お灸:直接灸について

お灸:直接灸について

お灸には様々な種類があり、患者さんによって
イメージしているものが違います。

ご自宅で使われる「せんねん灸」をはじめとした
「台座灸」は「間接灸」と呼ばれています。

また、「棒灸」や「箱灸」のように広範囲で温和な
熱刺激を加える「温灸」も「間接灸」の一種となります。

昔から使われている「直接灸」は肌に直接もぐさを置いてするお灸です。

鍼灸院でも「直接灸」を使うところが少なくなっていると聞きます。
当院にお見えになった患者さんも「直接灸」をご存知ない方がおられますし、
また大きなもぐさを想像されていることがほとんどです。

そこで、今回は実際に当院で使っている「直接灸」を写真で紹介いたします。

肌に直接もぐさをすえます
mini-moxa-1

線香で火をつけます

mini-moxa-3

燃えるのを待ちます

mini-moxa-5

8.9割燃えてきたらとりはじめます

mini-moxa-6

9割燃えたところで、取り去ります。患者さんにはチクッとした熱感が少しあります。

mini-moxa-9

患者さんの症状に応じて、もぐさを燃やす程度を部位ごとに変えています。

mini-moxa-10

関連記事

PAGE TOP