慢性の首の痛みへのアドバイスは 痛みや障害の減少に関係がありますか

慢性の首の痛みへのアドバイスは
痛みや障害の減少に関係がありますか

慢性頚部痛患者のための鍼治療に伴う生活習慣とセルフケア
ランダム化比較試験を含む二次分析

Lifestyle Advice and Self-Care Integral to Acupuncture Treatment for Patients with Chronic Neck Pain: Secondary Analysis of Outcomes Within a Randomized Controlled Trial.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28253033

*自己学習も兼ねて鍼灸の海外論文を紹介する記事です。
誤訳の可能性もありますので、原文での確認をお願いいたします。

背景

生活習慣に関するアドバイスは、鍼治療の不可欠な要素と広く考えられています。
しかし、生活習慣のアドバイスと
セルフケアが、長期的な効果を維持するために
重要かどうかは不明です。
この論文では、慢性頸部痛患者に対し、
鍼治療による観点からの生活上のアドバイス、
セルフケアの中身と効果について
臨床試験データをもとに、新しい2次分析で検討しています。

研究デザイン

12ヵ月間のフォローアップを伴う
3治療群無作為化多施設臨床試験で、
慢性頸部痛を呈した合計517人の患者が、
鍼治療、アレキサンダーテクニック、
または通常のケア単独と
同じ割合で無作為化された。

方法

施術者は、鍼治療群患者に対して、
診断および生活習慣アドバイスの含む
治療内容を報告した。
患者は、セルフケア、自己効力感、および
生活習慣に関する側面、
疼痛および障害のスコアを含む治療に関連する変数について、
治療開始前、3ヵ月、,6ヵ月、12ヶ月の時点で報告した。

患者と施術者がアドバイスを理解し共同で取り組むことについて
カイ2乗検定を用いて評価した。
生活習慣のアドバイスと自己効力感の
アウトカムへの効果を
回帰モデルを用いて評価した。

結果

鍼治療に無作為化された患者の中で、
最も多かった診断の枠組みは、139/160(87%)名の患者に
対する五臓による診断方法でした。
134/160(84%)名の患者に行った生活上のアドバイスは
運動、リラックス、食事、休息、
および仕事に関連したのものであった。
食事、休息、および仕事では、患者の取り組みとの有意な一致が認められた。
さらに、鍼治療グループの患者は、学んだアドバイスを活用する能力を向上させ、
自己効力感を高めた。
次に、これらの特徴は、12ヶ月での疼痛
および障害スコアの有意な低下と関連していた。

結論

鍼治療に関連するライフスタイルの
アドバイスは、患者が自分の生活や
介護方法を改善し、自己効力感や学習したことを
使う能力を向上させました。
これらの変化は、12カ月後の疼痛および障害の減少と関連していた。

読んでみて

報告でもあったように、食事、休息、
仕事などに対するアドバイスは
患者さんも取り組みやすいのか、

患者さんとの間で相互理解があると
良い結果がでていることが示唆されています。

慢性的な頚部痛は生活に起因することも
多いと思われますので、

施術者側は患者さんの病態を丁寧に把握しすること、
患者さん側もご自身の身体・生活を観察していただくことで
相互に良好なコミュニケーションが図れます。

単に鍼治療を受けられるよりも
より早く回復に向かうことを日々実感しております。

「慢性の頚部痛に対して、運動、食事、仕事、休息に関する
施術者側の適切なアドバイスは、患者さんの理解と取り組みによって
痛みや障害の減少に関係がある可能性がある」

*1  Zang-Fu syndromes :中医学の五臓六腑に重きを置いた鍼灸の診断方法のひとつ
(鍼灸では診たての方法が複数あります)

2019.3.20更新

関連記事

PAGE TOP