埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
股関節症状

股関節の痛み-仙腸関節障害(鍼灸症例)

仙腸関節

 

股関節の痛み-仙腸関節障害(鍼灸症例)

 

女性に多い股関節の痛み、原因は股関節以外にあることがあります。

少し専門的な用語もありますが、一例を紹介したいと思います。
この症例は患者さんが特定できないよう、一部変更を加えております。

 

鍼灸症例

患者 
50歳、女性、右股関節、鼡径部の痛みを訴えて来院半年前に体重が増え、
それから始めたウォーキングを長時間行ったのが原因だと思う。

以前、勤務していた接骨院で治療したが変化がない。

これだけ長引くのもはじめてで原因が知りたい。

そのため、婦人科を含む、内科的な問題がないかどうかも心配。
仕事ができるかが不安。

 

主訴  股関節、鼡径部が痛い

 

現病歴 
半年前に仕事をやめ、体重が増えたことから30 分程度の
ウォーキングを始めた。

2 か月前に右の股関節に痛みを感じたが、たいしたことはないと思い、
歩く時間を1 時間半に増やした。

同時にあぐらをかくような股関節を広げる動きができなくなってきたので、
習っていたヨガの動作で股関節を広げるようにしていた。
その動作の後は痛みが増した。

1 か月半前に痛みと動きがさらに悪化したため、以前に事務員として
勤務していた接骨院を受診。

提携先の近隣の整形外科で股関節のMRI を撮影。股関節に
問題はないと伝えられる。

接骨院では鍼、マッサージ、低周波の治療を1 か月間に13 回受け、
直後のみ少し痛みが緩和した。

念のために内科を受診するようにすすめられたが、受診していない。
その後、整体やウォーターベッドなども試みたが、
どれもその日限りの効果にとどまった。

同時に自ら書籍やインターネットで股関節に良いと言われていることを
かたっぱしから試みたが改善は見られなかった。

薬は服用していない、動くときは骨盤ベルトをしている。

 現在、右股関節(殿部、鼡径部、大転子周辺)、恥骨、大腿外側、
下腿前面、腰部が痛い。

痛みはピリピリではない、ズキンだったり、重かったりする。

しびれはない。下肢は重い感じ。トイレなどで立ち上がるときに
股関節に痛みはない。最近就職した衣料品を扱う倉庫で、
何かをまたいだり、カニ歩きのように横に移動するとき、
中腰でアイロンをかけるのが最もつらい。

階段ではそう痛みを感じない。増悪因子はまたぐ動作で股関節、
鼡径部、腰部がズキンとする。動かさなくても重みは常にある。

しゃがむのもつらい。歩くと下前腸骨棘の下部付近が痛む。

周囲から歩き方が変だと言われる。駅から当院まで(約1km)
歩いてきても、痛みで休むことはない。

あぐらはかけない。長時間坐ると腰が痛くなる。洗顔では股関節より、
腰が痛くなる。緩解因子は患側(右)を下にしない限り、
横になっているときが楽である。

随伴症状は慢性的な腰痛。今回の痛みの方が強い。

坐って前かがみや、後ろに反る動作では右仙腸関節付近に痛みがでる。

夜間痛、体重減少はない。骨盤ベルトの着用による症状の悪化はない。
ズボン、ベルト、ガードルなどで強くしめつけたことはない。腹痛なし。

 

一般健康状態 

タバコは吸わない、飲酒は機会飲酒程度、服薬なし。
食欲(正)、睡眠(正)、排便・排尿に問題なし。

身長 164 ㎝ 体重 56 ㎏ BMI 20.8
骨折歴:先天性股関節脱臼の既往無し。ステロイド使用歴無し。

 

身体診察 
パトリックテスト(+)、ニュートンテストA,B(-)、
ワンフィンガーテスト(-)

股関節外転、屈曲時に股関節周囲に痛み。股関節内転時に恥骨、
鼡径部周囲に痛み。鼡径部に腫瘤は認められない。
股関節屈曲・外転に可動制限がある。

圧痛部位:別紙参照(多数)

初診時の診断とその根拠

  仙腸関節障害

  1. 複数の疼痛部位
  2.  腰の動きでPSIS に痛みを感じる。

鑑別診断

  1. 外側大腿皮神経絞扼障害:痛みの性状がピリピリしない。
  2.  股関節疾患:立ち上がりで痛みがない。(医師の診断を受けていること)
  3.  婦人科疾患:腹痛、安静時痛、体重減少などがない。
  4.  鼡径ヘルニア:腹痛がない。腫瘤を触れない。

