埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
【文献】肘外側の痛みには鍼とお灸を併用したほうが良い?

【文献】肘外側の痛みには鍼とお灸を併用したほうが良い?

肘外側の痛みに対する鍼灸のランダム化比較試験の
システマティックレビュー

Acupuncture and moxibustion for lateral elbow pain:
a systematic review of randomized controlled trials.

 

注:自己学習も兼ねて、鍼灸の海外論文を紹介する記事です。
  誤訳などの可能性がありますので、原文での確認をお願いいたします。

 

背景

鍼と灸は肘外側の痛みの治療に広く使用されています。

鍼灸の有効性を評価するために、英語と中国語の両方のデータベースを
含むランダム化比較試験(RCT)の包括的で体系的なレビューを実施した。

 

手法

改訂版STRICTA(2010)基準*¹を鍼治療の評価のために使用。

コクランのバイアスリスクツール*²を用いて研究の方法論的な質を評価した。

鍼治療および灸と偽鍼治療、別の形態の鍼治療や、従来の治療とを
比較した合計19のRCT が含まれていた

 

結果

すべての研究で、少なくとも1つの領域が、コクランリスクの
バイアスリスクにおいて「高い」、または「不確実なリスク」として評価された。
 
3つのRCTの結果は、鍼治療が偽鍼治療より効果的であることを示した。
 
10個のRCTのほとんどは研究の質が低く、それらの結果は、鍼灸が局所麻酔薬注射
局所ステロイド注射、非ステロイド性抗炎症薬、または超音波などの
従来の治療よりも優れているか同等であることを示した

6
つの質の低いRCTでは、鍼単独よりも鍼とお灸を組み合わせた方が
優れているという結果となった。
 
 

結論

適切な質の研究では、鍼治療が偽鍼治療よりも効果的であることを示唆している。

一方で鍼とお灸を併用した治療と鍼単独の治療の解釈は、研究デザインの質から
限定的なものとされる。肘外側の痛みに対して、鍼とお灸を組み合わせた
治療効果をより明確にするために、より改善した研究デザインが今後求められている。

 

読んでみて
 
肘外側の痛みに対する19のRCTのシステマティックレビュー

鍼治療が偽鍼治療より効果的であったり、ほかの治療法よりも優れている
可能性ががあること、また鍼単独よりもお灸を併用した方が優れている
といった報告だが、研究の質がまだ低いものもあり、
より良いデザインで質の高い研究が求められているとのこと。

またSTRICTAやバイアスリスクツールについて知れたことは今後、
論文を読むうえでの収穫でした。
 
論文の中の、小さなヒントが臨床に生かせればと考えています。
 
 
 
*¹ STRICTA(2010)基準:鍼の臨床試験における介入の報告基準
*² コクランのバイアスリスクツール:研究の限界の手引き:
  研究の限界を段階に分け、研究の解釈や考察、評価を判断するための手引き

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です