[文献]原発性不眠症に対する鍼灸治療の有効性と安全性:無作為化比較試験

[文献]原発性不眠症に対する鍼灸治療の有効性と安全性:
無作為化比較試験

Efficacy and safety of acupuncture treatment on primary insomnia: a randomized controlled trial

PMID: 28899535

*自己学習も兼ねて鍼灸の海外文献を紹介する記事です。
誤訳の可能性もありますので、原文の確認をお願いいたします。

「眠れない」「眠りが浅い」「途中で目が覚める」など、「睡眠」の問題について
患者さんから相談を受けることがあります。


「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」や
それらに伴う問題があるときは、病院を紹介することもしてきました。

一方で、「鍼の施術のあとはよく眠れる」といった感想をいただくこともあります。


今回は比較的「健康な方」を対象にした「原発性不眠症」に対する
鍼灸治療についての文献を紹介いたします。

[目的]

原発性不眠症に対する鍼灸治療の有効性と安全性を評価すること。

[方法]

単施設、単盲検、無作為化対照臨床試験を行った。原発性不眠症患者72名を、
鍼灸治療を受ける鍼灸群と、偽鍼灸治療を受ける対照群の2群に無作為に割り付けた。
治療は週に3回、4週間にわたって行われました。

患者は、2週間ごとに睡眠モニターを装着し、アンケートに回答することを求められ、
合計8週間の治療が行われました。

主要評価項目は、不眠症重症度指数(ISI)であった。
副次評価項目は、アクチグラフィー*¹で記録した睡眠効率(SE)、
睡眠時覚醒(SA)、総睡眠時間(TST)などの睡眠パラメータ、
自己評価式不安尺度(SAS)および
自己評価式抑うつ尺度(SDS)のスコアとした。

[結果]

治療前のベースラインと比較して、両グループの患者は、程度の差こそあれ、
睡眠状態の改善が見られた。

Paired t-test*²の結果、鍼灸群では鍼灸治療の前後ですべての指標に有意差があった。

ベースラインスコアで調整した共分散の一元的分析により、
鍼灸治療群では、治療後2週間(F = 11.3, p = 0.001)、
治療後4週間(F = 33.6, p < 0.001)、
2週間後(F = 39.4, p < 0.001)、4週間後(F = 34.1, p < 0.001)に
ISIが劇的に改善したことが示された。

また、SE、TST、SDSの各スコアにも同様の有意な改善が見られた。治療終了までは両群間でSAとSASに差は見られなかったが、2週間後と4週間後のフォローアップでは、鍼灸治療群でSAとSASの顕著な低下が見られた。

[結論]

鍼灸治療は偽鍼灸治療よりも、不眠症患者の睡眠の質を高め、
心理的健康を改善する効果がある。

[読んでみて]

本文を読んでみると、治療の対象者が18歳から65歳で、循環器系の疾患や、
睡眠時無呼吸症候群、うつ、不安症などを持つ方は除外されています。

高齢者も除外されているので、比較的健康な人を対象にしています。

使用されている経穴は「百会」「神庭」「神門」「三陰交」「安眠」


刺鍼の角度、刺入深度、得気を得るため、回旋・雀琢などを加え、
30分置鍼しています。


これまでの原発性不眠の鍼治療の研究において、治療期間が4週未満であることや、
「得気」を重視していなかったことを問題としています。

その為、この研究では治療期間を4週間、フォローアップを4週間に設定し、
「得気」を重視した内容になっています。

「4週間」という治療期間の設定や、「得気の有無」は鍼灸臨床において、
「不眠」を対象とするときに参考になるかもしれません。

今後は「高齢者」や「うつ」など、いわゆる「不眠」になりやすい方に
対する鍼灸の効果を検証した研究を探してみたいと思います。

参考記事

うつ病と鍼灸-睡眠の大切さ

*¹ アクチグラフィー:小型の腕時計で、睡眠状態をモニターしています。

*² Paired t-test パラメトリック検定

関連記事

PAGE TOP