埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
「めまい」と鍼灸-鑑別と適応

「めまい」と鍼灸-鑑別と適応

「めまい」と鍼灸-鑑別と適応

鍼灸院での「めまい」の見立ては、施術に入るまでにいくつかの段階があります。
「注意すべきめまい」を疑う情報がないかを患者さんに確認する必要があります。

目次

・「めまい」の表現の難しさ
・「注意すべきめまい」の確認
・「注意すべきめまいの随伴症状」の確認
・「高齢者のめまい」はまず病院受診を!
・「足下がふらつくめまい」
・ 鍼灸院に多い「めまい」
・ まとめ

「めまい」の表現の難しさ

患者さんによって「めまい」の表現は様々です。

「ふらふらする」「ふわふわする」「ふわーとする」
「立ちくらみがする」「気が遠くなる」などです。

「めまい」については、多くの事を確認します。


・「めまいはいつからですか」
・「どんな状況でめまいはおきましたか」
・「めまいは続いていますか」
・「めまいの持続時間はどれくらいですか」
・「めまいは悪化していますか」
・「めまいと同時に始まった他の症状はありますか」
 (随伴症状)

そのなかで「どんなめまいですか」という質問があります。

めまいの性状「回転性」「浮遊性」「前失神」を知るためですが、
患者さんの中にはうまく表現できない方もおられ、
回答が得にくい気がしています。

「ぐるぐる回る」「浮いている感じ」「目の前が真っ暗になる」と
答えられる方のほうが少ない印象です。

鍼灸院に来院される「めまい」の患者さんというバイアスが
あるのかもしれません。

めまいの性状は参考にするのですが、性状で区別するよりも、その他の質問で
危険な症状や原因を探ったほうが良いのではと思っています。

「注意すべきめまい」の確認

「注意すべきめまい」に気づくことは、鍼灸施術よりも
最初に必要なことです。

以前、「鍼灸院での「めまい」は危険な兆候の除外から」にも書いております。

いつ「めまい」が起こったか  →「突発」
「めまい」が悪化しているか  →「増悪」
「安静時も「めまい」があるか →「安静時のめまい」

「突発」「増悪」「安静時のめまい」は要注意です。

「めまいの随伴症状」の確認

下記にあげる「めまい」に伴う症状・所見は早急に病院受診を勧めるものです。

「中枢」(脳)     :頭痛・麻痺・しびれ

「循環」(心臓)   :血圧・頻脈・胸痛・動悸・発汗・失神
            起床時のふらつき・貧血・黒色便

「感染症」      :発熱・血液検査による炎症所見

「運動失調」     :歩行・立位の異常

「薬剤」       :降圧薬・利尿剤・前立腺肥大・抗ヒスタミン
            睡眠薬、他多数

鍼灸院ではこのようなの症状・所見がある段階では、
「病名」を細かく探すよりも、
「何が原因でめまいがおきているか」を推察することで、
患者さんを紹介する診療科が変わります。

一般的に「めまい」を扱う診療科は、耳鼻科・脳神経外科です。

しかしながら心疾患、いわゆる「循環」を疑う「めまい」の
病歴や所見があった場合、「循環器内科」や
「内科」のほうがよいでしょう。

患者さんにはこのような症状がある場合、
医師に必ず伝えるようにしていただいています。

「めまい」というと「メニエール病」が有名ですが、
実際の頻度はそれほど多くないと言われています。

高齢者の「めまい」はまず病院受診を!

高齢者は基礎疾患を持っている方も多く、
「めまい」をおこすと「転倒」の危険もあります。

また「脱水」しやすく、服用している薬の種類も
量も多い傾向にあります。

病院では「めまいのある高齢者」は診察後に
帰宅させるのも慎重で、以下のことを確認しています。

①歩ける
②水分摂取ができる
③介護環境が確立している

「めまい」は症状の強さと疾患の重症度が比例しないこともあり、
高齢者では特に慎重に対応する必要があります。

つまり大きな病気が原因でも歩いて受診されることがあります。

このような理由で、「高齢の患者さんのめまい」は
病院を受診していただき、その後もより慎重に診る必要があります。

「足下がふらつくめまい」

「めまい」のことを「足下がふらつく」と表現する方がいます。


「歩行」「立位」の異常、「ふらつき」「目を閉じた状態でのふらつき」が
ある場合。

「動きがゆっくり」「ふるえがある」などがある場合は、
病院(神経内科・脳神経外科など)を受診すべきです。


鍼灸師も打腱器による反射(膝蓋腱反射・アキレス腱反射)をみて
異常所見を確認しますが、やはり専門医への受診が最優先です。

一方で、運動不足による筋力低下や、足底の感覚低下、
バランス感覚の低下など加齢減少による「足下のふらつき」もあります。

鍼灸院に多い「めまい」

以下の病気による「めまい」が鍼灸院には多いように思えます。

詳細はそれぞれの記事をご覧ください。

・「良性発作性頭位めまい症」  良性発作性頭位めまい症の鍼灸症例
・「突発性難聴」         突発性難聴の鍼灸症例
・「頚性めまい」


ほとんどの方が先に「耳鼻科」を受診されています。


これらの「めまい」は持続時間、随伴症状(耳鳴り・難聴・耳閉感)
増悪因子・オージオグラムなどの検査所見で再確認しています。

まとめ

以上から当院における「めまい」の鑑別は下記のとおりとなります。

「病院を受診しているか、診療科・診察内容は?」

「危険なめまいの可能性は?」

「随伴症状は何か?」

「高齢者はより慎重に」

「足下がふらつくことを、めまいと表現してないかどうか」

「鍼灸が有効な状態のめまいかどうか」

鍼灸による施術



2020年4月時点で、当院では施術に入る前に
このような過程で「めまい」を診ています。

参考文献

・「高齢者救急-急変予防&対応ガイドマップ(JJNスペシャル) 」 岩田充永 医学書院

・「病名がなくてもできること 診断名のない3つのフェーズ」  國松淳和 中外医学社

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です