埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
楽しいことをするのが腰痛の回復につながる

楽しいことをするのが腰痛の回復につながる

 

腰痛でも可能な範囲で楽しいことを続けましょう!

 

「腰痛の原因にはストレスが関係している」といった情報を
すでにご存知の方も増えてきています。

腰痛には「骨や椎間板などの痛み」、「神経の痛み」、
そして「ストレスなどの心因性の痛み」の3つが複合していると
言われています。腰痛の原因が「腰以外」にもあります。

 

画像検査と痛み

痛みがあっても、レントゲンやMRIなどの画像ではなんの
異常もなかったり、手術をしても痛みが消えない場合があります。

特に心の問題が残っていると、手術後も痛みが続くようです。

一方で、画像検査でヘルニアなどがみつかっても、7割の患者さんは
痛みを感じない場合があります。

骨折や腫瘍をみつけたりなど、画像検査は重要な検査法ですが、
「画像検査だけ」では痛みの原因を完全には把握できないようです。

 

新しい腰痛治療

画像検査にはうつらない「ストレス」ですが、腰痛への影響が
多いことがわかってきました。

したがって、患者さんの「ストレス」に焦点をあてるのが
腰痛治療の大切な柱になってきています。

一部の整形外科では、問診を丁寧に行い、患者さんの
心理・社会的問題の把握や、抗うつ薬、抗不安薬の処方、
精神科との協力体制など、心理面を重視した診療が始まっています。

このような取り組みにより、手術をする必要がなくなったり、
手術後の痛みが緩和した患者さんが増えているようです。

時間も手間もかかるとおもいますが、素晴らしいと思います。

 

自分でできる腰痛対策

自分でできる腰痛対策

慢性腰痛のポイントのひとつがストレスです。

よく「腰痛対策には筋トレだ」と聞きますが、
当院では「筋トレ」ではなく「運動」をお勧めしています。

「運動」といっても「歩く」程度の運動です。患者さんによっては
「運動=息が上がるような激しい運動」といったとらえ方をされます。

この「歩く」目的は、「安静にせず外に出る」です。

「安静」→「筋力低下」→「血行不良」→「痛み」の悪循環

「安静」→「腰痛にばかり意識が向く」の悪循環

この2つの悪循環を「運動」によって解消するのがひとつの方法です。

 

ストレスの考え方

ストレスの根本原因(職場環境や家庭問題)を解決は、そんなに簡単に
解決できないと思います。

また「気にしない」のも、意識して「気にしない」と
できる方はあまり多くないのではないでしょうか。

ストレスを取り除くよりも、
他に楽しいことをして腰痛に意識が向く時間を少しでも減らす

「楽しいことをする」のが大切なポイントなので、
必ずしも「運動」でなくてもかまいません。

人に勧められた「腰痛にいいこと」よりも、ご自分が「楽しいと思えること」を
続けていただくのが大切です。

以前、身体のあちこちに痛みを訴えられた患者さんがおられました。

当院では鍼灸治療以外にも、日常のストレスなどの話をうかがったり、
いろんな提案もいたしました。最後には家庭菜園といった楽しみを見つけられて、
次第に来院される回数が少なくなり、たまに近況を報告していただいています。

家庭菜園は多少力も使ったり、しゃがんだりと、身体には負担のかかりそうな
ご趣味ですが、楽しいことをするのが身体と心にいかに良い影響を与えるかを
目の当たりにいたしました。

痛みがあると、実際にはなかなか難しいこともありますが、
少しずつでも「楽しいこと」に意識を向けるのは心身ともに
有益だと思われます。

 

stress_woman

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です