埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
腰痛とソファーの関係-日常生活への影響

腰痛とソファーの関係-日常生活への影響

腰痛とソファーの関係-日常生活への影響

 

腰痛とソファーの関係ときいて、既に腰痛持ちの方には
ピンとくるかもしれません。

普段の生活でゆったりと過ごされる場所は椅子、
ソファー、畳など皆さん様々だと思います。

 

ソファーは大きいものだと横になることもでき、
それだけでゆったりとしたイメージがあります。

しかしながらお尻が沈み込むような柔らかく、
低いソファーは立ち上がるときに力を必要とし、
腰や股関節への負担が大きくなります。

 

乗り物では新幹線やバスなどの座席もお尻が少し落ち込みます。

お仕事では宅急便や、タクシーの運転など、長時間同じ姿勢で
いる方は負担が大きいようです。

そのため長距離の移動や運転では、途中で席をたったり、
姿勢を変えて休まれることで身体への負担がずいぶん減ります。

 

一方、椅子は直角で座面が硬いものもあり、腰に負担がかかりそうな
イメージがありますが、あまり低いものでなければ、立ち上がるときも楽です。

 

普段の生活で長時間過ごされている場所に、腰や股関節の痛みの
原因の一部があることが、患者さんのお話から気づくことが多いです。

 

 

木の椅子のイラス一人用ソファのイラスト(椅子)

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です