埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
変形性膝関節症・股関節症における併存疾患の存在と臨床症状の予後:システマティックレビューおよびメタ分析

変形性膝関節症・股関節症における併存疾患の存在と臨床症状の予後:システマティックレビューおよびメタ分析

 

変形性膝関節症/股関節症における併存疾患の存在と
臨床症状の予後:システマティックレビューおよびメタ分析

Presence of comorbidities and prognosis of clinical symptoms in knee
and/or hip osteoarthritis: A systematic review and meta-analysis.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29157670

 

*自己学習も兼ねて、鍼灸の海外文献を紹介する記事です。
誤訳の可能性もありますので、原文での確認をお願いいたします。

 
[目的]
 
 i)変形性膝関節症/股関節症を有する人々における併存疾患の存在と
  疼痛および機能障害の重症度との関連性を見つけること
 
(ii)特定の併存疾患(心疾患および/または高血圧、糖尿病、うつ病、
   および腰痛)と症状の重症度との関連性を探索すること
 
 

[方法]

研究は、4つの電子データベースおよび灰色文献#¹の系統的検索を
通じて割り出し、その後、方法論的に評価された

対象となった引用は、変形性膝関節症/股関節症を有する人で、
自己申告による併存疾患と重症度、疼痛や機能障害にもとづく
症状との直接的な関連性についての情報を、横断的または縦断的研究、
ランダム化比較試験によって提供された。
 
低〜中程度のバイアスリスクのうち、少なくとも2つの引用が
利用可能な場合、ランダム効果メタ分析を実施しました。
 
エビデンスそのものの質は、Cochrane推奨の方法を用いて決定された。

 

[結果]

対象となるすべての引用(n = 26)のうち、17件の研究が
メタアナリシスにあった。中程度のエビデンスで様々な併存疾患と
痛みの悪化とのつながりが明らかにされた
(回帰係数(95%信頼区間(CI)):0.18(95%CI:0.14,0.22)
 
 
身体機能のパフォーマンス(0.20 (95%CI:0.10,0.29))。
心臓病および/または高血圧(自己申告:0.08(95%CI:0.01,0.16)、
身体機能のパフォーマンス:(0.11(95%CI:0.02,0.20))
腰痛(自己申告:0.12 (95%CI:0.04,0.20))は、
以上、これらはは身体機能の低下を予測した
 
糖尿病は、より悪い痛みと関連していた(0.10(95%CI:0.02,0.17))。
 
その他の知見は、有意ではないか質の低いエビデンスであった。
 

[結論]

変形性膝関節症・股関節症を有する人にとっては、程度の重い
併存疾患による負担が、痛みや身体機能のパフォーマンスをより
悪化させてしまう。

高血圧による心疾患、腰痛または糖尿病による併存疾患で苦しむことは、
より重症度を増すかもしれない

 

[読んでみて]

下肢の変形性関節症のリスク要因のひとつに「体重」が
あげられると思いますが、今回の報告では高血圧、
心疾患、腰痛、糖尿病が挙げられています。

腰痛以外は循環器に関わる全身疾患です。

膝や股関節のケアをしながらも、併存疾患にも注意を向けることが、
変形性膝・股関節症を悪化させないために大切であることが
改めてわかる意義深い報告だと思われます。

 

#¹ 灰色文献:商業出版では入手困難な文献

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です