埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
棒灸について

棒灸について

棒灸について

 

当院では様々なお灸を症状によって使い分けていますが、

今回は「棒灸」を紹介いたします。

 

棒灸はもぐさを棒状にギュッと固めて、和紙で巻いたものです。

22df0aab59ab23c0c85403ec23b3cf371-1024x768

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これに点火し、冷えている部分を温めたり、目的とするツボ、
筋肉に熱を加えていきます。直接肌にあてることはありません。

 

肌との距離や時間で熱量を調整できることや、
温和で心地良い熱感であるのが特徴です。

 

お灸なので冷え性の方にはよく使いますが、
緊張性頭痛の患者さんの頭部の緊張に対して使うこともあります。

 

熱の加え方はただ温めるだけではないのですが、緊張部位を
こまめに触診し、鍼と併用することでより緊張がとれると
日々実感しています。

 

棒灸に限らず頭部へのお灸は、他の体の部位へのお灸と違い
心地よさや緊張を取るのに適していますし、頭部のお灸を
希望される患者さんも少なくありません。

 

冷え性、頭痛に限らず他の症状にもしばしば活用しています。
冬では、しもやけ、踵のひび割れなどです。

 

以前紹介いたしました、「箱灸」にも棒灸を切ったものを
入れることで一定の温度のまま長時間温めることができます。

 

こちらは腰やお腹に対して使用いたします。

 

鍼・灸は「痛い」「熱い」イメージがありますが、棒灸や箱灸のように
温和でここちよい刺激でアプローチするものがあることを
知っていただければと思い、紹介をいたしました。

 

結構煙がでますので、呼吸器疾患をお持ちの方には
使っております。ご了承ください。

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です