埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
後頚部、肩背部痛、腕の重だるさ-胸郭出口症候群(鍼灸症例)

後頚部、肩背部痛、腕の重だるさ-胸郭出口症候群(鍼灸症例)

後頚部、肩背部痛、腕の重だるさ
胸郭出口症候群(鍼灸症例)

 

頸・肩こりは鍼灸院で出会う一般的な症状のうちのひとつです。
「肩こり」といっても、原因は様々です。

下記の症例では「胸郭出口症候群」という耳慣れない
言葉がでてきますが、「肩こり」の原因の一つとされています。

 

鍼灸症例

この症例は患者さんが特定されないよう、一部変更を加えてあります。

 

患者 

34歳、介護職の女性が左の後頚部、肩背部の痛みとこり、
左腕の重だるさを訴えて来院。

人が相手の仕事のため気疲れしてしまうことが原因と思う。
以前に顎が開かなくなったときに、鍼治療で改善した経験が
あるので受診した。

主訴 左の後頚部、肩背部の痛みとこり、左腕の重だるさ

 

現病歴

小学生の時から現在まで慢性的に頚、肩こりがある。

今回は1ヶ月前から左の後頚部から肩甲骨上角にかけて、
突っ張った痛みやこり、重だるさがある。

症状は現在も変わらず続いている。

坐っていても頚が重たくなり横になりたくなる。
家庭用のマッサージ機を使うと楽になる。

介護職のため、体重の重い高齢者をベッドから起こしたり、
支えたりした後や気疲れ、緊張などで症状が悪化する。

また頚部を左に回旋すると痛みが増す。日常生活では、
歯を磨く、シャンプーをする、ドライヤーをかける動作で
左腕が重だるくなる。

うがいによる症状はない。上肢にしびれはない。
夜間痛、安静時痛はない。 

一般健康状態

食欲、睡眠は正常。排便は正常。
アルコール、タバコは嗜まない。

 

身体診察

身長158㎝ 体重47㎏

診断   胸郭出口症候群(圧迫型)

 

根拠   

  1. 歯ブラシ、シャンプーなど上肢挙上位で症状が誘発している。
  2. 仕事で体重の重い高齢者をベッドから起こした後に、悪化している。
  3. 痛みの性状が「重だるさ」である。

 

鑑別

頚椎症性神経根症   

うがいで症状が誘発されない。
痛みの性状が「重だるさ」であって、鋭い痛みではないので除外

 

鍼灸施術とその経過

主訴である、頚、肩背部の症状軽減を目的とした。
また仕事での気疲れなどについても考慮し治療を行った。

 

第1回 

全てステンレス鍼、40㎜18号を使用。天柱、風池、六頚に直刺1,5㎝、
扶突に直刺2cm、太陽、完骨、曲池、膈兪、腎兪に斜刺5㎜で15分置鍼。

目の周囲、胸部、腹部に散鍼。糸状灸を百会、胸椎棘突起間に各3壮、
懸釐、頭維、和髎、足三里に各1壮。

また、循環改善の為、就寝時に頚部にタオルを巻くことを勧めた。

 

第2回(4日目)


頚肩背部の症状は少し楽になった。ストレッチのパンフを渡す。

遠方の為、一旦終了。

 

第3回(80日目)  


左右の頚、肩背部にこり、張り感がある。歯ブラシ、シャンプー、
ドライヤーなどの使用で、症状は再現しない。ストレッチは続けている。

食欲、睡眠も正常である。胸郭を広げるストレッチを勧めた。

 

症例のポイント

年齢、性別、仕事内容、症状を誘発する日常生活動作などから
「胸郭出口症候群と判断できます。

「胸郭出口症候群」は女性に多く、介護職という仕事柄「胸郭」に
負担がかかることがわかります。

またシャンプーや歯磨きといった「胸郭」に負担のかかる
誘発動作によって、よりその可能性を強めています。

今回の患者さんは遠方よりお見えだったこともあり、 
治療頻度をうまく保つことができませんでした。

しかしながら3回目で日常生活動作から誘発される痛みが
改善されているのは、ストレッチが貢献しているのではと感じています。

 

 後頚部、肩背部痛、腕の重だるさ-胸郭出口症候群

 

 
 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です