埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
肘の痛みに対する鍼灸院での診方

肘の痛みに対する鍼灸院での診方

テニス肘

 

肘の痛みと鍼灸

 

鍼灸院では、頚・肩・腰・膝などの関節の痛みを
訴える患者さんは多いのですが、同じ関節である「肘の痛み」を
訴える方は少ない印象があります。

「肘の痛み」の原因は様々ですが、スポーツでの接触、
歩行中の転倒など、いわゆる「外傷」で当院を
受診される方はほとんどおりません。

お仕事や日常生活の中で、頻回に肘に負担がかかった結果、
肘を痛めて受診される方が中心です。

そしてそのほとんどの方が、整形外科または接骨院の受診を経て
来院されています。そこで「テニス肘」や「ゴルフ肘」といった診断をされ、
患者さん自身も痛みの原因をお分かりになっているケースによく出会います。

 

テニス以外でもおこるテニス肘

「テニス肘」(上腕骨外側上顆炎)は肘の外側から前腕にかけて痛みが出ます。
テニスをする方に多いためこの名前がついています。

しかしながら、テニス肘の90%以上はテニス以外の原因によって
おこるとも言われています。

 

家事などでの雑巾絞り、洗濯、ドアノブ、ペットボトルの蓋をあける、
パソコンでのマウスの使用、配膳、育児、楽器の練習、
手芸、縫い物、テニス以外のスポーツ
など

 

繰り返す動作による負担が肘を痛めます。

患者さんとの会話の中でこういった原因をよくうかがいます。
日常生活に原因がありますね。

 

指の使い過ぎでも肘に負担はかかります

テニスのように肘を動かさなくても、マウス操作のような指を動かす
ちょっとした動作だけでも、繰り返すことで肘への負担があります。

指と肘の筋肉がつながっているためです。

ためしに指をピアノを弾くように動かしていただくと、
肘の周りの筋肉が動くのを確認できると思います。

つまり肘を使っている意識がなくても、肘に負担がかかっています。

 

痛みを誘発する動作の把握

まずは、患者さんが考えておられる原因と、どういった状況・
動作で痛みが生じるか、また痛みが増悪するかを「よく聴いて」確認します。

肘や前腕、指を安静にできればいいのですが、原因のほとんどが
日常生活や仕事上必須の事ばかりです。

「安静が大切」である点はお伝えしつつも、鍼灸施術を行いながら、
患者さんが家庭でできるセルフケアを検討していきます。

 

肘の痛みに対する鍼灸治療

肘への負担による痛みのため、肘周辺に鍼灸治療を行いますが、
それだけでよくなられる患者さんは少ないと思います。

肘の動きに直接作用する筋肉はもちろん治療対象となります。
また肘をスムーズに動かすため、そして肘の痛みをさけるため、
間接的に肘に関係する筋肉も治療対象となります。

 

ドアノブ

 

連動する動き:肘と肘以外の両方をみます

肘と肘以外の両方を見るのには理由があります。

たとえばドアノブを回す動作は肘や手首だけでなく、
肩、肩甲骨などが同時に連動して動きます。

ためしに、左手で右の肩甲骨に手を置き、右手でドアノブを回す
動作をしていただくと、肩甲骨に動きを感じられます。

ドアノブを回す動作にも背中の肩甲骨の動きがかかわっています。

それぞれの関節には複数の筋肉がついているので、どこかに硬さや、
張り、痛みなど動きを制限する要素があるとやはりスムーズな
動きはできず、どこかに負担が蓄積され痛みや傷害がおきます。

単純な動作にみえても、複数の筋肉、関節が同時に動き、連動しています。
それらの状態が良ければ、
良い動きに。
悪ければ、無理のある動きとなります。

 

肘関節は動く範囲が広い割に、もともと構造上の不安定さを抱えています。
不安定さをを補いつつ、繰り返す動きによる負担を減らすためにも、
肘の動きに連動する筋肉や関節などを丁寧に診て、触って、
比較し(正常時との比較、左右の比較、前回治療時との比較など)
状態を確認していきます。

 

そうすると、テニス肘という肘の外側の痛みでも、外側だけでなく
肘の内側や手首、指、腕、肩、肩甲骨、背部、頚部などをみる必要があります。

また患者さんが日常生活で痛みのある動作を再現していただくと、
どの部分の動きが悪いかなどもわかります。

このような手順で得られた情報を患者さんと共有して、
次回の治療までの自己ケアや予防法を確認します。

具体的には、肘に負担がかかってしまったときの炎症への対応、
肘に直接・間接的に関連する部分のストレッチなどです。

治療院での鍼灸施術に加えて、こうした自己ケアを同時に進めています。
これは肘の治療に限らず、患者さんを診るうえでの大切な視点のひとつだと思っています。

 

最近の当院での肘の施術(2019.5)

以前は肘周囲に複数の鍼を比較的多めに刺すことが
多かったように思えます。

肘につながる筋肉はもちろんですが、肘関節の筋の付着部への鍼は
効果はあるものの、刺激感が強いため
患者さんには
我慢していただく部分もありました。

最近は、電気ていしんで肘周囲の浮腫みを根気よく取り、
電気温灸器で血流を促進し、
最後にどうしても残る痛みの
原因部位のみに鍼をするようになりました。

その結果、刺激感の強い鍼は随分減りました。

また円皮鍼というシール型の鍼(pyonex セイリン社製)を使っていると
肘痛の予防・維持・管理によいという感想も患者さんからはいただくことがあります。

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です