施術とその指標
仕事ができるようにすること。婦人科、内科的な不安に配慮すること。

仙腸関節障害が主症状と判断したが、腰部、股関節の関与があると判断し、
治療経過で見直しをすることにした。

第1 回

腹臥位でL3,4,5 椎間関節、気海兪、大腸兪、関元兪、PSIS、梨状に
ステンレス鍼50 ㎜-22 号で置鍼15 分。それぞれ直接灸を各3 壮加える。

右上側臥位で環兆、外胞膏、秩辺に50 ㎜-22 号で置鍼10 分 背臥位で
足三里、陽稜泉、内転筋、下前腸骨棘下に40 ㎜-20 号 置鍼10 分。

治療後、坐位で前かがみしていただくとPSIS に痛みがでた。
また立位で後屈すると腰に痛みがある。

原因は仙腸関節障害の可能性が高いことを論文と図を見せて説明をした。
併せて腰部(特にL3),股関節の関与もあることも伝えた。
内科疾患、婦人科疾患は腹痛、安静時痛、体重減少など
先行症状がないことから可能性が低いことを伝えた。

 

第2回(5日目)

あらたに1 日に何回も右足の指先がつったり、しゃがむ動作で
下腿がつる症状が増えた。職場の床に荷物が多く、またぐことが
多かったからだと思う。

仕事を続けるのは難しいと感じ、勤務4 日目で退職。
子供の教育費のこともあり、仕事は探し続けている。

右腰部起立筋の盛り上がり、腰部、鼡径部の圧痛多数。大腸兪、関元兪、
PSISに60 ㎜-25 号、梨状に60 ㎜-30 号と鍼を変更、他は前回どおり。

 

第3回(13日目)

ペインスケールは10→7 仕事はせず、あまり動かない状態で1 週間を
すごしたが 症状に大きな変化はない。治療は前回どおり。

第4回(21日目)

腰は随分良くなった。坐っていてもPSIS の痛みがない。
腰部の圧痛・硬結も軽度。

腰部以外の症状は治療後4 日ほど経過すると気になりはじめる。
足を上げたときに股関節周囲が痛い。あぐらがつらい。

60 ㎜は梨状のみに使用。治療部位は前回どおり。
治療後は右足が重く上げにくい症状が残るが、L3 椎間関節に50 ㎜で
単刺すると症状は消失した。L3 神経根の関与を疑う。

仙腸関節障害の症状が軽減し、股関節症状がメインとなる。

第5回(28日目)

前屈で坐骨結節、鼡径部に痛みが残る。大腿後側~下腿後側に痛み。
右足があげづらい。患側上の側臥位でも鼡径部が痛くなる。
ブロック注射は考えていない。大学病院での精査も検討する。
気海兪は60 ㎜-30 号に変更した。

第6回(35日目)

腰、股関節はかなり楽になった。この1 週間は忙しかった割に
痛みは軽減している。仕事も自宅の近くに決まり安心したとのこと。

前回あった坐骨結節付近の症状は消失。足を上げたときに鼡径部の
痛みだけが残る。腰痛はほぼなくなった。股関節症状がメインと考え、
髀関と大腿三角から閉鎖神経を狙い、50 ㎜-22 号で置鍼10 分を加える。

第8 回(56 日目)

治療から10 日は楽に過ごせるようになっている。仕事も休まず行うことが
できているので、調子が悪くなりそうなときに、不定期に受診している。

まとめ

L3 神経根、仙腸関節、股関節は密接な関係があることを
臨床上確認することができた。

股関節疾患と判断された症例でも、股関節以外の部位に多彩な
症状がでていることを考えると、この3 点は同時に治療をするのが
良いと考えられる。

またMRIで股関節に問題はないと判断されているが、
股関節疾患の病歴や、身体所見、治療による経過などを
見てみると,
画像所見を判断の参考にはしつつも、
鍼灸師のできる範囲での病歴聴取と
身体診察は欠かせないと感じる。

参考文献

  • 医道の日本2008 年 5 月号 「股関節疾患と鍼灸」
  • 「鍼通電療法テクニック」  山口真二郎 著 医道の日本社
  • 「運動療法のための機能解剖学的触診技術 下肢・体幹」 林転雄 メジカルビュー社

 

股関節を痛めた時の生活上の注意点

体重計

 

股関節を痛めた時の生活上の注意点

 

股関節を痛めた時には日常生活で注意する点がいくつかあります。
今回はそれらを紹介いたします。

 

股関節の変形(変形性股関節症)や、転倒による骨折などが
股関節を痛める原因としてあります。

 

股関節に痛みがあると、その周囲の筋力が低下してきます。

痛みや筋力低下を防ぐために、セルフケアが重視されています。
セルフケアでは水中トレーニング、筋トレ、ストレッチ、
薬の服用、日常生活の改善などが中心となります。
 

当院ではまず病院でレントゲンを撮られることをお勧めしています。

日常生活に注意する点がいくつかあります。

 

日常生活の注意点

 

・椅子に座るときは痛めた側のお尻の下にタオルを一枚、または二枚いれます
 枚数や分厚さはご自身が楽な状態が基準です。
   タオルをいれること自体が不快な場合は中止してください。

 

・長く座っているときは目立たない範囲で、びんぼうゆすりをします
 一点に重心が固定すると負担がかかるので、それを避けるためです。
   少しゆらゆらしてください。

 

