ご自宅でお灸をされるときに注意すること

ご自宅でお灸をされるときに注意すること

ご自宅でお灸をされるときにはいくつか注意点があります。

以下のことを守っていただき、ご自身の体調と相談しながら
お灸をうまく使っていただきたいと思います。

お灸を避けるべき時

  • 発熱時
  • アルコール摂取前後(お酒がまわりやすいことや、それにともなって転倒などの危険もあります)
  • 入浴、運動前後30分(のぼせやすいことや、水泡ができやすくなる可能性があります)
  • 食後30分
  • 過度の疲労・睡眠不足
  • 糖尿病などの神経・血行障害のある方(特に末端へのお灸はさけてください)
  • 顔面部、陰部へのお灸
  • 血圧の変動が激しいとき

妊娠中の方は、医師または鍼灸師にご相談の上でお灸をなさってください

ご自宅にお子さんがおられる方は、お子さんの手の届かない
ところに保管をお願いいたします。

お灸の後は、水などを使って火が消えたことを確認し、
火の元に十分注意してください。

関連記事

PAGE TOP