診時に確認していましたが、尿管結石の方は
未確認でした。
 
1週間後、痛みどめの服用が終了、石の排出が確認された。
 
 

尿管結石時にあらわれる腰痛に伴う病歴

 
来院時にはなかった症状がわずか数十分のうちに、
どんどん痛みが増していく症例でした。
 
患者さんはなんとか運転できる状態で、病院には間に合いましたが、

「安静時の痛み」「進行する痛み」といった病歴は、尿管結石以外でも
注意すべき病歴で、素早い判断が求められると強く感じました。
 
今後も「赤旗徴候」といわれる、今回のような危険な病歴について
緊張感をもって
確認したいと思います。
 
 

 

腰痛患者の骨折と悪性腫瘍をスクリーニングするための赤旗兆候

研究

 

腰痛患者の骨折と悪性腫瘍をスクリーニングするための赤旗兆候

 

日常病である「腰痛」の中には、まれに重篤な病気が
隠れていることがあります。

当院でも最も多い訴えは「腰痛」です。
「腰痛」ひとつとっても、原因は複数あります。

 

まずは重篤な原因がないかを確認してから、鍼灸施術にうつります。
そのためには「赤旗兆候」を知っておかなくてはなりません。

 

以前の記事「安静時痛と進行する痛み」で紹介した「赤旗兆候」、
危険な腰痛が潜んでいないかを問診で確認するための質問事項があります。

 

ここで、危険な腰痛の「赤旗兆候」についての研究を紹介します。
(下記原文へのリンクです)

Red flags to screen  for malignancy and fracture in patients with low back pain : systematic review

 

この研究では、年齢や性別,BMIや下肢の痛みなど様々な
53の項目を14の研究を通じて、
「骨折」や「悪性腫瘍」の
「赤旗兆候」にはどういったものがあるか報告されています。

つまり「腰痛」をもった患者さんが、どういった要素を持っていると
「骨折」や「悪性腫瘍」を疑った方がいいかを教えてくれています。

特に骨折においては以下の項目が危険な要素となり、
さらにこの要素が複数重なると骨折による腰痛の確率が高くなります。

 

  • 高齢
  • ステロイドの長期使用
  • 重篤な外傷
  • 打撲、擦過傷

 

年齢、受診歴、服薬歴、既往歴、外傷の有無を確認する必要があります。

 

また脊椎の悪性腫瘍においては

  • 「悪性腫瘍の既往」が最も危険な要素となります。

 

つまり「既往歴」は必ず確認する必要があります。
どれも患者さんに聞く「問診」で確認できます。

 

この研究では以上の要素が特に危険な赤旗兆候として報告されていますが、
「夜間痛」「原因不明の体重減少」などここでは挙げられていない
危険な病歴は複数あります。

初診時、または経過観察時に見落とすことなく鍼灸適応の是非、
医療機関への紹介など適切な判断をするために、今回のような
研究報告は貴重な情報だと思います。

 

 

頭痛の赤旗徴候:危険な兆候を未然に知る

頭痛の赤旗徴候:危険な兆候を未然に知る

 

以前に下記の記事では

安静時痛と進行する痛み

腰痛患者の骨折と悪性腫瘍をスクリーニングするための赤旗徴候

腰痛の赤旗徴候(Red Flag)、いわゆる見逃してはいけない
危険な兆候について書きました。

今回、出版社である医学書院が発行する
週刊医学界新聞(第3062号 2014/2/3)では
「頭痛」のRed Flagについて紹介されています。

こんな時にはこのQを!問診力で見逃さない神経症状「頭痛」

 

頭痛は日常的に頻度の高い症状ですが、鍼灸院でも
出会うことが少なくありません。

しかしながら、お見えになる患者さんの中には生命にかかわる
危険な頭痛を持たれている可能性もあります。

記事の中にもありますが、たとえ患者さんが歩いて来院されたからと
いっても頭痛の内容によっては、すぐに病院・専門医に紹介する必要が
あります。歩いてお見えになったから大丈夫だろうという
判断はできないということです。

記事の中では問診によって危険な頭痛かどうか、

特に「突然発症の頭痛」「今までにない頭痛」「増悪する頭痛」
聴くことが重要だとあります。

 

鍼灸院も同様に、危険な頭痛の有無を確認することが
最優先事項となり、そのために記事にあるようなRed Flagの
知識は欠かせません。幸いにもその確認方法は問診で
可能なものがあげられています。

鍼灸で症状を改善することだけでなく、危険な兆候に敏感になり
鍼灸以外の最適な選択ができることも鍼灸師の重要な役割だと考えています。

zutsu_neko