・動作の開始時には注意が必要です
 座っている姿勢から立ち上がる、寝ている姿勢から起きるなどの
   動作の開始時には思いのほか、
力を使います。

   少し足を前後左右にゆする、ふるわせる感じで動作開始の
   準備をしてから動きましょう。

    電車で降りるときは、前の駅からゆすっておくとよろしいかと思います。

 

・体重はできる限り増やさない
 これは病院でも指摘される点です。体重を減らすだけで
    股関節や腰への負担が減ります。

 

・階段、早歩き、走ることもさけたほうがいいでしょう
 
エスカレーター、エレベーターを痛いときは積極的に使うと負担が減ります。

 

・スーパーなどでの買い物にはカートを使いましょう

 

・宅配サービスの利用
 お米、お水などの重いものは、宅配サービスなどの利用も一つの方法です

 

・道具の使用
 リュックや杖などを積極的に活用すると、股関節の負担が減ります

 

足の爪切り、あぐらなどの姿勢
 
股関節に負担がかかる姿勢ですので、様子をみて行ってください

 

・就寝中の姿勢
 就寝中は痛む側を天井側にして、横向きにお休みになると負担が減ります。

 その際、抱き枕などで身体を安定させると力が抜けて、リラックスできます。

    逆に痛む側を床側にすると、起床時に痛みが増すことが多く、お勧めできません。
 仰向けでお休みになる方は膝のしたに、丸めたタオルや座布団などを入れ、
 膝をかるく曲げた状態で休まれると腰への負担も減ります。

 

・座っているときの姿勢
 長座(こたつにはいっているような、膝を伸ばした姿勢)は
   さけることをお勧めします。

 股関節を痛めた患者さんは腰に負担がかかることが多く。
   股関節と腰の両方に痛みを持っていることがあります。

 長時間長座でいると、腰にも負担がかかります。
 座椅子を習慣的に使われる方は、少し注意して、たまに立ち上がって
    お茶を入れたり、
トイレに立つなどの工夫が必要です。

 

股関節から腰、下肢などへ痛みが広がることがあります

 

股関節が痛むと可動域(関節の動く範囲)が制限されますが、
制限された動きの代わりを骨盤や腰椎が通常より前方に
傾くことによって行います。
 
代わりに行うので「代償動作」といいます。
 
この前方への傾きが強くなること、さらに長期にわたることで
腰への負担が強くなり、腰の関節が障害されることがあります。
 
その結果臀部や下肢への痛みを誘発することがあります。
 
実際に「変形性股関節症」と診断された患者さんは、股関節だけでなく、
腰や下肢に痛みを訴えることが多く、その程度も日によって異なります。
 
そのため股関節だけでなく、腰や下肢の状態、さらには
胸椎(背中)周囲も治療の対象として見る必要があります。
 
 

鍼灸とセルフケア

 
痛みがあると筋トレなどのトレーニングなどの継続が難しくなり、
日常生活への影響も少なくありません。鍼灸では痛みを軽減し、
股関節の可動域を広げることで変形性股関節症にアプローチしています。
 
同時にセルフケアとして、ストレッチや筋トレの方法も
実際に行いながら説明をしています。
 
変形性股関節症は、股関節そのものだけでなく、代償動作によって
おこる周辺部位への状態を丁寧に見て、対応することで
随分状態が変わってくるものだと日々実感しています。
 
 

変形性股関節症-日常生活の影響と予防

階段

 

変形性股関節症-日常生活の影響と予防

 

「変形性股関節症」は股関節の痛みの代表的な疾患です。

30代から50代の女性で多くみられますが、
鍼灸院でも少なからず出会います。

 

「変形性股関節症」の初期には股関節周囲に
「重い」「だるい」「鈍痛」などがあり、
運動すると痛みの程度が強くなりますが、休むと軽減されます。

 

しかしながら、症状が進むと安静にしていても痛みがでたり、
股関節だけでなく、腰、臀部、大腿、膝など痛みの
範囲が広がり、日常生活への影響が多くなります。

 

たとえば「靴下がはけない」「階段がつらい」
「トイレの立ち上がり、しゃがみがつらい」
「長時間の歩行がつらい」などです。

対策としては「体重の減量」「筋力アップ」
「関節可動域の拡大」「疲れる前に休む」ことに注意し、
「杖」「靴」「リュック」を使用することもあります。

 

気をつけることは

「肥満」

「肥満による運動不足(→骨密度低下→骨粗しょう症への移行)」

「過剰な運動(歩くと体重の3-4倍、走ると体重の5-7倍の負荷が股関節にかかります)

「長時間の立位、座位、車での移動」

「重いものを持つこと(買い物、孫の世話)」 などです。


「変形性股関節症」は程度によっても症状の部位や痛みの強さが様々です。
腰、膝などに影響がでることもあるため,患者さんと
治療者の協力がより必要と感じています。

 

参考記事
    「股関節を痛めた時の生活上の注意点」

参考文献

  • 「変形性股関節症のリハビリテーション 患者とセラピストのためのガイドブック」
  • 「手術をしないで乗り越えた股関節症15年の記録 
     リハビリテーションと患者・医師・トレーナーによる連携医療の重要性」

変形性股関節症-日常生活の影響と予防