埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりも

〒344-0058 埼玉県春日部市栄町1-279
Tel:048-763-5323
急な痛みの時の対応

急な痛みの時の対応

氷

 

急な痛みの時の対応

 

年末年始のお休みに大掃除や、洗車などをされて急に腰などを
痛める方がいらっしゃいます。

鍼灸に縁がなかった方も、飛び込みで来院なさることがしばしばあります。

 

「湿布や、お風呂でもよくならなくて」と訴えられることがよくあります。
スポーツなどをなさる方はご存知かもしれませんが、急な動作や
何かにぶつかったりといったことでおこる「急な痛み」はその後の対応で
経過が随分と変わります。

鍼灸施術も、急性のものと、慢性のものとでは方法が変わります。

 

たとえば、足をひねったりすることで起こる捻挫などは、
冷やさないでいるとあっという間にはれあがってしまい、熱をもってきます。

いわゆる「炎症」というものです。「炎」という字からも想像がつきますが、
すでに熱を持っているところに、お風呂などで温めて「熱」を加えると
炎症が強くなります。まさに

「火に油をそそぐ」ことになってしまいます。

 

「炎症が」強くなるということは、腫れや痛みも強くなるということです。
すぐに適切な冷やし方で対応すると、治りも早く、痛みも軽くてすみます。

適切な冷やし方のひとつに、手足ならバケツに氷水をいれて冷やすこともできます。
それが難しい肩や腰などは保冷剤をお勧めしています。

ほとんどのご家庭の冷凍庫にあると思います。

冷やし方

①保冷剤を炎症のあるとこと、痛みのあるところにあてます。
 炎症があるときは、冷たさがここちよいことが多いです。

 

②冷たさが不快に感じたり、冷たすぎて痛い場合は
 いったん保冷剤をとりましょう。

 

③少し休みを置いてから、痛む部位の熱が引き、痛みが
 軽減されていればそれ以上冷やす必要はありません。

 まだ熱をもっていれば、引き続き冷やしましょう。

 

ちなみに湿布は冷たい感覚はあるかもしれませんが、深部まで冷えません

そして炎症や痛みが強い場合は、温めたり、入浴することで
悪化することが多いので、くれぐれもご注意ください。

 

患者さんからはよく「温めたほうがいいですか?冷やしたほうがいいですか?」
聞かれます。

 

冬だと特に「温めたい、入浴したい」気分にはなるのですが、
「急な痛み」の対応ではありません。

温泉や、入浴で対応するのは「慢性的な痛み」「疲労」などです。
お風呂の心地よさよりも、「急なものか、慢性的なものか」を

判断の基準にしていただきたいと思います。

 

すこし複雑ですが、悪化させないためにも初期の対応は重要です。
迷ったときは遠慮なくご相談ください。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です