高齢者のひとり暮らしとエアコン

高齢者のひとり暮らしとエアコン

今年はまだ5月にも関わらず、気温30度を超す日がでてきました。
「熱中症」対策が必要な時期になってきました。

当院では往診をしているので、高齢者のご夫婦や、おひとり暮らしの方の
ご自宅に伺うことがあります。そこで、離れて暮らすご家族からお水や
スポーツドリンクなどが届けられている光景を目にすることがあります。

喉の渇きや、熱さには敏感でない方もおられますが、水分補給は
ほとんどの方が意識されるようになりました。

一方で温度を下げるためのエアコンには少々問題があるようです。

  • リモコンの字が小さくて読めない

  • なにかの拍子に冷房以外のモードになってしまったときに、元に戻す操作がわからない

  • 温度の調整方法がわからず、日中と夜も同じ温度にしてしまい、就寝中は寒くなってしまう

  • 直接冷風が体にあたってしまい、体が冷えて、夏でも足がつったり、頸・肩こりが増してしまう

  • こういった問題を人に尋ねるのが苦手で、我慢し続けてしまう

その反面、お休みになる場所を変えたり、隣の部屋のエアコンをつけ、
襖の開閉具合で冷気を調整されたりと工夫もなさっておられます。

冷気で頸・肩が凝る場合は、手ぬぐいなどを頸に軽く
巻かれるとよろしいかとおもいます。

エアコンをつけているかを確認するだけでなく、リモコンの操作や、
何か我慢されていることはないかを
周囲から聞いてみると、
もっと猛暑を楽に乗り切れるかもしれません。

エアコン・クーラーのイラスト

関連記事

PAGE TOP